• あったまる~

    2023年12月8日
      本格的な寒さを感じる時期になりました。今日の給食はかぶのクリームシチュー、水菜と白菜のコールスロー、デザートはみかん。冬に旬を迎える野菜や果物を取り入れたメニューでした。かぶ等の根菜類は体を温める働きがあります。また、水菜や白菜、みかんにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCはかぜなどの病気に対する抵抗力を高める働きがあり、この季節にぴったりです。かぶのクリームシチューはとろみがあるので温かい状態を保って提供されました。食べると体がほかほかと温かくなりました。厳しい寒さに向かっていきますが、おいしい給食を食べて、元気に過ごしていきたいです。
      昨日、6年生のキッズチャレンジビジネス販売活動を行いました。終了後、販売活動の振り返り、さらには、1学期の遠州綿紬や浜松注染染めとの出会いからキッズチャレンジビジネス全体の振り返りの活動を行っています。多くの「ひと・もの・こと」と関わったこの活動を振り返るブログ記事を掲載していく予定です。どうぞお楽しみに。
      お知らせ
      11月16日(金)に行われた学校コンサートの様子が浜松市教育会館ホームページに掲載されていますので、ぜひ、御覧ください。
    •  それぞれの役割を担当する時間は30分。
       練習はしてきたつもりだけれど、やはり「本番」は、少し勝手が違います。
       販売担当は、お客様に対して一生懸命商品の説明をして、注文を受けて「丁寧に、間違いのないように」と包装や代金やお釣りの受け渡しをしていると、あっという間に過ぎてしまいます。パネル担当は、通り過ぎるお客様を呼び止める難しさと多くの人の中で声を出す緊張を感じながらも、後半になると「一人でも多くの方に声を掛けよう」と恥ずかしさも緊張もどこかに吹き飛んでいきます。チラシ担当のノルマは1人2枚。「渡すことはできたけれど、本当に来てくれるのだろうか」という一抹の不安がよぎるものの、手元のチラシがなくなると「渡せてよかった」という安心感に包まれます。
       様々な思いを抱きながら、自分の担当する役割に全身全霊を掛けて臨む子供たちは、とても輝いて見えます。

       長い時間をかけて準備を進めてきた「キッズチャレンジビジネス」もいよいよ終盤。終わりの時間が近づくにつれ、子供たちがお客様に呼び掛ける声も、次第に大きくなっていきました。
    • さあ、いよいよ開店時刻の10時となりました。ちらし配付、遠州織物や注染染めの説明、販売とそれぞれの役割に分かれて、キッズチャレンジビジネスの販売活動がスタートしました。ちらしを手に取ってくださるか、販売のコーナーに寄っていただけるのかと、どきどきする子供たちですが、それ以上のわくわくする気持ちと笑顔でお客様をお迎えします。
       
    • キッズチャレンジビジネス販売活動の会場である遠鉄百貨店に到着した6年生。職員入口から特別に入らせていただきます。開店前の百貨店に入る経験はこれが初めてです。開店準備の店内の様子を横に見ながら、子供たちも販売コーナーへ向かいます。開店前の朝礼を終えて、さあ、いよいよ販売に向けて準備開始です。
    • 今日はキッズチャレンジビジネスの販売活動本番の日です!!
      子供たちが遠鉄百貨店に向けて出発しました。
      これまでの準備や練習、話合いを重ねてここまでたどり着いた子供たちです。遠州綿紬や注染染めの良さを多くの方に知ってほしいという強い思いをしっかりと伝えることができる販売活動とすることを願っています。
      昨日の最終確認の様子
    • 11月 こころの日

      2023年12月6日
        11月のこころの日では、自分も相手も大切にするために「どんな伝え方をすると、お互いが気持ちよく過ごせるか」を保健委員会の子供たちが作った劇を見て、考えました。
        劇の中では、2人の友達に遊びに誘われたときにどうするか、次の3つのパターンが示されました。
        ①相手の気持ちを考えず、自分の気持ちが優先で相手に強く言ってしまう
        ②自分の気持ちを伝えられない
        ③相手の気持ちを考えながら上手に自分の気持ちを伝えている
        劇を見た後、日頃の生活を振り返りながら、各学級で担任の先生の話を聞いたり、子供たちで意見を出し合ったりして、自分も相手も大切にすることについて考えました。
        5年生の振り返りでは「これから相手の気持ちを考えようと思った。」という声が聞かれました。
        自分も相手も大切にして、思いやりの心いっぱいで生活していきたいですね。
      •  4年生の図画工作科では、彫刻刀を使って、木版画に挑戦しています。この日は、三角刀を使って輪郭を彫った後、丸刀や平刀を使って、模様を彫っていきました。子供たちは、「丸刀を使うと、柔らかい感じの形が彫れるね。」「平刀は、市松模様を彫るときに便利だね。」など、刃の形の違いにより、彫った形の感じが変わることに気付き、色々な彫り方を試していました。そして、「見て!オリジナルの模様ができた。」と嬉しそうに報告する子もいました。2時間はあっという間に過ぎ、「早く続きがやりたい。」とわくわくした声を聞くことができました。
         ボランティアの方に見守っていただき、初めての彫刻刀を使った活動を安全に行うことができました。 次回も、彫り進めていく活動を行います。御家庭でも話題にしてみてください。
      • 11月30日(木)の6時間目に学校保健委員会を開催しました。スクールカウンセラーの田中愛先生から「ストレスとの上手な付き合い方」について教えていただきました。
        ストレス場面とリラックス場面でそれぞれの気持ちや体の反応を想像するグループワークに取り組みました。グループワークを通して、色々な気持ちや反応があること、同じ場面でも人によって気持ちや反応が違うことに気づきました。
         
        参加した子供たちから「ストレスは知らない間にたまっているので、良い解消法をしながら上手に付き合うことが大切だなと思いました。」「自分でストレスのサインに気づけるといいなと思いました。」「いろいろな対処法を持つことが大切だということを知りました。」などの感想がありました。
        ストレスと上手に付き合って健康に過ごしていけるよう、今回の学習を生かしていってほしいと思います。
      • 12月1日(金)にサーラ音楽ホールにて、夢の丘コンサートが開催され、本校の4年生の児童が参加しました。今年度は、「双葉小学校校歌」と「いつだって!」の合唱を披露し、すてきな歌声を会場に響かせました。合唱を通して、一人一人の大切さを感じたり、みんなの心を一つにして大きな力にしていくことを経験したりすることができました。学校生活全体にもつながる力を身に付けることができたと思います。
      • 【3年】スクール119

        2023年12月2日
          11月17日(金)に3年生は社会科の学習で、浜松南消防署の方々をお迎えして、「スクール119」を行いました。消防署の仕事や消防車・救急車の説明を聞きました。実物を見ることによって子供たちの学びがより深まりました。この学習をきっかけにして、校内の防災設備や地域の消防設備について、学習を進めています。