•  本日、2回目のクラブ活動を行いました。
     今回から本格的に活動が始まり、各クラブでは異学年と楽しく交流する姿が多く見られましたsmiley
  • 算数科では「長さ」の学習をしています
    巻き尺を使って、校舎内や広場でいろいろな長さを測りました
    新しい発見がいくつもあり、充実した活動になりました
  • 6月は命について考える月として、様々なことを通して「命の大切さ」を学んでいます。
    2年生では生活科の授業で野菜を育てたり、夏の虫を捕まえて観察をしたりしながら身近な命に触れました。

     
    自分の野菜に水やりを毎日しながら、少しずつ大きくなる様子や一度折れてしまっても新しい実ができる様子に命の強さを感じていました。また、実を食べることは命を頂くことだと気付く子もいました。
    夏の虫見つけでは、春とは違い大きくなった虫を見つけました。観察をしながら、虫も人間と同じように何かを食べたり、動いたりすることに命を感じていました。命を大切にすることを、これからも続けていってほしいです。
  • せんせいとなかよし

    2024年6月20日
      1年生が生活科、「せんせいとなかよし」でインタビューをしました。
      「先生たちと仲良くなりたいな」「まだ話したことのない先生とも話してみたいな」とわくわくしながらインタビューをしていました。
      インタビューした先生と仲良くなれて、とてもうれしそうな様子でした。
    • 今日は、劇団四季による「エルコスの祈り」をアクトシティ浜松で、6年生が鑑賞しました。子供たちは、「おもしろかった。」「最後のほうが不思議だった。」「登場人物が空気になったよ。」「声がすごく響いていたよ。」「すごすぎて、言葉にならない。」と話していました。シャボン玉やけむりを使っての演出など、学校では、見ることのできないプロの劇の演出に感動していました。音楽と舞台照明についても、驚かされていました。6年生は、下級生にもこの感動を伝えたいと、語っていたので、楽しみです。
    •  昨日、助産師さんを講師として招き、6年生とその保護者の方を対象に「命の授業」を行いました
       子供たちは風船を使って妊婦体験を行ったり、赤ちゃんの心音を聞いたりしながら、命の誕生について知り、考えを深めていました。保護者の方にとっては、我が子が生まれた時のことを思い出し、改めて成長を感じる機会になったのではないかと思います。
       子供たちの授業の感想を紹介しますlaugh
      おなかの中にいるときから、お母さんにも大切に育てられ、周りの人に支えてもらい、
       今もたくさんの人に支えられて生きている、たった一つの私の命。
       同じようにある周りの命を大切に生きていきたいです。
      何億個もある中の一つが私で、もし違う一つが選ばれていたら、私はいなかったから、
       一つしかない命を大切にしたい。
      三億分の一の確率で生まれてきた僕を大切にしたい。
    •  ごはん 牛乳 ちくわのお茶てんぷら きんぴらごぼう ごま豆乳汁 

       今日から一週間は、「ふるさと給食週間」になります。浜松・静岡産の食材をたくさん使用して給食を作っています。蒸し暑くなってきましたが、子供たちの食欲は、モリモリです。
       
      一週間の献立を紹介しています。
      給食で使用している食材を紹介しています。
      ちくわにつける衣の中に茶葉を入れました。
    • 5年生ミニかるた大会

      2024年6月14日
         今日は下校前のオレンジタイムを使って、各クラスでカルタ遊びを楽しみました。
        1組は、ことわざカルタ。2組は、都道府県カルタ。どのグループも盛り上がっていました。
        暑い一週間でしたが、今週も授業や部活動に全力で取り組めました!
      •  4年生の理科では「電池のはたらき」の学習をしています。本日は、車を速く走らせるためにはどうすればよいかを考える活動を行いました。
         友達の作った車と競争しながら、電池のつなぎ方について活発に意見交換をしていました。
      • 今日は、芸術鑑賞教室の日でした。劇団たんぽぽさんの「おはなしレストラン」を全校で見ました。
        笑いありの楽しい劇で、1時間があっという間に過ぎました。
        「また見たいな」と多くの子供たちがつぶやいていました。