• 学園ギャラリー

    2023年12月1日
      多目的ホールに美術部の作品を展示しました。名付けて「学園ギャラリー」です。ハイレベルな作品に、小学生の足が止まります。もちろん、中学生の足も。
    • 西部特別支援学校に通っている青山茉菜さんとの交流をしました。今年はアクティビティを多く取り入れて、楽しく交流することができました。茉菜さん、これからもよろしくね。
    • 学校保健委員会

      2023年11月28日
        11月24日、学校保健委員会が行われました。当初は縦割り活動を含めて体育館で行う予定でしたが、感染症拡大防止のため、リモートによる各学級での実施となりました。
        最初にアイスブレークとして行ったのはバースデーリングです。これは、しゃべらずに身振り手振りだけで1月1日から誕生日が早い順に並んで輪を作るゲームですが、子供たちは静かな中でも指で数字を表したり、互いに笑顔でうなずいたりしながら、相手の伝えたいことを理解しようとする様子が見られました。
        その後、初等部の影山先生によるピア・サポートワークを行いました。ピア・サポートとは、仲間同士の支援です。演習①では、こんな学校だったらいいなと思う理想の学校のアイデアを、最初は一人で考え、グループで共有しました。すると、自分一人では思いつかなかったいろいろなアイデアに、「なるほど」「それいいね」といった声が聞こえてきました。演習②では、「今、一番自分が困っていること」について、みんなで解決方法を考えました。「寝ても寝ても眠い」「勉強のやる気がなかなか出ない」「テレビやゲームの誘惑に負けてしまう」など、どの困り事も共感できるものばかりです。その後、それらに対して自分はどうなりたいと考えているのかを踏まえ、できるだけ具体的な解決策をグループでたくさん考えました。
        その人の心配事や悩みを聞いて、解決方法を一緒に考え、自分で解決できるよう応援するピア・サポート。これを進めていくことで、チームの中で心理的安全性が生まれ、自分らしくいられるようになります。自慢できる中部学園の文化になっていくといいですね。
      • 保健体育の授業

        2023年11月28日
          8年生の保健体育の授業で、保健室の先生から応急手当について学びました。
          傷病者を発見した際、その場に居合わせた人が心肺蘇生を行うかどうかで、命が助かる可能性がかなり上がります。8年生の生徒は、保健室の先生の話を聞いた後、傷病者のいる場面を想定したロールプレイを行いました。傷病者の反応や呼吸の確認の仕方、心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、AEDの使い方を実際にやってみることで、その難しさや重要性を実感することができました。皆さんは中部学園のどこにAEDが設置されているか知っていますか。改めてどこにあるか確認してみましょう。
        • 今週は保健週間です。薬学講座やピアサポート講座など、様々な形で健やかな生活について考える1週間です。今日は正しい手の洗い方を意識するための「手洗い」イベントがありました。
          初めに特別な薬品を手に塗り付けます。
          次に薬品を落とすために手を洗います。
          洗い終えた手を良く拭いて、ブラックライトを当てると・・・
          洗い残した部分が白く光ります!「ここもしっかりと洗おうね。」すこやか委員さんからのご指導を受けました。
        • 待ちに待った初等部のMF(ミュージックフェスティバル)です。この日のために、どの学年も一生懸命練習をしてきました。その甲斐あって、今日は初等部みんなで大きな感動の輪を作ることができました。一人ひとりに、ありがとう!
          開会式
          校長先生のお話
          1年生「おおきなかぶ」
          2年生「ともだちになろうよ」「クラッピング」「こぎつね」
          3年生「あの雲のように」「パフ」「にじ」
          4年生「校歌・愛唱歌」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」
          5年生「アフリカンシンフォニー」「地球星歌」
          6年生「大切なもの」「木星」
        • 浜松市・浜松市教育委員会・浜松市青少年健全育成会連絡協議会では、平成19年から毎年11月11日を全市統一の「ひとりひとりにいい声掛けデー」として、声掛け活動を実施しています。今年度は11月10日の実施となりました。あいにくの雨模様でしたが、自治会・PTA・中部しばざくら会(生徒会)が協働してあいさつ運動を実施しました。
        • 8年生から5年生へ

          2023年11月9日
            11月9日(木)、朝活動の時間に8年生の各クラス代表生徒が5年生の教室へ行き、合唱で大切なこと等について伝えました。中等部は11月2日にMFを終えましたが、初等部のMFは11月17日(金)に行われます。8年生の生徒は、行事はクラスがまとまる良い機会であること、実際に自分たちが行ってきた練習内容、呼吸法や発声の仕方等の歌唱技術、歌詞の世界をどう表現するかなどについて、自分の言葉で伝えていました。5年生の児童も自分たちのパフォーマンスに生かそうと熱心に耳を傾け、質問する様子が見られました。身近な先輩たちの経験を踏まえた言葉は、教師の専門的な話とはまた違った温度感や実感を伴うものです。小中一貫校ならではの良い機会となりました。
          • 2回目の製作活動は、組み立ての工程です。初めて目にする道具を使いながら、慎重に組み立てます。また、表面に専用の油を塗ることで、美しく仕上がっていきました。この後三米商店の三浦んを招いて接遇学習を行った後、いよいよ12月5日(火)は浜松城公園での販売です。
          • 浜松地区駅伝大会

            2023年10月30日
              10月28日(土)に浜松地区駅伝大会が行われました。
              本校中等部の駅伝部員たちはこれまで朝早くから練習を重ね、迎えた本番の日。
              よく晴れた空の下、最初に女子の部、次に男子の部がスタートしました。
              結果は、女子の部 総合24位、 男子の部 総合30位 と 大健闘です。
              7年生から9年生までの代表生徒が、互いのため、チームのために各区間を懸命に走り、自己ベストを更新してしっかりと襷を繋ぐ姿は見ている者の心に響くものがありました。
              応援に来てくださった皆様の声援が大きな力となり、躍進につながったのだと思います。本当にありがとうございました。