• <吹奏楽部>サーラ音楽ホールにて
     第63回静岡県吹奏楽コンクール西部地区大会 中学校の部 C編成で
     最優秀賞」 受賞 しました!
     
    演奏した曲は、「いつも風巡り会う空」(作曲:福島弘和)です音楽ホールの音響効果や楽器の管理等にまで気を配りながら、大会に向けて準備を進めてきました。生徒一人一人が今大会に向かう意識の高さと自覚のある取り組みが、今日の素晴らしい演奏に繋がったと痛感しました。
     なお、8月7日(日)に富士市文化会館・ロゼシアターにて開催する「県大会」へ出場することとなりました。西部地区の代表として、堂々と「浜松中部学園・吹奏楽部」の演奏を披露してきてください!

     

     

  • 県大会へは、剣道部の大石さんが出場しました。また、個人として、新体操、水泳競技、硬式テニスに出場した生徒がいましたので紹介します。
     
    試合結果
    <剣道>県立武道館にて
     個人戦女子の部
      大石 佳凛さん(9年) 1回戦 0-1 富士中 敗退
     
    <水泳>浜松市総合水泳場(とびお)にて
     個人種目 
      伊藤友海さん(7年)  
       女子200m背泳ぎ  2分37秒66 17位
       女子100m背泳ぎ  1分15秒94 22位

    <新体操>草薙総合運動場体育館にて
     女子個人(自由演技 クラブ・リボン)
      前田 瑠奈さん(8年)  32位

    <テニス競技(硬式)>清水日本平運動公園庭球場・有度山総合公園運動施設テニスコートにて 
     男子シングルス
       佐藤 聖真さん(7年)  1回戦 6-1 多賀中 勝利
                       2回戦 2-6 東豊田中 敗退
     女子シングルス
       小澤 ひよりさん(9年) 1回戦 6-0 榛原中 勝利
                       2回戦 6-7 浜松西高中 敗退 
       
       
  • 区名候補の募集

    2022年7月21日
      行政区再編に伴い新しい区名が募集されます。小中学生からも素敵なアイデアが出ないかとお声掛けがありました。
      改めて「ふるさと浜松」を知るために全校一斉で浜松市の未来について考える、そして浜松市の魅力を改めて知るスライドを見ました。
      後日、浜松市からご家庭に応募のチラシ、応募フォームが送られるそうです。お子さんと一緒にこれからの浜松について考えてみてください。
    • 1学期終業式

      2022年7月21日
        4月7日の入学式、8日の始業式から始まった1学期。
        71日間の学習を無事に終えることができました。
        コロナ禍の中の終業式なので、今回もリモートです。
        3人の代表が1学期を振り返り、頑張ったこと、そして頑張ったからこそ見つかった課題を発表してくれました。
        校長先生は1年生から9年生までの頑張りを褒めてくださいました。
        一人一人が頑張った1学期でした。
        充実期代表は7年生です。初等部から中等部になり、慣れ親しんだ校舎とはいえ、難しくなった学習や本格的な部活動、短くなった休み時間への戸惑い、その中で頑張ってきたこと。そして見付けた課題を発表しました。2学期の目標は「7年生成長したね」と言われる2学期にすること。みんなの成長が楽しみです。
        自立期の代表は5年生。学級委員として頑張ったことを振り返りました。頑張って呼びかけても、なかなかうまくいかなったこと。だからこそ気付いた工夫をすることの大切さ。反省点を生かして残りの任期を全うしていこうという決意を発表しました。学級委員を中心にさらにクラスがまとまっていくことが楽しみです。
        基礎期の代表は4年生です。目標を設定し、取り組んできたこと、頑張ってきたことを発表しました。頑張っていくことで新しい目標ができ、自分が成長できることに気付きました。そしてまた新しい目標を設定できることが分かりました。「1学期に負けない2学期にする」素敵な目標です。
        良い姿勢でしっかりと聞ける1年生。成長しました。
        さすが5年生。背筋がしっかりと伸びています。
      • 今日の献立
        【 食パン 牛乳 ハンバーグのトマトソースかけ きゅうりとコーンのサラダ かぼちゃのクリームスープ 】

         今日のスープは、夏野菜のかぼちゃをたっぷり使ったクリームスープです。かぼちゃの濃い黄色は、豊富に含まれているカロティンによるものです。カロティンは、体の中に入るとビタミンAに変化して、病気に対する抵抗力を高めてくれます。また、暑さで疲れやすくなっている体を回復させる働きもあります。また、牛乳や脱脂粉乳に、たっぷり含まれるカルシウムは、骨や歯のもとになるばかりではなく、イライラを静める働きもあると言われています。暑さに負けないように、しっかりといただきましょう。
      • 中等部の先生が6年生の児童に向けて授業を行いました。
        子供たち緊張しながら先生を待ちます。
        少しずつ緊張が解け、笑顔を見せる子供たち。
        数学(算数)と社会を体験しました。
        授業後「楽しかった。」と笑顔で話す子供たち。
        小中一貫校の浜松中部学園ならではの体験を通し、中等部での学びへ期待が膨らんでくれることを願っています。

         
      • 今日の献立
        【 米飯 うなぎのかば焼き キャベツのたくあん和え すまし汁 お米のババロア 】

         土用とは、夏の最も暑い盛りをさしていて、7月の下旬から8月の上旬、立秋の前日までの18日間を言います。その中でも、「丑の日」に鰻を食べる習慣があります。(今年は、7月23日と8月4日の2回)これは、暑さのために食欲がなくなって、体がだるくなっているのを吹き飛ばすためのもので、昔の人の生活の知恵から、生まれたものです。鰻には、ビタミン類が多く含まれていて、栄養満点のスタミナ食品です。
      • 今日の献立
        【 米飯 牛乳 生揚げの五目炒め ニラ玉スープ アンデスメロン 】

         今日のデザートは、旬の果物の「メロン」です。メロンは、すいかと同じ仲間で、うり科の植物です。温室メロンは、温度や水の管理がされ、1株で1個しか収穫されないので、高価なものとなります。最近では、品種改良が行われ、ビニールハウスや露地栽培で美味しく安価なメロンが作られるようになりました。今日は、山形県産の「アンデスメロン」です。メロンの香りと優しい甘みを感じながらいただきましょう。
      • 今日の献立
        【 黒糖入りコッペパン 牛乳 メルルーサのレモン風味 ジャーマンポテト 野菜スープ 】

         ドイツでは、じゃがいもを野菜の王様と呼んで、いろいろな料理に使っています。その昔、ドイツでは、土地がやせていて、作物が育たない時期がありました。その時、ドイツの人々を救ってくれたのが、やせた土地でも育つ、じゃがいもだったそうです。今日は、ドイツの家庭料理でもある「ジャーマンポテト」を用意しました。ベーコンと玉ねぎをよく炒めて、茹でたじゃがいもを加えて、塩、こしょうで味付けをしたものです。
      • 今日の献立
        【 米飯 牛乳 麻婆なす しょうゆ卵 もやしの中華あえ 】

         夏野菜の代表的なものとして「なす」があります。生まれは、インドでヨーロッパに伝わりましたが、あまり好まれず、中国から日本へ伝わって、1550年頃に栽培され始めたということです。夏にとれることから、ナツミ「夏実」と言われ、これがなまって「茄子・NASU」と呼ばれるようになりました。徳川家康の時代、茄子は「成す(望みなどを成し遂げる)」の意味をもっていることから、縁起の良い食べ物とされていました。今日は、中華風の麻婆なすを作ってみました。夏の味を味わってみてください。

      COUNTER

       / 本日: 昨日:

      カレンダー

      最近の記事

      タグ

      アーカイブ