• 9月30日(金)の5,6時間目。
    4年生の「いりの学習(総合的な学習の時間)」に、再び、この方が来てくださいました。
    浜松ボッチャ倶楽部COOLの北澤さんです。
    再びと書いたのは、・・・実は、北澤さん、昨年度も入野小に来てくださっていたからです。
    入野小学校は、昨年度「オリンピック・パラリンピック教育推進校」でした。
    子供たちがパラスポーツを体験したり、それに携わる方と触れ合ったりすることで
    共生社会の担い手として活躍する資質を育てることを目指しての取り組みの一環として
    昨年度の4年生の子どもたちのところに来てくださっていました。
    昨年度の様子は、↓ こちらをクリック!

    そのときのご縁で、今年度の4年生のところにも来てくださったというわけです。

    始めに自己紹介をしてくださいました。
    19歳のときに事故に合い、それから車椅子の生活になったことやそのときの辛かった気持ち、
    そんなときにボッチャをやってみたらどうかと進めてくださった方がいて、
    ボッチャという競技に出会ったことなどを教えてくださいました。
    「だから、ぼくは、障害のある人の気持ちも、健常な人の気持ちも両方分かる。」

    その後、ボッチャのやり方を説明してくださり、さっそく体験。
    4年生の子どもたち、ものすご~く張り切ってボッチャの体験を開始。
    球をどのように投げるのか、どこに投げるのかなどなど
    自然とチーム内でのコミュニケーションが生まれました。
    一球、一球、投げ終わるたびに、大歓声。もうすっかりボッチャに夢中になっていました。

    各クラスの代表チームと北澤さんとの対戦になると、盛り上がりは最高潮に。
    北澤さんを補助するお父さんとの息もぴったり。
    北澤さんは、方向や角度、球の種類を決めると、お父さんに伝えます。
    ねらった位置にピタッと球が置かれ、子供たちも担任たちも、驚きが隠せず、またまた大歓声。
    最後に、質疑応答タイム。
    子供たちから、北澤さんは、ボッチャの大きな大会に出ているのか?
    ボッチャをうまくやるコツは?日常の生活の様子(どうやって寝ている?)などが出されました。
    1つ1つの質問に丁寧に優しく答えてくださいました。

    なんと、北澤さんは、日本の中で4位だとか!スゴイ!!
    でも、4位だと国際大会には出られない、だから悔しい!!という気持ちも教えてくださいました。
    また、ボッチャで勝つことも楽しいけれど、最近は、今日のように
    子供たちと一緒にボッチャをしたり、ボッチャのことを伝えたりすることにやりがいを感じるということも教えてくださいました。
    子供たち、さっきまでとは打って変わって、ものすごく真剣なまなざしで、北澤さんのお話を聞いていました。そして、聞いたことを逃さずメモしようとしていました。
    質問タイムが終わると、北澤さんから子供たちへこんなメッセージが伝えられました。
    ボッチャは、大人も子供も、高齢の人も、障害がある人も、ない人も
    だれもがみんな一緒に楽しめるスポーツ。

    今日、それをみんなにも体験してもらった。

    まちのどこかで、ぼくに会ったら、みんな、ぜひ声を掛けて!
    そして、まちのどこかで、障害のある人を見かけたとき、もしかしたら、断られるかもしれないけれど、
    「何か、お困りですか。」「何か、お手伝いしましょうか。」
    のように勇気を出して声を掛けてみて。


    北澤さん、そして北澤さんのお父様、お母様。
    お忙しい中、今年度も、入野小学校に来てくださってありがとうございました。
    とても楽しく、そして素敵な、温かい時間が過ごせました。
    このご縁をこれからも大切にしたく思います。
    どうぞ、お元気で、また入野小に来てくださる日を楽しみにお待ちしています。
  • こんにちは。今日から10月ですね。

    昨日9月30日(金)は、入野小学校の前期の最終日でした。
    朝の時間を使って、リモートによる”前期終了会”を行いました。
    各教室では、8:00少し前から、静かに席に座って待つ入っ子たちの姿がありました。

    本日の”前期終了会”では、校長先生から2つのお話がありました。

    1つ目は、「あゆみ」について。
    新しい学年になって半年。前期が終了となるこの日に「あゆみ」を渡しました。

     
    校長先生は・・・
    目が行くのは、◎や〇がついているところだと思う。
    けれど、それ以外にも大切なことがたくさん書かれている。
    「教科の観点」のところもじっくり読んでみてほしい。

    「あゆみ」は、自分を伸ばすためにある。
    自分が頑張っているところ、もう少し頑張りたいところを知り、
    新しい目標を決めて、残りの半年間、もっともっと自分を高めていってほしい。

    と、お話されました。
    2つ目は、「〇〇の秋」という話。
    秋は、寒すぎず、暑すぎず、過ごしやすい季節。だからこそ、様々なことに挑戦できる季節。
    入っ子のみなさんなら、この〇〇にどんな言葉を入れる?

    という問いかけがありました。
    「読書の秋」
    読書が好きな子が多いですね。校長先生も本が好きです。
    図書室に行くと、お勧めの本を紹介してくれる子もいます。本は心を豊かにしますね。


    「スポーツの秋」
    体を動かして友達と遊んだり、好きな運動に取り組んだりするのに良い季節ですね。
    体力を付けるために、日頃から運動をして、それを続けることが必要ですね。
    「食欲の秋」
    ”秋の味覚”といって、梨やぶどうなどの果物、栗やさつまいも、きのこなどおいしい食べ物がたくさん採れる季節です。
    (この日の給食にもなめこの入った味噌汁や栗が出ていました)
    そういうおいしい食べ物を残さず食べて、コロナウイルスや他の病気に負けない丈夫な体を作っていくこともいいですね。

    それ以外にも・・・「勉強の秋」「友達と仲良くする秋」などは、どうですか?
    一人一人が「自分の秋」を決めて、努力をしていきましょう。
    校長先生のお話をしっかり聞いた入っ子たちは、きっと
    「あゆみ」をよく読んだり、「〇〇の秋」について考えたりしたことと思います。
     
    ”前期終了式”に続いて、新しく着任した職員の紹介もしました。
    この職員は、10月から主に4年生の授業を行うことになります。
    最後に、リモート終了の案内をすると、各教室からは
    「ありがとうございました~!」
    という素敵なあいさつの声が聞こえてきます。
    すっかり、恒例となったリモート終了の合図です。
    校長先生も入っ子たちに手を振ってくださいます。

    入っ子のみなさん、月曜日からは、すぐに後期がスタートします。
    新たな気持ちで、素敵な後期になるようにしていけるといいですね。

    なお、本日欠席等で「あゆみ」を渡せなかった子には、次回登校した日にお渡しします。
    また、「あゆみ」は、10月7日(金)までに、保護者の言葉を記入の上、担任まで返却をお願いします。
     
  • こんにちは。今日の給食です

    ・ごはん
    ・牛乳
    ・いかとじゃがいもの甘辛あえ(カミカミメニュー)
    ・なめこのみそ汁
    ・栗
    栗は、6月に花が咲き、9月に実がなります。中国の栗が、小粒で薄皮がはがれやすいのに比べて、日本の栗は大きなものが多く、薄皮がむきにくいのが特徴です。
    給食では、1年に1回だけ日本の栗が採れるこの時期に、皮付きの栗が登場します。今日は、立派な栗が入野小に届きました。給食室の大きな釜で茹でて、ひとつずつ包丁で切れ目を入れました。1年生は、1個を半分にした量です。

    栗は、好き嫌いがはっきり分かれている様子でした。低学年では、栗が苦手で、全く手をつけられない子が数人いましたが、高学年では「苦手だけど全部食べました。」と頼もしく話してくれた児童がいました。
    1年生では、栗を初めて食べたという児童が何人かいました。「味がしなかった!」「おいしかった!」と、感想をたくさん教えてくれました。
  • こんにちは。今日の給食です

    ・ソフトめん
    ・牛乳
    ・みそカレーソース
    ・えびいもコロッケ
    ・ぶどう(ピオーネ)
    今日のデザートはぶどうですぶどうの旬は9月から10月で、今がおいしい時期です。スーパーにもたくさん並んでいますね。
    今日のぶどうは、「ピオーネ」という種類で、「ピオーネ」という名前には、イタリア語で「開拓者」という意味があります。巨峰とマスカットをかけ合わせて生まれました。強い甘みとさわやかな酸味があり、すっきりとした味が特徴です。ピオーネは、浜松の都田地区で多く作られています。
  • こんにちは。今日の給食です

    ・ごはん
    ・牛乳
    ・ハヤシ
    ・しょうゆ卵
    ・キャベツソテー
    今日は、ハヤシです
    「ハヤシ」という名前の由来はいろいろありますが、その一つに、昔、横浜の病院のお医者さんだった「はやし先生」が、「牛肉のこま切れと野菜のごった煮を、ごはんにかけて食べると栄養があり、病気の回復も早い。しかもおいしく、作るのも簡単、食器も少なく後片付けも楽だから、ぜひやるとよい。」と患者や家族に勧めたという話があります。

    ハヤシは、ブラウンルウを作るところから給食室で手作りしました。今日は、9時ごろから香ばしい香りが校舎中に広がっていましたlaugh
    今日の献立は、子どもたちにとって食べやすかったようで、よく食べていました
  • こんにちは。今日の給食です

    ・ごはん
    ・牛乳
    ・ししゃもフライ
    ・すきこんぶの炒め煮
    ・実だくさん汁
    今日の主菜は、ししゃもフライです
    ししゃもには、カルシウムが多く含まれています。カルシウムは、骨や歯をつくるもとになったり、筋肉や神経のはたらきを調 整したりしてくれます。成長期の子どもたちには、特に必要な栄養です今日は、骨まで食べやすいように、ししゃもを丸ごとフライにしましたindecision
    低学年の子どもたちの中には、「苦い~!!devil」と言っている子がいまいしたが、一口はがんばって食べていましたlaugh
  • こんにちは。今日の給食です

    ・食パン
    ・牛乳
    ・ミートサンド
    ・ベジタブルスープ
    ・さつまいものアーモンドがらめ(カミカミメニュー)
    さつまいもは、秋にたくさん収穫されます。今がおいしい時期ですindecision様々な品種があり、ほくほくした食感のものと、ねっとりとした食感のものがあります。ほくほく系の代表 品種は「紅あずま」で、給食でもよく使われます。ねっとり系の品種としては、浜松では「紅はるか」という品種を多く作っています。また、さつまいもに一番多い栄養素は炭水化物ですが、他にも、おなかの調子を整える食物せんいや、かぜを予防するビタミンCが多く含まれています

    今日の「さつまいものアーモンドがらめ」は、子どもたちにも先生にも大好評でしたwink
    レシピをご紹介しますので、ぜひ、ご家庭でお試しください。おやつとしておすすめです!

    ①上白糖と水を1:1の割合で加熱し、シロップを作る。(レモン果汁があったら、少し加えるとアクセントになります!)
    ②さつまいもをうすく切ってす揚げする。(角切りでも、拍子切りでも良いです。食べやすい切り方で
    ③揚げたさつまいもに、シロップをからめ、砕いたアーモンドをかけて完成!

    自然とよくかむことができる栄養満点のおやつですlaugh
  • 入小ブログ、ご愛読のみなさま、こんにちは。
    突然ですが、シルエットクイズ~!!
    この写真に写っている木、何か分かりますか?
    ヒント① 運動場の南側、ブランコの近くにある木です。
    ヒント② よ~く見ると、丸っこい実がなっています。

    さて、正解は・・・もう分かりましたよね。
    そうです、みかんの木です。
    先日、アゲハチョウの幼虫に食べさせる葉を取りにいくと、あちらこちらに実がついていました。

    ここにも、ここにも・・・。
    まだまだ青いので、葉に埋もれて、遠くからは、見つけにくいです。
    全部で何個実っているのかな。入っ子のだれか、数えてくれるといいなぁ。
    そして、放送委員会さんのお昼の放送「スマイルタイム」のクイズに出してもらえるといいなぁ。

    2年前のブログ「校庭の花」のシリーズを見ると、このミカンの木の花の写真が見れます。
    もしよかったら、↓ クリックしてみてくださいね。

    さて、連休が終わると、明日からは、また1週間が始まります。
    入っ子のみんな~今夜は早く寝て、明日からの1週間に備えてくださいね。
    火曜日からは、新体力テストも始まりますよ~!
  •  9月9日(金)と、9月16日(金)の2回にわたり、5年生では「水育授業」を実施しました!
     1回目の授業は、わたしたちの生活に密接に関わっている「水」の起源について考える授業でした。動画や資料から、わたしたちの身の周りにある水はどこから来ているのかを考えました。また、水になりきって、地球上を探検するすごろくゲームをしました!授業やゲームを通して、子供たちは、水が自分たちの生活に密接に関わっていることや、水の循環について学ぶことができました!そして、もちろん、ゲームも全力で楽しむことができましたsad
     9月16日(金)は、サントリー(株)の方々をお招きして、授業を行いました!授業は、
    ミッション1「どうして森は水をたくわえ、きれいにすることができるのだろう」
    ミッション2「ダム機能を失った森を生まれ変わらせるためにはどうしたらよいか」
    ミッション3「水を大切にするために、自分にできることは何だろう」
    という3つの問題を、考えながら進めていくという流れでした。子供たちは、森が水を貯える「ダム機能」をもつことを学んだり、水資源を守るために、一人一人にできることは何かを考えたりしました。そして、「歯磨きをしている途中は水を止めよう!」や「手洗いのときには水道をこまめに止める!」などの目標をたてることができました!
     
  • こんにちは。今日は、秋分の日、3連休の初日ですね。
    お彼岸の中日でもありますが、あいにくの雨模様となってしまいました。
    四国の室戸岬付近で、次の台風が発生したようで、大雨が心配です。
    みなさま、気を付けて、お過ごしください。

    さて、入野小では、9月21日(水)、22日(木)の2日間、
    5、6年生の参観会と宿泊行事に向けての説明会を開催しました。
     
    21日(水)には、まず5年生。両クラスとも外国語活動の授業を公開しました。
    5年生は、1クラスの人数が多いため、保護者のみなさまには、2交代制で教室の中に入っていただきました。
    (御協力ありがとうございました。)
    授業終了後には、体育館に移動していただき、林間学校の説明会をしました。
    昨年度の5年生の活動の様子を写真で紹介しながら、林間学校の活動予定や提出していただく書類などについて説明をしました。
    かわな野外活動センターのきれいな景色やキャンドルセレモニーの厳かな様子なども見ていただきました。
    5年生の保護者のみなさまは、メモを取りながら、熱心に聞いてくださいました。
    そして、9月22日(木)には、6年生の参観会を実施しました。
    1組は算数、2組は道徳、3組は図画工作の授業を公開しました。
    夏休みを経て、ちょっぴり大人びた感じの6年生。落ち着いて授業に臨む様子をみていただきました。
    授業後には、体育館に移動していただき、修学旅行の説明会を開きました。
    今回の修学旅行をお手伝いくださる旅行会社の方にも同席していただきました。

    どんなことを目標に、どこを見学するのか、荷物の準備についてや提出する書類など
    各見学先の新型コロナウイルス感染症の対策やアレルギー対応なども含めて説明をしました。
    令和2年度から始まったコロナ禍での修学旅行。
    令和元年度までとは、目的地や交通手段を変えての3回目の実施となりますが、
    子供たちにとって、小学校生活のよい思い出となるように、計画を立てています。
    実施判断1回目は、9月29日。そして、2回目は、10月20日を予定しています。

    ところで、修学旅行説明会の最中、体育館の後方では、こんな光景が・・・
    宿題をしながら、説明会を仲よく待っている子たち・・・
    ピースサインに思わずパチリ!撮っちゃいました!

    そして、3年2組の教室では・・・
    陸上部の6年生が動画を見ていました。
    雨が降ってきて、外で練習することができず、体育館は説明会中ということもあり、動画を見ながら、足の動かし方について学んでいました。
    来週は、天候が回復して、運動場で練習ができるといいですね。

    最後に、お忙しい中、参観会、説明会に御参加くださった5、6年生の保護者のみなさま、ありがとうございました。
    5年生の林間学校は、10月26日(水)、27日(木)です。
    6年生の修学旅行は、11月10日(木)、11日(金)です。
    すてきな思い出ができますように、職員一同全力で準備します!

COUNTER

 / 本日: 昨日:

カレンダー

最近の記事

タグ