• 晴天の下での外遊び

    2022年5月23日
      雲一つないよく晴れた空の下、子供たちは元気に外で遊ぶことができました。
      年少さんは喉が渇いたのでお茶を飲んでいると、お花もきっと喉が渇いているから水をあげようという声があがりました。その後、みんなで花壇の花に水やりをしました。
      年中さんは思い切り走りたいという子供たちが集まってリレーをしました。モンシロチョウを捕まえたり、カタツムリを見つけたりする子もいました。
      年長さんは砂場で塩ビ管を使って水の通り道を作りました。試行錯誤しながら山の中に水路を完成させました。小学校5年生の「流れる水の働き」につながる体験をしました。
    • 避難訓練(地震)

      2022年5月20日
        中ノ町幼稚園では、安全教育に力を入れています。防災・防犯・交通・生活について、年間指導計画に基づき、毎月行っています。今月の防災訓練は、地震の際の身の守り方、避難の仕方「お・は・し・も」を確認しました。南海トラフ地震の危険性が叫ばれる現在、小さい時から自分の命を守る意識を高めることは大切なことです。
        来月は、小学校と合同で、津波における避難訓練を実施します。
      • 田植え

        2022年5月19日
          中ノ町幼稚園では、この地域の特産でもある稲作の体験活動を和田幼稚園と合同で行っています。今日はその一環として、地域の方を講師としてお招きし、田植えをしました。田植えのやり方を講師の方から教えてもらった後、もみから育てた苗を同じ間隔でしっかりと土の中に植えました。その際、泥の感触を足と手でしっかりと感じました。これから稲の生長を見届けていきます。来月には稲の生長を手助けするアイガモを放鳥します。子供たちは今から楽しみにしています。
        • 今日は雲一つない天気に恵まれ、今まで外に出られなかったうっぷんを晴らすかのように思いっ切り体を動かしました。
          年中さんと年長さんはやりたい子が集まってリレーを行いました。みんな気持ちよさそうに体を動かしていました。
          幼児期においては「健康な心と体」を培うためにも、進んで戸外で遊び、十分に体を動かそうとする気持ちを大切にしていきたいものです。
        • 今日ははっきりしない天気で、室内で遊ぶ時間が多くありました。
          作りたいものや遊びたいことを自分で決め、主体的に活動する姿が見られました。
          さらに作ったものや自分たちで考えた遊びを一緒に楽しもうと、学年の枠を越えて交流しました。
          主体的な学びとしての遊びを通して、浜松市が進める「幼児期に育てたい3つの力」(①自分のことを自分でする力②人と関わる力③身近なものや出来事と関わる力)を高めていきたいと考えています。
        • 今日はボランティアによる絵本の読み聞かせが年長さんの教室でありました。
          子供たちは熱心に聞き入っていました。1冊読み終わると、「もう1冊読んで~」のアンコールが沸き上がりました。
          子供たちは絵本の読み聞かせが大好きです。想像を膨らませながら聴くことは、表現力の発達を促します。
          このボランティアによる読み聞かせは、今日を含めて年間7回実施する予定です。
        • 親子防災教室

          2022年5月13日
            今日は年長さんを対象に講師の先生をお迎えし、親子防災教室を実施しました。
            講師の先生からは命の大切さとともに、いつ起こるか分からない災害に備えて、準備すべき「もの」や「こと」を教えていただきました。
            講話の中では災害によりトイレが使えない場合の対応として、尿に見立てた水を固める実験を行いました。
            南海トラフ地震の危険性が叫ばれている現在、命の大切さとともに防災に対する意識を高めることがリスクを軽減することにつながります。
            今回の防災教室が、ご家庭で防災について話し合う機会になることを願っています。
          • 素話1回目

            2022年5月12日
              今日は、年中・年長さんを対象とした「ちいさなおなべの会」による素話がありました。
              子供たちは、上手な語り口に引き込まれるように聞いていました。
              素話は、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を高める効果があると言われています。本園では今日を含め、年間5回の実施を予定しています。
               
            • 和太鼓教室1回目

              2022年5月11日
                年長さんにとって初めてとなる今年度最初の和太鼓教室が、講師の先生をお招きして行われました。
                最初に柔軟体操を行い、姿勢やバチの持ち方、叩き方の基礎を学びました。最後にはよい音を響かせることができました。
                講師の先生からは、太鼓は牛と木の2つの命によって作られ、叩き手の命が合わさり、3つの命によって音が出ることを教えていただきました。これから3つの命を意識しながら、一生懸命練習していきます。
              • 玉ねぎの収穫

                2022年5月10日
                  今日は天気も回復し、大きくなった玉ねぎをみんなで収穫しました。
                  子供たちが力いっぱい引っ張ると、大きな玉ねぎが取れました。玉ねぎの重さや匂い、葉や土の中に隠れていた根などを体験しながら学ぶことができました。収穫した玉ねぎはみんなで掛け声を出しながら、協力して運びました。子供たちが収穫した玉ねぎは、持ち帰らせます。ぜひ、ご家庭での料理にお使いください。玉ねぎが苦手な子も自分が収穫した玉ねぎなら食べるかもしれません。
                  子供たちが植えたジャガイモも24日(火)に収穫する予定です。