• 【 第2回 浜松市小・中学生 発明くふうコンテスト 】

     夏休みに応募した「第2回 浜松市小・中学生 発明くふうコンテスト」の表彰が、11月26日(金)に本校で行われました。わざわざ本校に来てくださって、表彰していただいたのは、浜松経済クラブの村上様と鈴木様。本当に、ありがとうございました。皆さんの笑顔、嬉しそうな表情が、とても素敵でした。今後、受賞された方々の感想を紹介します。  
  •  11月29日(月)~12月3日(金)まで、都田中学校の保険週刊{すこやかウィーク」が行われました。令和3年度、本年のテーマは以下の通りです。

     【 都田中学校区健康教育テーマ 】 
     自他のいのちを大切にする心を育てる健康教育
      

     【 本年度重点テーマ 】 
     健やかな体づくり

     【 学校保健週間テーマ 】 
     良い姿勢で心も体もスッキリ!ハッピー
     すこやかウィークの最中は、中安保体委員長・保体委員会を中心に以下の行事が行われました。

     1 すこやか集会(12月2日)
     2 2年生思春期講座(12月10日)
     3 1年生薬学講座(12月3日)
     4 都田川柳(11月29日~12月3日)



      
     写真は、中央廊下に掲示された保健委員会が作成、貼ってくださった掲示物です。ポスターを始めとして、とてもきれいですね。
     特に、「4 都田川柳」は全校生徒から川柳を募集し、各学級で良い作品を選出したのち、放送で紹介したり、投票を行ったりしました。残りの行事は、後日紹介していきます。楽しみにしていてください。
     中安保体委員長、保体委員会の皆さん、本当にありがとうございました。
  • チャイルドライン

    2021年12月6日
       「はままつチャイルドライン」は、18歳以下の子ども電話の声に耳を傾け、寄り添う活動をしている団体です。全国68か所で活動していて、静岡県内では「しずおかチャイルドライン(焼津市)」と「はままつチャイルドライン(浜松市)」の2つがあります。
       11月は虐待防止月間でもあり、「赤い羽根 新型コロナウイルス対策 いのちをつなぐ 支援活動事業」としての助成を受け、各教育委員会を通じてチャイルドラインのカードを11月29日に配布しました。
    •  新型コロナ感染拡大予防のため、密になる応援・僥倖・リレー等を中止せざるを得なかった体育大会。一時期延期の決定をしましたが、その後、生徒の皆さんの声を聞く中での中止…。仕方がないことはわかっていますが・・・・。とてもとても残念でした。
       本年度の体育大会のスローガンは
       「仲間と挑戦することを楽しもう」 ( It’s fun to try
       体育大会について、いろいろと検討を重ねる中で、再度、スローガンについて考えることが多くなりました。「なんとか、みんなで一緒に運動ができれば…」、そんな思いが強くなり形となってきました。そして、体育大会の代替え行事として、各学年ごとに学年委員会が中心となって、みんなでできる競技を企画・準備・運営していくこととなりました。

       
       そんな中、先日の2年生に引き続いて、11月26日(金)、3年体育大会が行われました。さすが、3年生!!学年委員会で特色ある競技を企画・工夫し、全員が楽しめて参加できるものとしていました。実施された競技は、以下の通りです。
      【 グラウンド:個人種目 】 

         ① ドッヂビー  
        男女混合10人 男女混合 1試合:3分
        軟らかいフリスビーをボールの代わりに使用。男女混合で学級対抗戦。ルールはドッヂボールと同様。ソフトバレーボール1球。フリスビー2個使用。 
         ② キックベース   男子5人 女子5人 男女別 1試合:表裏2分30秒ずつ
       
       2イニングで総得点が多いチームの勝利。2分30秒以内で3アウトになった場合、その場でチェンジ。
      【 室内:個人種目 】 

         カードゲーム 
         男女混合8人 男女混合 各種目:約12分
       
       スピード・UNO・大富豪の三種目を学級対抗で行い、勝敗を決める。1人2種目参加。各学級スピード4人、UNO6人、大富豪6人 
       
      【 体育館:個人種目 】 

         ① バスケットボール    
      男子6人 女子6人 男女別 1試合:3分(休憩2分)
        1チーム6人で学級対抗戦。ルールは体育の授業と同様。 
         ② バドミントン        男6人 女子6人 男女別 1試合:2分
       
       各学級でオーダー(順番)を決めて、同じ番号で戦う団体戦。買う学級の総得点で勝敗を決定。
      【 グラウンド:学年種目 】 

         陣取り 
        全員参加 男女別 1試合:3分
       男女別学級対抗戦。相手に触れられずに相手の陣地にあるコーンを倒したら勝利。 

       
       みんなが真剣に取り組んでいる姿、元気よく溌溂と声を掛け合って運動している姿、そして、仲間を一生懸命応援する姿…。とってもとっても気持ち良さそうでした。皆さんの笑顔がとても素敵で、印象的でした。「やっぱり、みんなで体を動かすのっていいなあ~」「頑張れ~と仲間を応援するのっていいなあ~」と心から感じられる日となりました。
       最後は1年生。12月6日(月)に学年委員会が中心となって、工夫を凝らした代替え行事を行う予定です。楽しみですね!!
    • 銀杏(いちょう)

      2021年12月4日
         先週から、グッと冷え込みが厳しくなり、一気に紅葉が進みました。本校の銀杏もとてもとてもきれいな黄色に色付いています。以下の写真は、職員玄関前と校庭の銀杏、11月29日月曜日の朝の様子です。やっぱり、とてもとてもきれいです。
      • 【 パラリンピック講演・体験会(ボッチャ) 】

         11月24日(水)、都田中学校体育館で、 パラリンピック講演・体験会(ボッチャ)が行われました。講師は、ボッチャ日本代表コーチの常葉大学保健医療学部の櫻井先生、日本ボッチャ強化指定選手で浜松ボッチャ倶楽部COOL所属の北澤選手でした。

         
         ボッチャの競技の魅力、パラリンピックの裏話・感想、障がい者の方の思いや願い、インクルーシブ社会について等、様々な面で多くの学びがありました。特に、北澤選手は19歳で脊髄を損傷、電動車椅子の生活になってからも挑戦、粘り強く諦めない姿勢、感動しました。今日、本校に訪れた方は、本当に本当にすごい人たちです。
         
         ボッチャ体験では「見るのとやるのでは大違い」ということを実感しつつ、みんなで楽しんで行うことができました。本当にありがとうございました。これも、昨年度の究極の車椅子製作会社(橋本エンジニアリング)、シッティングバレー同様、常葉大学さんとコラボレーションによる「オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業」のおかげです。とてもとても良いお話、体験をさせていただきました。本当にありがとうございました。
      • 【 1年生大会  (サッカー部) 】

         11月23日(火)  遠州灘海浜公園凧揚げグラウンド

         

        < 予選リーグ 第1試合 >
           都田中 3-0 中部中

        < 予選リーグ 第2試合 >
           都田中 0-0 富塚中
            ( PK 3-4


         

          【 木下さん(1年)より 】
         今日の試合は自分を含め、1年生一同、「勝てる」と思っていました。けれど、結果はPK負けという悔しい結果でした。ですが、この2試合は僕たちへの成長へとつながる試合になりました。
         1年生13人、そしてその中の一人は怪我をしていて、12人という人数で試合を行いました。チーム全体で声を掛け合い、試合の終わりを告げる笛が鳴るまで、1点を狙い続けました。内容的には、決して悪い点だけではなく、良い点もあったと思います。
         1年生大会はこれで終わりですが、これからも都田中サッカー部の応援をよろしくお願いいたします。我々1年生は、これからも練習・試合ともに全力で頑張っていきますので、是非、見守っていてください。
      • 【 HONDAカップ その4 (サッカー部) 】

         11月13日(土)  サーラグリーンフィールド

         
        < 予選リーグ 第4試合 >
              都田中 2-0 蜆塚中

         
         
          【 山下さん(2年)より 】

         試合の経過では、前半、チームメイト全員が焦っていて、パスミスが多かった気がします。後半では、蜆塚中学校のミスから得点したことで、相手が焦りだしてしまい、前半よりは楽に攻めることができました。しかし、前後半共に、ゴール周辺でのファウルがあり、危ない場面が多かったです。
         まだ、周りが良く見えていない時が全員にあるので、危ない場面はもちろん、落ち着いている時でも、周りをよく見てよい判断ができるようにしたいです。
      • 【 HONDAカップ その3 (サッカー部) 】

         11月6日(土)  遠州灘海浜公園凧揚げグランド

         
        < 予選リーグ 第3試合 >
              都田中 1-3 新居中

         
         
          【 山田さん(1年)より 】
         今回の試合は、負けてしまったら予選敗退という大事な試合でした。先に僕たちが先制したのですが、自分たちのミスから決められてしまい、そこから2点目、3点目と追加点を決められ、負けてしまいました。この試合の負けてしまった原因は「気持ち」だと思います。自分たちのミスで決められてから、みんなで盛り上げることができなかったので、一人一人が精神面をもっと鍛えていきたいと思います。
         次の試合は消化試合になってしまうけれど、HONDAカップの最後の試合で勝って、笑顔で終わることができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。
      • 【 第25回 静岡県中学校 対抗大会
         (YONEX CUP FINAL) 団体(女子ソフトテニス部) 】


          11月21日(日)  花川運動公園  庭球場

         
        【 団体戦 】

        < 決勝トーナメント1回戦 >
          都田中 2-1 門野中学校(伊東)
         杉山・松井ペア 4-0   
         小林・富田ペア 4-3
         高岸・谷川ペア 4-0

         
        < 決勝トーナメント2回戦 >
          都田中 1-2 高洲中学校(藤枝)
         杉山・松井ペア 4-0   
         小林・富田ペア 0-4
         高岸・谷川ペア 1-4 


        ベスト16!! 
         【 杉山さん(2年)より 】

         今回の大会は県大会という大きな大会で、団体で出場することは初めてでした。どの中学校もとても強くて、正直勝てるか心配でした。県大会での目標はベスト8に入ることだったので、あと一歩で負けてしまったことはとても悔しいです。
         でも、大金大会に出られたからこそ、自分たちの課題やこれからもっと成長しなければならないものを見つけることができました。3年生までの時間を大切にして、さらに上を目指して頑張りたいです。