CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<Back 2019年01月 Next>>
COUNTER
合計: 360365
今日: 285
昨日: 380
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY
script by Blogn+
skin by vivid*face
OTHER
□ RSS 1.0
□ 処理時間 1.056423秒
SEARCH

第51回浜松市子供の市展 その2
 第51回浜松市子供の市展 その2

 1月5日~10日にかけて、浜松市美術館にて催された「第51回浜松市子供の市展」において、2年生において以下の生徒の皆さんの作品が展示されました。

 花彩る豊かな町いなさ  アイラさん
 引佐を彩るアジサイ  森下さん
 井の国引佐  有海さん
 おすすめ いなさ牛乳  石橋さん
 引佐が誇る歴史  内山さん
 引佐の六月  茅野さん
 渋川を彩るつつじ~いなさ~  榧下さん
 彩り豊かなまち 引佐  袴田さん
 魅力あふれる引佐の町  黒木さん
 魅力の人形劇まつり引佐  宮田さん
 古き良き町 引佐町  宮本さん


 おめでとうございます!!




| 南中の日々 | 06:02 AM | comments (x) | trackback (x) |
第61号 文集はままつ 2年 その2
 第61号 文集はままつ 2年 その2


 「第61回 文集はままつ」において、2年 袴田さんの詩「庭」、宮本さんの「あこがれ」が掲載されました。


< 感想 >

  私はこの詩を作った頃、悲しいことがたくさんあり、とても気持ちが落ち込んでいました。「なんでこんなに辛い思いをしなきゃいけないんだ」ということばかり感じていました。でもある時、人はこのような悲しい・辛い体験をしないと成長していかないのだということに気付きました。そうして生まれたのが、この詩です。
 まさか、私の詩を文集はままつに載せていただけるとは思っていなかったので、文集はままつの冊子に私の詩が載っていた時は、とても驚きました。ありがとうございます。
 ( 2年 袴田さん )

 今回の詩は夏休みに書きました。ニュースで「世界では内戦が今なお続いている地域がある」という記事を見たからです。そこで、改めて日本が平和だから今のような生活ができていることを実感しました。
 私一人の力ではどうすることもできませんが、平和に対する思いを美しい自然とともに詩で表現しました。
 ( 2年 宮本さん )


| 南中の日々 | 06:10 AM | comments (x) | trackback (x) |
第51回浜松市子供の市展 その1
 第51回浜松市子供の市展 その1

 1月5日~10日にかけて、浜松市美術館にて催された「第51回浜松市子供の市展」において、1年生において以下の生徒の皆さんの作品が展示されました。

 笑顔の花  太田さん
 腹ペコ チョウチンアンコウちゃん  影山さん
 ピエロorドラキュラ  野田さん
 ラブリーガール  野末さん
 電血の中の半つくられ  松下さん
 レッサーパンダ  山本さん

 おめでとうございます!!




| 南中の日々 | 06:55 AM | comments (x) | trackback (x) |
第61号 文集はままつ 2年 その1
 第61号 文集はままつ 2年 その1


 「第61回 文集はままつ」において、2年 青木さんの散文「野球と出会って」が掲載されました。


< 感想 >

 「野球に出会って」、これは僕のこれまでの野球人生で印象に残っていることです。黒潮杯の予選の決勝、それは心臓が飛び出そうなくらい、ドキドキ、ワクワクしたことを今でも覚えています。
 現在、僕は野球部に所属しています。これだけ本当に楽しいと思ったスポーツは、野球以外にありません。野球を頑張っていれば、自然と周りの人が応援してくださいます。本当に、野球に関わる全ての方に感謝したいです。
 ( 2年 青木さん )


| 南中の日々 | 06:10 AM | comments (x) | trackback (x) |
始業式+夢集会
 1月7日(月) 始業式が行われました。
 校長先生からお話では、各学年に成長してほしい姿があげられました。50期生の1年生はたたずまいや言動が、新1年生から憧れられる、自分の理想とする人へと成長すること。 49期生の2年生は1年後、あの時頑張って良かったと思える、南中の3年生として自分の理想とする人へと成長すること。48期生の3年生は受検があるので、高校でより力が発揮できる、自分の理想とする人へと成長すること、でした。
  

   


 始業式の後、夢集会において各学年代表の1年植田さん、2年永井さん、3年伊藤さんが昨年の反省をもとに、今年の目標について力強く発表しました。
  
  
   

  
   


   


 素晴らしい始業式・夢集会と共に、2019年の引佐南部中学校がスタートしました。今年もどうぞよろしくお願いします。


| 南中の日々 | 06:34 AM | comments (x) | trackback (x) |
引佐が誇る 歴史
引佐が誇る 歴史

 2年生では、引佐の町の良さをPRするポスターを美術の時間で作成しています。その中の優れた作品を紹介します。内山さんの作品です。


   

| 愛する故郷 引佐::引佐百景 | 06:05 AM | comments (x) | trackback (x) |
静岡県席書コンクール その3
 静岡県席書コンクール その3

 「静岡県席書コンクール」において、3年 清水さん、名倉さん、宮原さんの作品が特選となりました。


< 感想 >

 今回、「旅立ちの朝」を書くにあたって、文字数も多く、一つ一つのバランスを考えて書くのは難しかったです。だから、学校で書いた時も、習い事として通っている書道教室で書いても、自分では納得のいく字がなかなか書けませんでした。
 しかし、賞をとったと聞いた時には、あの時、お手本と比べながら先生にアドバイスしてもらい、何度も書き直した努力が実ったからだと思いました。「努力は報われる」とはこのことなんだと改めて感じました。
  ( 3年 清水さん )

 今回は「旅立ちの朝」を書きました。私は“旅”という字があまり上手に書けなく、バランスが悪くなってしまいました。先生からのアドバイスや友達の字を見て、自分の字の悪い所を見つけることができました。五文字なので、ひらがなは小さく、漢字は大きく書くようにしました。同じ漢字でも朝が大きくなりがちなので、気を付けました。名前も気を抜かずに書くことができました。
 ( 3年 名倉さん )

 今回書いた「旅立ちの朝」という課題は五文字だったので、大きさがなかなかつかめず、難しかったです。しかし、自分なりに線の太さ、強弱の付け方や書くスピードなどを工夫し、少しでもお手本に近づけられるように納得のいくものができるまで書くことができました。
 1年間で最も多く筆で書いたと思える字なので、特選という賞をいただくことができて、とても嬉しかったです。
 ( 3年 宮原さん )


| 南中の日々 | 06:10 AM | comments (x) | trackback (x) |
第68回 静岡県席書コンクール その2
 静岡県席書コンクール その2

 「静岡県席書コンクール」において、2年 青木さんの作品が特選となりました。


< 感想 >

  僕にとって、書写の席書コンクールの受賞は4度目です。今年は特選でしたが、満足のいく結果ではありませんでした。小学校6年生の時には、最優秀をとることができました。それと比べると、ほど遠い結果です。
 でも、進歩もあります。昨年は入選という悔しい結果に終わりました。今年は絶対に良い賞をとると決意しました。授業だけでなく、習字にも通い、「雲海」を自分なりに完成させることができました。
 ( 2年 青木さん )


| 南中の日々 | 06:10 AM | comments (x) | trackback (x) |
1月7日 始業式
 おはようございます。そして、明けましておめでとうございます。
 2年の大柿さん、誕生日おめでとうございます。2019年がスタートしました。皆さんの今年の目標は何ですか?

 2019年、年号が変わります。消費税が10%になります。ラグビーのワールドカップが日本で開催されます。2019年の干支は、何でしょうか。そうですね。子、丑、寅、卯と数えていくと最後の12番目。「いのしし」です。十二支は、12種類の動物で表して、毎年変わっていきます。
 では、「干支」の中の一文字目「干」は何でしょうか。干は10種類あって、十二支と同じように毎年変わります。2019年の干は、己(つちのと)と言います。ですから、2019年の干支は、干は「己(つちのと)」。支は「亥(い)」あわせて、己亥(つちのとい)です。
 「己」は、生命がみなぎる時期、正しい姿の自分という意味があります。また「己」は「紀」だと言われ、決まり・正しい筋道といった意味があります。己の年は決まりを守り、自分を律し、正しい姿の自分を求める年です。
 そして、「亥」は「核」であると言われます。先の己は「おのれ」とも読めます。己の核。あなたの核となるものを育てる年です。2学期の終業式で皆さんに伝えました。
 「君は、本当はどうありたいんだい?」
 「成功にとらわれるな。成長にとらわれろ」
 また、イチローは先日、こんなことを言っていました。
 「自分が出来ると思ったことは出来ないかもしれないけど、自分が出来ないと思ったことは絶対に出来ない。自分の中で出来るまで頑張ってほしい。人の見えないところで、どういう自分であるか。常に『自分はどうなんだ?』と問う人間になってほしい」。
 まさに、2019年はそんな年なのかもしれません。

 50期生の1年生、あと3か月で先輩です。たたずまいや言動が、新1年生から憧れられる、自分の理想とする人へと成長してください。
 49期生の2年生、2年にとっては3年0学期です。勉強も部活動もフライングはありません。1年後、あの時頑張って良かったと思える、南中の3年生として自分の理想とする人へと成長してください。
 最後に、48期生の3年生。受検があります。高校でより力が発揮できる、自分の理想とする人へと成長してください。

 2019年、新たな決意とともに、夢と希望に満ちた皆さんの元気な顔を見ることができて、とても幸せです。皆さんの素晴らしい活躍を見られるのがとても楽しみです。
 私は、皆さんと会えること、3学期が始まるのをワクワクして待っていました。「日本一幸せな学校」を目指し、仲間とともに、今までに経験したことのない素晴らしい時間を創り出しましょう。最良で最高の3学期にしましょう。私も全力を尽くすことを約束します。


| 校長のお話 | 06:10 AM | comments (x) | trackback (x) |
おすすめ いなさ牛乳
おすすめ いなさ牛乳

 2年生では、引佐の町の良さをPRするポスターを美術の時間で作成しています。その中の優れた作品を紹介します。石橋さんの作品です。


   

| 愛する故郷 引佐::引佐百景 | 06:03 AM | comments (x) | trackback (x) |

  PAGETOP  BACK>>

本サイトのデータの無断転用を禁止します。