寿限無って・・・

2017年1月24日
    和地地区の方が、『寿限無』の紙芝居をしてくれました

    生まれた子供が、いつまでも元気で長生きできるようにと考えて、
    とんでもない名前を付けたという、笑い話を、わかりやすく子供達に教えてくれました

    「森脇先生』と『小原先生』です



    子供達は、紙芝居に釘付け



    この絵は、小原先生が書いたんですって!!

    思わず見入ってしまう絵です!!

    笑ったり真剣に見たり・・・

    お二人のかけあいはとても面白かったですね


    紙芝居台まで手作り
    子供達は「どうやって作ったの?」と興味津々
    触らせてもらうこともできました!





    「昔はね、紙芝居の後、もうひとつ子供達のお楽しみがあったんだよ!」
    と、おやつまでいただいてしまいました。


    地域の人の教育力は、大変子供達の力になっていきます!!