不審者対応学習

2021年11月19日
    不審者対応学習を全校で行いました。不審者の学校侵入を知った生徒は、教室入口にバリケードをはり、侵入を防ぎ、教員は複数で不審者の持つナイフを叩き落とします。不審者確保後、各教室でバリケードの甘さを反省し、身の安全を確保するにはどうすればよいかを再度確認し合いました。いつ何時何が起こるかわからない世の中。『自分たちの身は自分たちで守る』という意識が高まった時間となりました。