全校道徳

2020年6月10日
    浜松市では毎年6月12日を「命について考える日」としています。

    富塚中では本日1時間目の道徳の授業で「命」について考えました。
    自分にとって『命』とは何か。
    救える命に限りがある状況で、優先順位を選択しなければいけないとき、自分だったらどうするか...。
    どうすれば自分の命、そしてみんなの命を守れるのか。
    道徳の授業では、自分で考え、まとめるだけでなく、友達と意見交流をして、自分の言葉で書くことで、『命』についてさらに深く考えることができました。
    命について考えることは簡単なことではありません。ですが、考え続けなければいけないことです。
    自分の命と向き合い、それぞれの命を大切にしていってほしいと思います。