2019年12月

  • 富中生の活躍

    2019年12月26日
      皆さん年末はいかがお過ごしでしょうか。
      今日は、学校に秋の横断幕が届いたので飾りました。

      春や夏の横断幕ってみたことありますか?
       
      そして、今回新しく注文した秋の横断幕です。
      今年も、富中生が様々な分野で活躍しています。
      来年も富中生の活躍をご期待ください。

      それではみなさん、よいお年をお迎えください!
    • 浜松まつり 交流

      2019年12月18日
        15日(日)に、富塚中学校区の富塚・富塚北・富塚西・西和の4つの地区の凧揚会のい方をお招きして、1年生を対象とした「浜松まつり交流」を行いました。
        先週、凧揚会の皆さんから、浜松まつりでの凧揚げの歴史、凧のつくりなどについて教えていただきました。
        この日は、実際に浜松まつりで使用している道具を使って、浜松まつりで使用している凧をグラウンドであげました。
      • 来週16日(月)から20日(金)にかけて富中資源プロジェクトを行います!
        たくさんの資源、お待ちしております。

        また今回は三者面談期間に行います。
        保護者の皆さんももしご家庭に資源がありましたら、ぜひ富中資源プロジェクトにご協力ください。
        よろしくお願いします。
      • あこがれからお手本へ

        2019年12月13日
          3年生はこれまでの3年間、TS(Tomitsuka Study)の時間を使い、富塚・浜松、磐田・湖西、京都・奈良など様々な舞台で探究活動を行ってきました。
          そして、私たちの住む富塚・浜松をより良い「まち」にしていくにはどうすればよいか、そのために私たちには何ができるのか、考えてきました。

          今日はその集大成!
          3年生の代表生徒20名による全校TS発表会『浜松・富塚へのAction & Proact』が行われました!
           
          これまで先輩たちの発表に「あこがれ」、同じ舞台で発表したいという思いをもってTSに取り組んできました。
          そして今日、かつて「あこがれ」た舞台に自分が立ち、「お手本」という立場になりました。
          1・2年生もきっと3年生のかっこいい姿をみて、「自分もこんな発表をしたい」と「あこがれ」をもったことでしょう。

          自分たちが住んでいる浜松・富塚について、これだけ真剣に考えることができる!!!
          これからどんなActionが起こせるのか期待したいですね!
        • 今年度ラストの・・・

          2019年12月10日
            今朝、今年度最後の読み聞かせが行われました。

            ボランティアの皆さんの優しい声に包まれ、生徒たちは感受性を豊かに、穏やかな時間を過ごすことができました。
            本当にありがとうございました。
            3年生にとっては中学校生活最後の読み聞かせの時間。
            中には小学校の頃からお世話になり、9年間という方も!

            心温まる時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
          • 11/30の放課後、放送委員会の3年生引退式が行われました。

            本来、3年生は前期(9月)までの任期でしたが、1年生の放送委員が仕事を覚えるまで自主的に仕事を継続してくれていました。

            11月も終わり、2年生は立派に各曜日の中心となり、1年生も活躍できるようになったため、3年生からバトンタッチをされました。

            放送委員会は専門性が高い仕事のため、1年生から3年生まで継続して仕事を行います。委員会の中でも部活動に近い絆があります。

            この日は、2年生からお礼のメッセージと記念品が、3年生から後輩たちへ激励とアドバイスがありました。

            将来、放送委員会で学んだ技術を生かした仕事に就く生徒もいるかもしれません。
            3年生の皆さんへ、今までありがとうございました。