2019年1月

  • 5時間目、1年生は帰校式を行いました。

    高山での雪国体験学習を終え、無事に帰校したことを校長先生に報告をしました。


    そして長い間、この雪国体験の準備をしてくれた実行委員に、代表生徒から感謝の言葉が伝えられました。



    マスク越しに嬉しさが見えますね。


    実行委員のみなさん、本当にお疲れ様でした。



    もうひとつ。


    生徒会がなにかを練習しています・・・


    何でしょうね?



    答えは明日のブログでお伝えします。

    明日のブログもお楽しみに♪
  • 1年生登校!

    2019年1月31日
      昨日まで雪国体験学習に行っていた1年生が3日ぶりに登校してきました!




      多くの生徒が疲れは残っていると言っていましたが、体調を大きく崩す生徒も少なく、ほとんどの生徒が登校できました。
      今日は登校してそのまま給食です!



      このあと帰校式を行い、雪国体験の振り返りを行います。
    • 雪国体験3日目、今日は高山市内のフィールドワークを行いました。
      訪問した主な箇所は、高山市役所、警察署、国分寺、屋台会館、からくりミュージアム、高山市総合福祉センターなどです。訪問先の職員の皆様、お忙しいところ御対応ありがとうございました。








      現地では、シルバーガイドさんに同行していただき、いろいろと詳しく教えていただきました。そして何より、安全にフィールドワークができたことに感謝しています。

      さて、1年生は浜名湖SAで方面別のバスに乗り換え、自宅に近いところで降車、そろそろ帰宅していることと思います。まずは家族の方へ、お土産話をたくさんしてあげてください。
      また、1年生は明日は昼の12:10を目途に登校し、この3日間の振り返りをすることになっています。
    • 滑って転んで

      2019年1月29日
        雪国体験2日目が始まりました!
        まずは朝食をしっかり食べて。


        今日は1日スキー体験です

        まずはインストラクターの方に滑り方のレクチャーをしてもらい。


        スキー初体験の生徒も恐る恐る滑ります・・・。
        たくさん滑って、転んでスキーの腕が1UPしたかな?

        体をたくさん動かした後はお昼を一杯食べ。


        午後にもうひと滑り!




        慣れてきて斜面も楽しそうに滑っていますね。

        明日は高山市内を散策します。明日のブログもお楽しみに!
      • 1年生の雪国体験の様子をお伝えします。

        乗鞍青少年交流の家に到着後、まずは1時間ほどの雪上体験、各クラスで『雪像づくり』に取り組みました。
         

         

        みんな楽しそうに活動しています。

        そのあとは、夕食です。
         

        最後に、高山市の方から講話を拝聴しました。


        みんな元気に活動しているようです。
        明日以降もその様子をブログでお伝えしていきます。お楽しみに!
      • 1月26日・27日に全国中学生創造ものづくりフェア「木工チャレンジコンテスト」が東京都の水元総合スポーツセンターで開催され、3年生の加藤木さくらさんが出場しました。
        8月の市大会・11月の県大会で最優秀賞を取り、出場権を勝ち取りました。
        同じく地区予選を勝ち上がった、全国の16名が技を競い合いました。

        県大会と同じく、午前2時間・午後2時間で製作を行い、その後作品についてのプレゼンテーションを2分行います。

         



        作品の製作は順調に進み、時間内に製作し終えることができました。



        プレゼンテーションでは、自分の想いを審査員や観客の方々にしっかりと伝えることができました。

        結果は優秀賞でした。
        他の作品には自分が思いつかないような工夫がいくつもあり、次のものづくりの創作意欲がわいてくるとともに、
        同じ中学生にも、自分と同じようにものづくりを好きな生徒がいることを知ることができたのではないでしょうか。


        来年度は、東京で世界大会も行われるようです。
        技術科では、来年度の参加者を募集しています。
        ものづくりが好きだ、興味があるという人は、望月に声をかけてください。
      • 乗鞍到着!

        2019年1月28日
          今日は、待ちに待った雪国体験当日です。
          6:25~6:45に集合し、バスに乗車しました。

           
          防寒対策やマスク・アルコール消毒によるインフルエンザ予防もしながらの移動です。
          朝早くの集合でしたが、バスの中は元気いっぱい!

          13時前に乗鞍に到着し、13時から入所式が始まりました。

           
          バスの長旅の後でも、みんな元気に活動しているようです。
          みんな真剣な表情で話を聞いています。
        • いよいよ来週の1月28(月)~30(水)、1年生が雪国体験学習で飛騨高山へ出発します。

          生徒達はスムーズに行動できるように、しおりに何度も目を通し準備を行ってきました。



          【スローガン】
          「学べ 楽しめ 雪上の富中プライド~自律と感謝で1UP~」


          【スローガンに込めた思い】
          『雪国体験で大切なことは、学び、楽しむのはもちろん目標をもって活動しなければ意味がありません。また先輩達が築き上げてきた富中プライドをもって、自律や感謝の気持ちを大切にする必要があります。その先に、1UPした自分の姿があるはずです。仲間と協力し、充実した3日間にしていきましょう。』 雪国体験実行委員長

          今日の5時間目には柔剣道場で雪国体験学習の出発式を行いました。

          実行委員は12月から休み時間や放課後に集まり、一生懸命準備をしてきました。

          今日の会の運営もすべて実行委員が行いました。他の生徒も実行委員の頑張る姿を見て、雪国に向けて気持ちを高めていました。
          3日間様々な困難があると思いますが、「みつめる力」や「ふかめる力」を生かして乗り越えていけることを期待しています。

          高山市の本日の最低気温は‐4.3℃です。当たり前ですが、浜松よりも寒い環境なので風邪を引かず、全員無事に帰ってきてほしいですね。

          雪国体験学習での活動の様子はブログを通して随時更新していきます。お楽しみに!
        • 給食週間

          2019年1月24日
            今週1/21(月)~1/25(金)は給食週間です。
            給食委員会が行った『給食総選挙』!
            生徒が選ぶ大好きなメニュー
            結果は以下のようになりました。

            主菜の部
             3位 いかリングフライ
             2位 浜松餃子
             1位 ビビンバ

            副菜の部
             3位 もやしの中華あえ
             2位 しょうゆ卵
             1位 スパイシーポテト

            汁物の部
             3位 みそ汁
             2位 かきたま汁
             1位 豚汁

            デザートの部
             3位 お米のムース
             2位 バナナクレープ
             1位 お米とみかんのタルト

            これらのメニューはリクエスト給食として2月に出ます!お楽しみに♪

            もうひとつ
            『給食あいうえお作文』というものも募集しました。

            き きょうも楽しい
            ゅ ゆうがな時間
            う うれしいひととき
            し しちゅーが大好きで楽しみ
            ょ よくおかわりをする。やっぱり
            く くりーむしちゅーが大好き!

            想像するとお腹が減ってきました。

            2階廊下の地場産物の展示コーナーも面白いので、ぜひ見てみてください。



            明日の給食も楽しみですね。
            ※明日1/25(金)はBE AMBITIOUSの予備日のため、2年生のみお弁当持参です。

          • 本校のキャリア教育の取組が評価され、文部科学大臣表彰を受けることになりました!
            山内真理子校長先生が国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた表彰式に出席しました。



            本校は、キャリア教育の視点で教育活動を見直し、多様な地域人材との関わりを通して、地域・社会を担うため、「社会を生き抜く力」の育成に取り組んでいます。

            ①まずは、生徒に身に付けさせたい力を分析し、それを、「つながる力」「みつめる力」「ふかめる力」「みとおす力」と、平易な言葉で生徒・教師共通の言葉としました。



            ②そして、生徒の言葉で語る場面を設定したり、授業で示したりしながら、教師にも生徒にも意識づけをしています。



            ③さらに、多様な地域人財の活躍の場を通し、学習活動の充実を図っています。



            ④また、「地域への提言」という形で、3年生で追究してきた成果を発表しています。地域と関わり合いながら得た知見や生徒自ら作り出したアイデア等を生かして、未来の地域人としての自覚をもち、主体的に生きていこうとする生徒を育む活動をしています。




            地域の皆様に支えられながら、これからもキャリア教育を推進していきます!