2018年11月

  • 11月24日(土)に中学生のための救急蘇生講座が開催されました。
    心肺蘇生法の習得を通して「人の命の大切さを学ぶこと」を目的として実施しています。
    今回は野球部の生徒が参加しました。
    当日は、講師に幸田子供クリニック 幸田克好先生、遠州病院 藤田倫匡先生、中消防署 坂本さん、大貫さん、島澤さん、古田さんをお招きし、御指導いただきました。

    救急車が到着するまで平均で9分、その場に居合わせた人が一次救命処置を行うことで救命率が倍になります
    胸骨圧迫のポイントは「強く、早く、絶え間なく」です!
    AEDが届いても解析が始まるまで胸骨圧迫を続けます!

    最後には修了書の授与もしていただきました。

    いざというとき、救命リレーの第一走者となれるよう今日学んだ事を生かしたいですね。
  • 中学校体験

    2018年11月27日
      今日の午後、富塚中学校にて小学生の中学校体験が行われ、あと半年で中学生になる小学6年生に中学校の授業と部活動を体験してもらいました。


      授業は、国語・数学・英語・理科・社会・技術科・家庭科・音楽に分かれて体験授業を行いました。






      部活動体験では中学2年生、1年生の先輩方に普段どんな練習をしているのか教えてもらいながら、一緒にメニューをこなしました!




      早くも来年が待ち遠しいですね!
      富塚中学校では、みなさんの入学をお待ちしております。
    • 富塚中学校では2週間に1度、地域の読み聞かせボランティアの方が来てくださり、朝読書の時間に『読み聞かせ』をしていただいています。
      今日は3年生と1年生の教室で『読み聞かせ』をしていただきました。



      普段みなさんはどのように本を読んでいるでしょうか?
      多くの人が文字を目で追い、頭の中でイメージを膨らませながら読んでいるかと思います。
      一方で『読み聞かせ』では声を聞いて、物語のイメージを膨らませていきます。声から伝わる優しさや温かさ、寂しさなど直に感じることができるので、本を黙読するのとはまた違った感じ方ができます。
      生徒たちにとってもこの『読み聞かせ』はきっと有意義な時間になっていると思います。



      富塚中学校の図書館はいつも生徒であふれてはいます。
      富塚中の図書館には支援員の小西さんが読書環境の整備をしてくれています。小西さんは十年以上もの間、富塚中の図書室を見守ってくださっています。
      ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
      この読み聞かせを通してますます本が好きになり、多くの本に触れてほしいと思います。
    • 今日は朝会があり、最初に部活動や各種コンクールの表彰が行われました。
      今回は文化面での表彰が多くありました。

      陸上競技部 第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会 A走高跳 3位


      女子テニス部 遠州トーナメント 第3位


      美術部 秋の写生大会 金賞 


      第68回社会を明るくする運動作文コンテスト 入選  
      平成30年度読書感想文コンクール 特選 


      小・中学生の主張浜松市審査会 入選 


      平成30年度理科研究発表 金賞 


      県木工チャレンジコンテスト 最優秀賞 


      校長先生の話では、2つの意味を持つ熟語
      「気骨(きぼね)」、「気骨(きこつ)」の話をしていただきました。


      きぼね・・・心づかい、気苦労、心配
      きこつ・・・信念、心強さ

      「気骨(きぼね)」ではなく「気骨(きこつ)」あふれる生活を送って欲しい!
      2学期も残りわずか、有終の美を飾れるよう信念を持って生活していきましょう。
    • 2学期も残すところ約1か月となりました。

      昨日と今日の2日間は定期テストが行われました。
      今回のテストは国語、英語、数学、理科、社会の5教科に加えて、音楽、美術、体育、技術・家庭科も含めた9教科分あったので、生徒もこの2日間はどっと疲れたのではないでしょうか。
      ただ受けて終わりではなく、今回のテストで間違えたところをしっかり復習し、苦手ゼロで2学期を終えられるといいですね!

      また今日は5時間目に防災訓練が行われました。今回の防災訓練では学年ごとに別々のテーマの訓練に取り組みました。
      1年生...実際に火災が発生したことを想定して3階から救助袋を使って降下訓練をしました。


      2年生...火事が発生したときに煙が充満したところを通って避難しないといけないことを想定して、理科室を使って煙体験を行いました。


      3年生...火事が発生したと想定して消火器を実際に用いて消火訓練を行いました。


      また3年生は消火訓練を行う前に地域の自主防災隊の中村さんや今田さんから地域防災やボランティアについてのお話を聞きました。
      自分達の手で富塚の地域を守っていこうとする気持ちを持って欲しいと呼び掛けてくれました。
      生徒たちはこれからの富塚を、浜松を支えていく担い手です。いざというときにはこの経験を活かして、先頭に立って引っ張っていってほしいですね!
    • 昨日21日(水)の5時間目にコミスク運営協議会会長 井内雲二彦さんをお招きして、レポート作成講座を開いて頂きました。
      映像ディレクター・ビジュアルプランナーをされている情報伝達のプロです。


      富中は行事がたくさんあり、振り返りのためにレポートを作成をしています。2年生も先日の職場体験のまとめレポートを作成します。

      文章のまとめ方や、レイアウト色使いなどのコツをたくさん教えていただきました。
      今日のブログもポイントとなるところに線を引いたり、色をつけて強調しています。これも教えていただいたテクニックです!

      1UPしたレポートを作るために、メモメモ

      相手に自分の考えや感じたことを伝えることは、大人になってからも大切です。
      入試や就職活動など、自己PRにも役立ちます。
      自分が楽しく、情熱をもって発信すればよいと井内さんがおっしゃっていました。


      井内さん、本当にありがとうございました。2年生のレポート、期待していてくださいね。
    • 今週に入り気温が一気に下がり肌でも冬の訪れを感じられるようになりました。

      遅くなりましたが、9月、10月に行われた各部活動で活躍した生徒の横断幕『2018 ~秋version~』が掛けられました。

      3年生が引退して、新体制で初めて挑む大きな大会。今年度も多くの生徒・部活動が富中の名を浜松に轟かせました!

      近くを通られた際にはぜひ足を止めて見てください!



      今日も午前中は冷え込みましたが、富中生の中にはまだまだ半袖半ズボンで頑張る生徒も多くいます!
      部活動の活動時間も短くなってきますが、腹の底から声を出し、地域のみなさんにも元気で明るい声をお届けしていきます!
    • 放課後学習

      2018年11月20日
        10月の定期テストⅡに引き続き、今回も放課後学習室を開設します。
        文化芸術大学の学生が20名弱来校し、一緒に勉強の相談にのってくれました。


        生徒達は、最初は緊張してたものの年齢が近いこともあり、積極的にわからない所を質問していました。


        3年生にとっては進路選択を控えた大事な時期です。
        自分をしっかりとみつめ、課題を見つけ、先をみとおして学習していけるといいですね。

        定期テストⅢは21日(水)と22日(木)に行われます。
      • 11月17日(土)に静岡大学教育学部附属浜松中学校で、静岡県中学校創造ものづくりフェア 「木工チャレンジコンテスト」 が行われました。

        参加者は6名。
        本校からは、3年生の加藤木さんが出場しました。夏に行われた浜松地区のものづくり大会でも最優秀賞を獲得しています。
        大会で製作する作品を事前に考え、何度も練習を積み、大会に臨みました。

         

        午前2時間、午後2時間の計4時間で作品を仕上げます。
        午前中に切断まで終え、午後に部品加工や組み立てを行いました。

         

        完成後、それぞれの生徒が自分の作品への思いをアピールします。
        加藤木さんは自分の趣味であるミニ四駆を飾ったり、パーツや関連書籍を収納するための棚を作りました。

         

        結果は、

        最優秀賞!!

        お見事!

        この大会で最優秀賞を取ると、1月26日・27日に行われる全国大会へエントリーすることができます。
        12月に行われる1次審査を通過すると、この大会に出場できるということです。

        大会の後、たくさんの先生方からアドバイスをいただきました。
        先生方のアドバイスを基にさらに力をつけていきます!
        目指せ全国入賞!
      • 昨日に引き続き職場体験の様子を紹介します。

         
        品物の袋詰めをし、お花の下処理をし、

         
        お客さんの車をきれいに磨き、高齢者の方を楽しませ、
         
        礼儀やマナーを学び、お客様に食事を届ける。

        2日間職場体験させていただき、様々な経験をすることができました!
        帰ってきた生徒の顔は疲れていましたが、充実感であふれていました。

        自分の将来について考えていく中で
        今回の経験はとても参考になるでしょう。

        事業所の皆様、地域の皆様、御協力ありがとうございました。