2016年8月

  •   今朝は、2学期の始業式が行われました。初めに、2年生、4年生、6年生代表の児童による「2学期のめあてやがんばること」について発表がありました。次に、校長の講話では、メジャーリーグの鈴木一朗(イチロー)選手のメジャーリーグ3000本安打の経験談と夏にブラジル、リオデジャネイロで行われたオリンピックでメダルを獲得した選手が努力を継続したことで功績につながったことと、2学期は「心の金メダル」を増やしていこうと話しました。最後に、「浜松市小学校水泳大会」「児童書写作品展」の表彰を行いました。








  •   今日は、篠原中学校区の中学校と小学校の教職員が集まって研修会を行いました。はじめに、浜松市教育委員会 教育相談支援センターの横原指導主事から「子供理解・保護者理解 教育相談の知と心」の題目で講話を伺いました。次に、グループに分かれ、過去にあった事例から児童生徒にどのように対応したらよいか検討を行いました。最後に、グループの代表者が検討したことを全体に発表し、横原指導主事からご指導をいただきました。








  •  TOBIOにて行われた30分間回泳では、自分の持っている力を精一杯発揮することができました。1か月前の自分と比べると心も体もたくましくなったのではないでしょうか。回泳でつけた自信を胸に2学期も頑張りましょう。それでは、よい夏休みを!






  •   トビオで浜松市水泳大会が行われ、14名(6年 12名、5年 2名)が出場しました。トビオのプールの深さと会場の雰囲気に緊張していた選手達でしたが、練習が終わる頃には、いつもの笑顔が見られました。保護者の皆様と教職員の声援により、男子メドレーリレー、自由形50m、背泳ぎ50mでB決勝に進出し、力強い泳ぎで会場を沸かせてくれました。












  •   浜松市合同吹奏楽団の練習会が篠原小学校でありました。浜松市内の小学校から120名近くの児童が参加しています。午前中はパート練習、午後は11月の世界音楽の祭典に向けて講師の先生を迎えて練習を行いました。7月30日(土)のジュビロ磐田ハーフタイムショーに向けて練習を行いました。全ての子供が暑い中、真剣に音楽と向き合いました。