2021年2月

  • 2月18日(木)に、生活科「ふゆとあそぼう」の学習で、風で動くおもちゃを作って遊びました。
    浜松の冬は雪があまり降りませんが、特有の『遠州のからっ風』が吹き付けます。
    その強い風を利用して、冬でも外で楽しく遊べるおもちゃを作りました。
    材料は、身近にある紙皿や紙コップ、プラスチックトレーなどです。
    紙皿のフリスビーや飛行機、紙コップの風車、プラスチックトレーの飛行機や車、ビニル袋の凧など、簡単に作れるものばかりです。
    「羽の向きを考えると、風車がよく回るよ。」「帆のを大きくすれば、車が速く走りそう。」「投げるんじゃなくてそっと飛ばすとよく飛ぶよ。」
    子供たちは、友達にアドバイスをもらいながら、工夫して作ったり遊んだりしていました。
     当日は、保護者サポーター『さなレンジャー PEACE』の方々にも御協力いただきました。
    子供たちと一緒に作業し、細かい所を調整したり、トラブルに臨機応変に対応してくださったりし、大変助かりました。
    ありがとうございました。
  • 今日は、家庭科の授業で「上手なお金のつかい方」について公認会計士の方に教えていただきました。「契約」の定義や目に見えない「物」の売買、現金以外の支払いの仕方等、子供たちにとって身近なことからあまり聞いたことがない言葉や方法まで学ぶことができました。「無駄遣いしないようにしよう。」という声に子供たちはうなずいていました。日常生活の中でお金を遣う場面は多くあります。支払う場面や方法に応じてお金を賢く遣ってほしいと思います。

    本事業は、学校特色化推進事業により行われています。
  •  レインボー学級は、毎年レインボーの公式キャラクターを決める「ゆるキャラグランプリ」を開催しています。今年も、レインボー学級の児童がゆるキャラを考え、投票を行いました。1年生から6年生までたくさんの児童や教師、保護者の皆様から471票もの投票をいただき、公式キャラクターが決定しました。
     2021年度レインボー公式キャラクターは 6年生の児童が考えた「レインモ~」です。丑年にちなんだキャラクターで、レインモ~が鳴くと周りの動物もレインボー模様になります。レインモ~の鳴き声を聞いて、一人ひとりの心にたくさんの色がついていってほしいと思います。
  • 第4回避難訓練

    2021年2月5日
      第4回避難訓練が2月5日の3時間目にありました。
      今回の目的の一つは、火災発生時に安全に避難することです。
      静かに運動場へ避難し、整列することができました。
      いつどこで災害が発生するか分からないので、常に自分の頭で安全に避難するにはどうすればよいか考えて行動する習慣を身に付けさせたいと思います。
    •  5年生を対象に、アンサンブルムジークの皆さんをお招きして「弦楽鑑賞教室」行いました。
       弦楽四重奏による華やかなオープニングの後、楽器紹介をしてくださいました。バイオリン・ビオラ・チェロの音色や演奏の仕方、楽器の大きさによって音の高さが変わることに気付くことができました。また、音楽科の時間に学習した曲や有名な合奏曲を曲想を感じ取りながら聴きました。弦楽器の優しい音色や美しい響きを目と耳で十分に聴き味わうことができ、優雅なひと時を過ごしました。

      本事業は、学校特色化推進事業により行われています。
    • 全校朝会

      2021年2月2日
        2月1日、全校朝会がありました。
        はじめに、児童代表が朝の挨拶をしました。爽やかで元気のよい挨拶ができ、立派でした。
        次に、校長先生から「節分」の話をしていただきました。
        今年の節分は、
        2月2日、立春は2月3日です。 
        これは、124年ぶり(明治30年・1897年以来)です。

        宇宙、天体、数学、歴史、人物、時代、文化など
        「興味を持ったことを調べてみよう。」
        と話されました。
        朝会終了後、「私のまちのたからもの」「読書感想画」の表彰式がありました。受賞した児童たちは校長先生から賞状をいただき、自分のがんばりが認められ、とてもうれしそうでした。