2022年

  • 地域が少しでも盛り上がるよう、本校文化委員会は、佐久間中学校の様子を地域(JR飯田線中部天竜駅)に発信しています。今回は9月分の発信となります。10月から3年生から2年生へリーダーがバトンタッチされますので、前期委員会活動最後の地域への発信となりました。中部天竜駅のお近くにお出かけの時はご覧ください。
  • 11月11日に予定している「文化活動発表会」有志による発表のオーディションがスタートしました。本年度は3組の生徒が希望をしています。本日は、そのうちの2組のオーディションが行われました。1組目は、1年生の下山君。かなり高度なピアノ曲を演奏してくれました。体育館のステージで演奏すれば、きっと、参観してくれる皆さんがその演奏にびっくりされると思います。楽しみです。2組目は、1年から3年生のダンスチームです。私たちのダンスで会場を盛り上げたいと出場を決意してくれました。3人の息がぴったりそろっていて、きっと会場を盛り上げてくれるだろうと思いました。
  • 台風14号の影響を受けて、19日からJR飯田線が運行を見合わせていることを受けて、20日本校では臨時休校とし、家庭においてオンライン学習を実施しました。朝8時20分、通常の時間で朝の会を実施。生徒全員の健康状態をチェックしました。その後、午前の4時間、事前に予告しておいた教科の授業をオンラインで実施しました。災害時のオンライン学習は昨年度より実施しており、生徒は慣れた様子で朝の会を迎えていました。
  • 3年生の社会科では、社会権や平等権など権利について学んでいます。その中、本時では、下記写真のいつくかの事実を時系列で並べる導入があり、生徒たちは頭を抱えながら、並べていました。グループで話し合った後も、何か違和感を持つ生徒が何人もいたようですが、結論は、外科医が母親だったということが認識できなかったためでした。「ドクターは男性」などどいう一種のジェンダーの意識が、生徒自身にもあることを認識できた授業でした。「ジェンダーフリー」の意識で物事を見ることを確認できた学びだったと思います。
  • 9月29日に実施される「中高合同体育」に向けて、紅白それぞれのチームの練習が本格的になってきました。点数種目の「よさこいソーラン」に磨きをかけるチーム、やはり点数種目のリレーに勝負をかけるチーム。それぞれのチームが異なる場所で、相談をしながらチーム力を高めていました。
  • 新人戦壮行会!

    2022年9月15日
      令和4年度の夏季大会が終了し、主力が1,2年生にバトンタッチして最初の公式大会に向けて、先日、3年生が企画した壮行会が開催されました。既に、陸上部は西部通信陸上が開催され、西部大会3位で共通女子砲丸投げの桃井さんが、10月1日に実施される県大会への出場が決まりました。今後、9月24日に浜松市陸上競技大会が、10月9日に藤枝市の県武道館で県中学校新人弓道大会が開催されます。
    • 9月朝礼!

      2022年9月14日
        9月朝礼が先日実施され、まず朝礼に先立って、表彰、任命式が行われました。英語話し方大会の山﨑さん、席書コンクールの追掛さん、私の主張2022の住田君、そして、西部通信陸上大会の桃井さんの表彰が行われました。その後、10月からスタートする後期生徒会会長、村田いち花さんの任命に続いて、いち花さんから各生徒会役員に委嘱状が渡されました。
      • 2学期、美術科の授業では、1年生が「ちょっとすてきなデザイナーになろう!」というテーマで、レタリングを中心に勉強を進めています。2年生では、「今を生きるわたし!」というテーマで自画像の制作をしています。どちらの学年も、生徒が制作に没頭し、心地良い学びの雰囲気に包まれていました。
      • 文化委員会が地域の活性化の一助になるように、地元の中学校の情報を、地域の方々が利用する駅舎に掲示させてもらい、定期的に情報発信をするようにしています。9月の壁新聞は、9月29日に予定されている「中高合同体育祭」の記事です。駅を利用している人の目に触れ、地域の学校を中心に、郷土を意識していただく機会になればと思います。
      • 本年度の学校保健委員会は佐久間小学校と浦川小学校の5・6年生との合同開催となりました。講師に佐々木雅啓さんをお招きして、「自分らしさを大切にしよう」というテーマで講演をしていただきました。保護者の方、CS委員の方にもご参加いただき、途中から小学生、中学生、大人が混じったグループを作り、自分のマイナス点を発表し、聞いた人からその裏返しのプラス点を教えてもらうグループ活動も実施しました。スタート時点での緊張した様子が時間が経つにつれ、和やかな雰囲気に変わっていきました。自分を元気にするコツを掴むことができたでしょうか?