2021年4月

  • 本日、2年生の国語では、ICTを利用した協働的な学びをしました。ICTで利用したアプリは、ベネッセが開発したミライシードの中の「ムーブノート」というソフトです。生徒が、本時の課題に対して、自分のPCから自らの考えを入力すると、前面の大型テレビに全員の考えが映し出されます。それを相互評価したり、それを基に話し合い、自分の考えを深めていきます。ノートで書いていた時よりも、リアルタイムで大型テレビに出すことができるため、話し合いが活発になります。一人1台のPC、ICTの良さですね!
  • 3S学習会!

    2021年4月30日
      本校では、生徒の基本的な知識の定着を図るため、国語、数学、英語の学習会を計画しています。名前を「3S<SSS>」。意味は「佐久間水曜スタディ」。国語科、数学科、英語科で、基本的な問題を事前に出しておいて、そのテストを実施します。先日、本年度、最初の3S(国語)がありました。なお、満点を取れた生徒については、朝礼で表彰も行っています。
    • 本校で美術科の指導をしてくれている非常勤講師の鈴木真佐雄先生の御紹介をします。本日の1年生の授業では、「見つめると見えてくるもの」というテーマで、身の回りの日常生活で見られるものも、じっくり見つめてみると、その形の不思議さや魅力が見えてくる。さらに見つめていくと、実際にはないが、自分の世界が見えてくる。そんな絵の制作に取り掛かろうとしていました。どんな世界観を生徒が表現してくれるかとても楽しみです。
    • 貧血・心電図検診

      2021年4月27日
        中学校では、生徒の健康を管理するために、様々な健康診断を行っています。例えば、内科検診、耳鼻科検診、眼科検診、歯科検診などですが、その他に、先日行われた、貧血検査や心電図検査などがあります。身長も体重も大きく変化をする中学時代、健康を維持する上で欠かせない検診です。下の写真は、1年生の貧血検査の様子です。痛さをこらえている様子が可愛いですね!
      • 弓道部鈴木三成杯

        2021年4月26日
          4月11日、可美の浜松弓道場において、鈴木三成杯弓道大会が行われ、本校から2年、3年の生徒5名が参加しました。結果は、12射中4的の3年北島君と2年柴田君が3位で並び、順位決定の末、3年北島君が3位となりました。6月下旬に行われる県大会に向けて、幸先の良いスタートが切れました。
        • 4/25(日),ソフトテニス部は浜松選手権大会に挑みました。
          江間先生曰く,練習で身についたことがしっかり試合で発揮できた場面もあり,それが勝利につながったとのことです。
          悔いが残った面もあったようですが,これまでの大会と比べ成果も表れ,夏の大会での飛躍がとても楽しみです。
        • 本日、本年度、第1回目の参観会・PTA総会・教育後援会が開催されました。参観された授業は、1年保健体育科、2年学級活動、3年社会科で、各学級担任の授業を参観しました。2年生の授業では、一人1台のPC(Chrombook)を使ってメディア依存の課題について学びました。特に、ベネッセのミライシードを使って、全員の意見を大型テレビに映し出して、協働的に学べる点はICTの強みだと思います。また、その後、体育館に移動して、市村PTA会長のもと、PTA総会を、巣子守教育後援会長のもと、教育後援会が開催されました。
        • 本校で木曜日に勤務されている非常勤講師の先生方とALTの先生を紹介します。技術科は神谷先生です。写真は1年の技術科の授業の様子です。家庭科は丸山先生です。写真は2年と3年の家庭科の授業の様子です。また、ALTは今日までクリストファー先生が勤務されていましたが、今後、写真のシェーカー・タンワール先生が勤務することになります。
        • 防災講座!

          2021年4月22日
            天竜区役所区振興課から、講師として盛下さんと春元さんにお出でいただき、「家庭内DIG」による防災講座を実施しました。あらかじめ、自分の家の平面図を描いてきて、その中で考えられる危険な個所を探っていきました。転倒しそうな家具、テレビ、落下しそうな照明器具など、多くの危険があることが分かりました。また、ブレーカーの位置やマイコンメーターの位置についても確認することができ、いざという時に役に立つ知識を得ることができました。
          • 本年度、第1回の学校運営協議会が開催され、授業参観の後、熟議を行いました。
            3年生の理科の授業では、NHK FOR SCHOOLに自分のPCからアクセスして、学習課題に関する動画を見て、しっかり課題をつかむことができていました。手元で自分が納得いくまで動画を見ることができるのが、学習ツールとしてのPCのいいところです。
            2年生の社会の授業では、授業の最初に自分のPCで、先生オリジナルの自動採点ドリル(Forms)を4分間で実施しました。参観された委員の皆さんからは、生徒のPCに使い慣れた様子に感心の声が上がっていました。
            1年生の数学の授業では、ミライシードの中の「ドリルパーク」という問題演習を実施していました。単元が終了した後、自分の理解を深めるために自ら選んだ問題を解いていきます。
            熟議の中では、学校経営方針に絡んで、「校外学習時の失敗体験が、「なぜ」「どうして」という課題を生み、その課題に挑むことが、人としての成長につながる。」そんなお話も出され、充実した熟議がされました。また、「GIGAスクール構想」に関して、Wifi環境を整備するため、整備を求めている家庭に国の補助金を使うよう意見が出されたり、「コミュニティースクール」を運営する中で、運営の両輪となる「地域学校協働本部」の設立に関して、行政主導で進めていってほしいとの意見も出されました。