図書室にある本の紹介

2018年7月25日
    本日から夏休みに入りました!!
    学期中とは違って、少し時間に余裕があると思いますので、たくさん本を読んでくれると良いなと思います。

    図書館支援員の夏目さんから教えていただいたお薦めの本を紹介します。

    作品名 「嘘の木」

    著者 フランシス・ハーディング

    <あらすじ
    嘘を養分に育ち、食べた者に真実を見せる実のなる不思議な木。14歳の少女フェイスは、その木の実を食べて父の死の真相を暴こうとする。
    時代背景に負けない持ち前の知恵と行動力で真実に近づいていくフェイス。

    ちょっぴりダークな前半だけど、ハラハラドキドキが止まらない。ラストは一気読みです!!