2014年9月

  • 新人大会壮行会

    2014年9月25日
       9月24日(水)に新人大会壮行会が行われました。


      各部活動の新人大会への意気込みや抱負が述べられました。


      野球部は9月27日(土)に天竜球場で14:00から可美中学校と1回戦です。


      女子ソフトテニス部は9月27日(土)に美園中央公園で9:30から天竜中、11:00から東陽中と試合です。


      女子バレーボール部は10月4日(土)に岡崎中で10:00から東部中、14:00から江西中、10月5日(日)に岡崎中で9:00から笠井中と試合です。


      芸術部は10月11日(土)に浜名湖ガーデンパークで8:50~15:30まで秋の写生大会です。


      剣道部は10月18日(土)に浜北グリーンアリーナで13:00から可美中、積志中、湖東中、三方原中と団体戦です。また、10月19日(日)に浜北グリーンアリーナで13:00から個人戦があります。


      弓道部は10月5日(日)に浜松市弓道場で9:00から浜松市スポーツ祭があります。


      1,3年生から2年生へエールが送られました。


      最後に校長先生からお話しがありました。
      1年生から新人大会や夏季大会に出場しているため「経験」では他の学校を上回っていることに加え、学年を越えて仲が良く、一つのチームとなっていることが本校の強みであるとの激励の言葉をいただきました。


      各部活動、精一杯取り組み、それぞれが悔いのない大会になることを期待します。
    • 体育大会

      2014年9月25日
         大会スローガン「NEVER GIVE UP ~自分を信じ 最後まで~」のもと、準備から片付けまで一生懸命活動しました。
            

         雨が心配されましたが、一日中涼しい天候に恵まれ無事に各競技を行うことができました。生徒が特に力を入れたのは全校団体種目「ヨサコイ」と赤組・白組のそれぞれの応援合戦です。
         ヨサコイは、迫力のあるキレのある動きで観客を沸かせました。

           

           

         応援合戦では、それぞれの組の3年生が考えた劇やダンスが披露されました。

           

         生徒会種目も見応えのある競技となりました。

           

         最後の赤白対抗全員リレーでは、白熱した壮絶な展開となりました。

         

         御来席いただいた保護者や地域の方々、本当にありがとうございました。また、佐久間高校のボランティアの御協力にも感謝申し上げます。皆様の御協力があってこそ、成し遂げられた体育大会だと思います。これからも佐久間中学校をよろしくお願いします。


                    ~赤組~


                    ~白組~
      • 佐高体育大会見学

        2014年9月19日
           9月17日(木)に佐久間高校の体育大会があり、中学生は午後の部の見学をしました。

             

          生徒の日記にて、
          「高校の体育大会は迫力があってとても盛り上がっていた」
          「あんなに速く走れるなんてさすが高校生!私も高校生になったら走れるのかなぁ」
          「いろいろな種目があっておもしろかった」
          「中学校の体育大会も盛り上げていきたい」などの感想が書かれていました。

             

          中学校の体育大会は9月20日(土)。
          赤組・白組に分かれての紅白戦です。
          大会スローガン「NEVER GIVE UP ~自分を信じ 最後まで~」のもと、盛り上がる体育大会にしていきましょう!!
        • 9月11日(木)2・3年生対象に職業講話が行われました。
          山ちゃんファームで有名な春野町の専業農家「山下光之」さんが来校し、農業の魅力について教えてくれました。
          終始笑顔の山下さん、自分史年表を紹介し始めます。
          中学では野球部で運動神経抜群、高校でボクシングを始め、23才でプロ。
          生徒はその華やかな経歴に生徒は目を皿のようにして聴き入っています。
          24才、3代続く専業農家を継ぐことを決心し、夢と希望を胸に農業の道を歩み始める山下さん。
          ところが・・・
          「自然を相手にする職業は苦労の連続です・・・・。もうダメだ・・・」失意のどん底を味わう山下さん。
          台風の被害、土壌病害、害虫による食害・・・生徒は身動きすらできずに山下さんを注視しています。
          一度はあきらめた夢からどのように立ち直り素敵な農業にたどり着いたか、いつもの笑顔に戻っての山下さん。
          「感謝・笑顔」をキーワードに熱心に語りかける光之さんの講演を聴き終え、生徒の感動が文面にあふれます。
          『頼まれごとは、試されごと』『0.2秒の返事』『できない理由をいわない』『今できることから始める』
          多くの生徒が心に止めた言葉です。
          農業の魅力から始まり生き方まで熱く語ってくれた山下さんの思いが確実に生徒に伝わったようです。








        •  9月8日(月)から9月26日(金)まで、中尾升美先生が教育実習を行っています。
          教科は英語で、担当クラスは2-Aです。







          この教育実習をとおしてさまざまなことを学び、生徒とともに成長してほしいと思います。
        •  地域ごと保護者と教育について懇談する会を7月に行いました。その際、
          子どものスマホやIPODなどの使い方が話題になりました。保護者の方から
          「親も、もっと勉強して子どもに使い方などアドバイスできるようにしたい。」
          という意見が数多く聞かれました。そこで、今回保護者と教師で勉強する会を
          持つこととなり、9月3(水)15:00から「ケイタイ安全教室」が開催されました。
           本校のスマホの所持率は多くはないものの、ほしいという生徒が大半です。
          上手に活用してほしいという願いのもと、トラブルや危険性など学習しました。
          講師は、瀧さん・松田さん・鴨狩さんの3名。静岡から駆けつけて下さいました。
          実際に起こった事件や事故をもとにした、ドラマ仕立てのDVDを見ながら、
          ネットいじめ、誘い出し、プライベートな画像流失、誹謗中傷、長時間利用など勉強しました。
          良い点や素晴らしさの裏側で、子供たちが事故やトラブルにかかわらないように
          大人が、機器の特徴をつかみ上手に保護することが大切であると思いました。
           生徒にもこのような話を、機会をとらえてしてく必要性を感じました。





        • 中高合同防災訓練

          2014年9月1日
             本日の2校時に防災訓練を行いました。
             高校に同居している本校では、防災訓練も中高合同で
            行います。
             グランドに避難した後、体育館に移動し、通学区別に
            人員を確認しました。
             その後は高校の先生の御指導のもと、クロスロードに
            取り組みました。生徒たちは災害対応を自らの問題として
            考え、かつ、自分とは異なる意見・価値観の存在に気づ
            くことができました。





          •   既に8月末から、体育大会の全校種目である
            「ヨサコイ」の練習が始まっています。
              始業式終了後に全校生徒が集まり、練習に精
            を出しました。





          • 始業式

            2014年9月1日
               2学期が始まりました。
               始業式では、1年 南山涼さん、2年 柴田悠樹さん、
              3年 南山光さんが、2学期の決意を発表しました。





               内容もさることながら、3人の、体育館内に響く凜と
              した返事に2学期にかける思いが強く感じられました。
               校長先生からは、「規律ある集団」を目指してほしい
              とのお話がありました。