2014年8月

  • 6月28日(土)剣道部の個人戦がありました。
    佐々木君こそ1回戦を突破したものの、高氏君、大平君、柴田君ともに
    時間いっぱい攻め続けたものの決め手に欠き敗退してしまいました。
    思えば、大会前に体調を崩し、十分稽古に打ち込めなかったことが悔やまれます。
    少ない部員でしたが、佐久間高校生に胸を借りて一生懸命練習に取り組んで来ました。
    最後の夏の大会と3年生は勝負をかけたのですが、
    県大会の切符を手にすることはできませんでした。この悔しさを団体戦にぶつけようと
    7月6日(日)浜北グリーンアリーナに臨みました。
    予選リーグは5校で戦い、2校が決勝リーグに抜けます。
    曳馬中・光が丘中・浜松西部中・浜松西高中等部と
    どのチームも実力は僅差、勝利の女神がどの学校にほほえむのか。
    曳馬戦は1-2負け、光が丘戦は0-3で負け、がっくりきてしまった佐久間中は、
    浜松西部中にも0-2で負け、最終戦を待たずして予選敗退が決まってしまいました。
    予選敗退が決定した今、次の試合は意味がないと一瞬頭をよぎったそのとき、
    監督から「最後まで、粘り強くやろう!佐久間の意地を見せろ!こんなもんじゃないだろ!」
    最終戦を全力で戦い、3-2で初勝利。
    しかし結果、第4位で夏の大会をあとにすることとなりました。
    3年生、お疲れ様でした。