2013年4月

  • フライ☆

    2013年4月30日
      4/30 今日の給食は、ご飯、牛乳、かつおチーズフライ、
      ほうれん草のごま和え、のっぺい汁でした。



      個人的には、久しぶりに給食で里芋を見かけた気がしてとてもうれしくなりました

      今日の人気は、揚げ物!!つまり、かつおチーズフライでした
      やはり、揚げ物があると生徒は喜んでいます
      年の近い私も、同じ気持ちでうれしいです
      明日からは5月です!
      連休に挟まれて少し身体の調子も整っていないかもしれませんが、
      五月晴れのもと、しっかり栄養を補給しましょう

           
    • テスト

      2013年4月30日
        4/21(日)、部活動懇談会の裏で、
        1~3年生は数学のテストを行いました。
        まずは1年生。
        中学生になって初めてのテスト。
        内容は小学生の算数の復習です。
        皆さん、できはどうでしたか?













        続いて、2年生。
        1年生の復習です。
        数学は積み上げ教科ですから、
        ここでもう一度チェックしておくことは大切ですよね。









        最後に3年生。確率の問題です。
        写真がなくて、ごめんなさい。
        速さなどのように、目に見えないものを捉えて、
        表すことはとても難しいことです。
        でも、それができるのが数学の良さの一つかもしれません。
        皆さん、出来具合はどうでしたか?


        1~3年、それぞれ内容も違えば、狙いも違います。
        でも、大切なことがあります。それは、
        、間違えたところ、よく分からなかったところをきちんと復習し、
        マスターしておくこと・・・。
          つまり、
        「間違えたところを間違えたままにしない」。
        「失敗を失敗のままで終わらせない」
        ということです。
        間違えたことは良くないこと!?
        そうではありませんよね。
        間違えたことによって、自分の何が足りないか、不十分であるかがはっきりします。
        一番恐ろしいのは「わかったつもりになっている」だと思います。

        これはスポーツでも同じで、出来るつもりになっていると、大火傷を負いますよね。
        間違えることによって、より良い自分が創られます。
        皆さん、テスト後の自分はどうでしたか?


      • 3年教室

        2013年4月30日
          4/25の朝、3年生の教室の風景です。


          3年生は修学旅行でいないため、何となく教室が寂しい気がします。
          背面黒板には、修学旅行関係の掲示物。


          そして、その隣には・・・。


          その言葉の下には、群読用の今月の詩。


          前を見れば、学級目標。


          下には!?よく見えない私が近づいて見ると、
          みんなの握り拳!!






          感動しました。
          何か、3年生の今年にかける気迫が伝わってきました。


          そして、前面の黒板には・・・・。
          先日、HPにもアップしましたが、これも私にとっては感動ものでした。

        • 4/21(日)、参観会がありました。
          その参観会で3年生は道徳の授業。



          今日は個性の尊重。
          「みんな違って みんないい」の金子みすゞさんの詩を紹介しながら、
          自分の良さと級友の良さを考えます。



          なんて書いた!?


          ふ~ん。


          ちょっと、恥ずかしい!?


          えーっと・・・。


          う~ん・・・・。



          なかなか自分の良さを見つけられない人もいるようです。
          そこで、山本先生が級友の良いところを書いたことを生かしながら、
          周りの人と相談するように助言すると・・・。


          あちこちで笑顔,笑顔、笑顔。


          周りの人から言われると、ちょっと照れますね。
          でも、友達の一言で気づくこともあります。



          最後に、自分の良さの発表です。



          「自分を好きになれない人は、他人を好きになれない」と
          心理学の本で読んだことがあります。
          もちろん、自分には欠点もあるし、改善しなきゃいけないところもたくさんある。
          でも、良いところがある・・・。

          これは周りの人に対しても同じなのかもしれません。
          彼には欠点もあるし、改善してほしいところもたくさんある。
          でも、良いところがある・・・。

          こういう視点がある事って、大切ですよね。
          自他の尊重は、ここから始まるのかもしれません。


        • 4/25 すがすがしく晴れたこの日に、
          1年生は「遠足・世代間交流」でした。
          お弁当の日でしたので、「おにー1グランプリ」を開催しました
          これは、おにぎりの中身や飾りを工夫したおにぎりを
          自分でつくるというものです☆
          みんなそれぞれの思いで特製おにぎりを作ってくれました

          一人ひとり紹介します!まずは男子から
          勘太さん☆にっこり笑顔のおにぎりが素敵ですね!


          翔太さん☆形の整ったおにぎりがいいですね!


          優祐さん☆中身のぎゅっとつまったおにぎりです!


          健大さん☆中身は何でしょう~?!


          祐希さん☆さすが剣道部!上手にできましたね!


          開斗さん☆この笑顔が今日の出来栄えを語っていますね!


          悠樹さん☆ドラえもんに肉巻きに・・・ドラちゃんがかわいいですね!


          好汰さん☆朝ごはんの時間を削って、作ったドラちゃんおにぎりです!


          優太さん☆おにぎりマンです!!表情がかわいいですね!


          侑希さん☆日の丸おにぎりが力強いですね!!


          男子もそれぞれ個性的なおにぎりでしたね
          おいしかったですね私もみんなが作ったおにぎり食べてみたかったです

        • 百人一首

          2013年4月28日
            4/22(月)、1年生の国語の授業です。
            黒板に書いてあることは「!?」


            そして、教室の机の位置は?そして小さいカード?


            そうです。この日の国語では、百人一首をやっていたのでした。
            うまく読めないひらがなについて、千穗先生が解説します。


            みんなわかるかな?
            これ以外でも「けふ」を「きょう」と読むなど、いろいろあります。
            でも、敢えて全てを教えず、
            百人一首を学びながら身につけていく方法をとってました。


            ドキドキ・・・。


            これであってるかな?


            ハイ!!


            どっちが早い!?



            最後に3連写!!!







            とっても楽しそうに学んでいました。
            自然と大きな声が出てしまっていましたね。
            「暗唱」「暗記」は、脳の働きをよくするために、とても良いそうです。
            古の人の感性に触れながら、頭を鍛え、心を豊かにしてくださいね。
          • 立志の誓い☆

            2013年4月28日
              4/21 本校で立志式がありました。
              その様子が、4/23付の中日新聞に掲載されました



              12名がそれぞれの決意を込めた言葉を色紙に書き、それぞれの決意を
              述べました
              一人ひとり、自分と向き合い、自分の想いを大切に、この式を迎えました

              この決意を忘れることなく、成長していってほしいと思います

              2年生の12名がとても輝いて見えますね
            • 立志式(番外編)

              2013年4月27日
                4/21の立志式。
                とってもうまくいったのは、たまたまではありません。
                もちろん、陰の努力となる練習があったからこそです。
                その練習の様子を今日は紹介します。
                まずは、一人一人発表する場面。


                大きな声ではっきりと!!


                なるべく原稿を見ないで・・・。


                次に校歌。
                人数が12人しかいないということは、
                一人一人により大きな力が求められます。


                柊真さん、本番の演奏はこの練習の成果ですね。


                指揮者をしっかりと見ていますね。


                歌声が聞こえてきそうです。


                ひたむきさが感じられます。


                凌雅さん、一生懸命やった人には、必ずご褒美がある。



                努力は裏切らない神さまです。
              • 遠足・世代間交流

                2013年4月27日
                  4月25日に1年生は遠足と世代間交流を行いました。

                  遠足では松山公園までいきました。



                  住友先生と千穂先生のお話を聞いた後、教頭先生と学校へ向けて

                  「行ってきます!」




                  道中は中部の裏道を通りながら



                  なかっぺ橋を通り、中部天竜駅前に行き、



                  B型鉄橋を通って、松山公園を目指しました。



                  松山公園の入り口につく頃には、ちょっと疲れが見え始め



                  小休憩を取りました。



                  休んだら元気いっぱい、ずんずん進んで頂上を目指します。
                  以前先生が下見をしたときよりも草が生い茂り、
                  また、前日の雨の影響で少し滑りやすいところもありましたが、みんながんばって歩きました。



                  そして頂上に到着!
                  みんな達成感よりも疲れの方が大きそうでした。



                  疲れがとれてくると景色に感銘したり、友達と遊んだりして過ごしました。





                  十分遊んだ後は中部の町の裏道を通り、学校へ帰りました。


                  昼食のオニ-1や世代間交流でのゴマちゃん作りは、また後日掲載したいと思います。
                • 立志式 その3

                  2013年4月26日
                    4月21日に2年生の立志式が行われました。
                    「はままつ人づくり推進事業」の一環です。
                    保護者、学校評議員の皆様が、参観していただきました。
                    今日は、サプライズプレゼントについてです。

                    誓い発表の後、櫻井先生からサプライズがありました。
                    なんと保護者の皆様からの手紙があったのです。


                    みんな黙々と読んでいます。


                    言葉には出せないことも、手紙なら伝えられることがありますよね。



                    驚きながらもとても感動している様子でした。



                    真一先生、真也先生の心配りに、感動している生徒もいました。



                    その後、指揮:凌雅さん、伴奏:柊真さんによる校歌をみんなで歌いました。
                    柊真さんはずっとうまくいくか心配をしていましたが、とても上手に伴奏ができました。



                    最後に先生や保護者も入っての記念撮影で会は終了しました。





                    とっても素晴らしい立志式でした。
                    学校評議員の皆様からは、
                    「入学式の時とは全く違う。立派だ。」
                    「一人一人が、堂々と話をしていた。」
                    「誓いの言葉の内容が良い。」
                    「人数が少なさを感じさせない素晴らしい校歌だった。」
                    など、とても高い評価をいただきました。
                    2年生の皆さん、お見事です。

                    でも、この式が生かされるために、あえて手厳しいことを言います。
                    言葉に出しただけで、まだ何も変わっていないのです。
                    私もそうですが、人は目標を立てると、それに満足し、
                    もう、既に何かやりとげた気になってしまいます。
                    しかし、まだ何も変わっていない・・・。だからこそ、
                    変えていくのは今から・・・。そしてそれは皆さんから・・・。

                    2年生の皆さんの成長を心より、期待しています。