佐中100選 その30

2013年3月31日
    <題名> 99の涙~ほんとうにあった、こころを癒す10の物語
    <作者> リンダブック編集部

    <あらすじ>
    ・ 幼くして逝った息子の病室を掃除する母親。息子が七夕の短冊に書いたねがいとは・・。母親の悲しみを描いた「七夕の雨」。家族の愛情を描いた「おかえりなさい」ほか。やさしい涙に包まれる12篇の短編小説集

    おすすめポイント
    * 泣きたいときに読む本と、紹介されている。確かに一編一編が、心の中に響く。自分の身の回りのちょっとしたことが、人事ではなく自然に涙が流れている。