2012年10月

  • あったかポトフ☆

    2012年10月31日
      10/31 今日の給食は、食パン、牛乳、ツナ炒め、
      ポトフ、フルーツヨーグルトでした。
      今日は朝から霧が立ち込んでいて肌寒い1日でした。
      そんな中でのポトフ。とってもおいしかったです
      そして、フルーツヨーグルトも中学生にとってはうれしい
      メニューです


      ちなみに今日はハロウィンいろいろな国で、
      イベントが行われているようですね!!
      明日から11月
      食欲の秋、芸術の秋を楽しみましょう
    • すごい霧・・・。

      2012年10月31日
        10/31、今朝の佐久間はすごい霧でした。
        7時頃でも、まだ霧の中です。


        高校の体育館から先も全く見えず・・・。


        当然のごとく、校舎も霧の中・・・。山は全く見えません。


        8時頃まで、この状態が続きました。




        しかし、8時30分頃から、徐々に霧が晴れ始め、


        9時00分には、すっかり晴れて太陽の光が降り注いできました。


        今朝、水窪地区は6度だったそうです。
        1日1日、秋から冬へと歩んでいきます。
      • 跳び箱 その2

        2012年10月31日
          10/25、2年生の保健体育の授業の様子です。
          前回よりレベルアップして、台上前転の練習をしていました。


          ウォーミングアップが終わり、低い方には高木先生が指導をしながら補助につき、




          高い方には、2人の補助がつきます。


          おっと


          だんだんきれいな跳躍、前転になってきました。




          そこで、もう1段加えます。
          すっと自然に協力できているのが素晴らしいです。






          低かった方も・・・。
          こちらも4人であっという間に準備できました。




          低かった方も、高い方と同じ2人の補助がつきます。
          でも高くなってちょっと恐怖心が・・・。


          そこで、高木先生から、


          もう少し、助走にスピードを付けて・・・。
          その結果、跳躍が大きくなります。
          できている人も、より高く、ゆとりがあるように跳びましょう。


          すると、助言を生かして、よりスムーズに前転できるようになりました。




          前回の跳び箱よりも、みんなスムーズに、美しく跳べるようになりました。
          練習と経験は生かされる」「助言の質とタイミングが大切」と感じた授業でした。

          また、校長先生が2学期の始業式でおっしゃった、
          一歩踏み出す勇気」をみんな達成した授業したね。
        • 10/23、進路講座が佐久間中学校で行われました。


          講師は、佐久間高校の大瀬副校長先生と村松先生。


          始めに、大瀬副校長先生から


          佐久間高校の特色の一つである、自分の進路に合わせて
          普通と商業が学べることをパワーポイントを用いて説明してくれました。




          みんな食い入るように、画面を見つめています。


          そのほか、大瀬副校長先生からは、特色ある行事として、
          ①入学当初のガイダンス・オリエンテーションを兼ねた海の村合宿、
          ②文化祭(佐高祭)、③修学旅行(韓国)等が紹介されました。

          続いて村松先生から説明がありました。


          授業のカリキュラムや進路実績、部活動の実績などの説明がありました。
          みんな真剣です。今後の3年間のことですから・・・。


          保護者の方も参加されていました。


          当日、配布された冊子です。


          読ませていただきました。表題の通り、
          「先輩からのメッセージ」
          とてもあたたかかく優しく、そして厳しく・・・。
          読んでいて、ちょっと感動しました。

          こういう文章が書ける高校生っていいなあ~と思いました。

          いよいよ中学3年生の皆さんは、厳しい時期に入ってきました。
          2年生も、中学校生活は半分を過ぎました。
          校長先生のお話ではありませんが、一歩進む勇気と実行力を!!!
        • スイーツ!!

          2012年10月30日
            10/30 本日の給食は、ご飯、牛乳、おひたし、
            厚揚げの味噌炒め、うずらの卵のすまし汁、焼き
            プリンタルトでした。
            やはり、人気は焼きプリンタルトです
            このようなスイーツが出ることはほとんどないので
            生徒たちは大喜びでした
            そんなおいしい給食をいただく前には、きちんと
            服装を整え、配膳係をはじめ、みんなで準備を
            します。今日は2年生の配膳中の写真を1枚紹介
            します。


            カメラを向けるとついつい気になりカメラ目線を
            してしまうのは、元給食委員の光貴くんです。
            新給食メンバーのアドバイス係をしてくれている!?
            と思います
            メニュー写真は


            おいしかったですまた、スイーツ出してください
          • 焼き肉丼!

            2012年10月30日
              10/29 の給食は、ご飯、牛乳、焼き肉丼の具、
              ほうれんそうとキャベツのからし和え、いものこ汁
              でした。給食では野菜が多いので、久しぶりのお肉
              は生徒にとってうれしかったようです!
              やはり、スタミナがつきますよね
              写真はこちら


              旬の里芋がやわらかくておいしかったです!
              ごちそうさまでした
            • 10月17日(水)に3年生の秋の遠足・世代間交流が行われました。
              今まで、遠足、弓道、アーチェリーと紹介してきましたが、
              今回が最終、レクリエーション編です。

              旧浦川中学校前の河原でお弁当を食べました。
              穏やかできれいな相川での食事は格別でした。
              早く食べ終わった人が、水切りをして遊んでいました。
              女子でも、なかなか上手な人がいました。


              レクリエーション、男子はキックベースボールです。






              女子は・・・。驚いたことに、組み体操をやっていました。
              ポーズ1


              ポーズ2


              さすが、体が柔らかい・・・


              何をするのかな?


              もしかしてこれは・・・。(暗くてごめんなさい)


              そうです!!ピラミッドでした!!(暗くてごめんなさい)


              小川先生、外から見て、何事かとびっくりしたそうです。
              marvelous!!

              そして、解散式をやり、


              飯田線で帰りました。


              午後には、一時雨も降りましたが、
              弓道やアーチェリーは、ほとんどの人が初めての体験で、
              遠足やレクリエーションも久しぶりとあって、
              とても楽しい1日を過ごすことができました。

              活力をもらった1日でした
            • 10月17日(水)に3年生の秋の遠足・世代間交流が行われました。
              前回は、弓道編でした。今日は、アーチェリー編です。
              アーチェリーでは夏目さん、近藤さんにご指導をいただきました。

              弓を選んで


              お話を聞きます。


              アーチェリーも、弓道同様、
              ふざけ半分でやったら、とても危険なスポーツです。


              アーチェリー場に移動します。


              弓道の矢よりもちょっと短い!?


              見本を見ながら、


              おそるおそる、


              やってみます。


              佐久間中のロビンフッド!!



              夏目さんの模範演技。
              持っているのは競技用のアーチェリー。
              「格好いい」ですよね。


              お話を聞いて、お礼を言い、


              記念撮影。


              アーチェリーのには照準器がついており、
              照準器を頼りにすることで、弓道よりも的を狙いやすいように感じました。
              最後に夏目さんが競技用のアーチェリーで模範演技を見せてくださいました。
              遠い距離からも正確に的に当てるところはさすがと言わんばかりのものでした。

              夏目さん、近藤さん、ご指導ありがとうございました

              次回は、レクリエーション編です。



            • 10/20・21、剣道部の新人戦が、
              浜北グリーンアリーナで行われました。


              20日は団体戦です。団体戦は5人で行います。
              しかし、佐久間中学校は4人しかメンバーがいないため、
              常に1敗からのスタートとなります。


              そんな中、1人が体調を崩してしまい、3人で団体戦に臨むこととなりました。
              そうです。団体戦に勝利するためには、
              誰も負けられなくなってしまいました。
              しかも、引き分けも1人だけです。
              ですが、3人の剣士たちはがんばりました。












              残念ながら、団体戦は予選リーグを突破できませんでした。


              しかし、キャプテンの仲村さんが、先鋒で2本勝ちした試合もありました。
              また、佐々木さん、高氏さんも善戦しました。校長先生、小川先生も、
              「少ない人数でも、あきらめず最後までよく頑張った。」
              と褒めていました。

              個人戦でも、仲村さんが2回戦に進出しました。
              少数精鋭の剣道部を目指して、頑張って下さい!!
            • 跳び箱

              2012年10月28日
                10/19、2年生の保健体育です。
                まずは、そろっている。これは、外せませんよね。


                けがが怖い、保健体育の授業。
                緊張感があり、動作もきびきびしています。
                集中力は大切です。


                にこやかな高木先生。


                でも、みんな真剣です。だから、けがをしにくいんでしょうね。


                3つの跳び箱の紹介をしてくれました。


                手前から2つ目は、約1m。


                そして3つ目は、1m15cm。


                最後は一番奥。1m30cm。


                でも最も驚いたのは高さではなく、
                この器具が浦川小にあったということ。
                つまり、小学生がこの跳び箱を使用していたんですよね。


                はじめは


                跳び箱の上に乗る感じで・・・・。
                これがけがと恐怖心を取り除くそうです。
                「なるほど!」 高木先生に教えていただきました。


                それでは、跳躍シーンを連続で!!
                ただし、カメラマンの腕は余り良くないので、ごめなさい。
















                高木先生がみんなを集めて、アドバイスします。


                すると、今まで飛べなかった人も、


                跳べた!!!!

                これには、びっくり!!すごいです。
                跳んだ生徒はすごい!!教えた高木先生もすごい!!

                ホワイトボードには、今の自分のレベルで、
                跳べる段が記入されていました。
                しかも、開脚、閉脚、・・・etc。

                これからの皆さんの成長が楽しみです。
                跳び箱はある意味、「できた」という実感がわく競技ですよね。
                チャレンジして自分の壁を破る、
                つまり成長したことがわかりやすい競技かもしれません。