6月10日 キャリア教育 6年生②

2021年6月11日
    5時間目に、静岡大学の遠山先生をお招きして、御自身の職業観についてお話を伺いました。
    大学の先生のイメージを児童に問いながら、本職を選んだ経緯を話してくださいました。大学での研究では、「なぜ?」を追究できること、粘り強く取り組むとよい結果につながること、そして御自身が、言われたことをこなすより自分で決めたことをやることが好きということが大きな理由とのことでした。
    研究は、誰も知らないことを調べることであり、その内容を「おもしろい」と思えることが長く続けられると話されました。
    子供たちから質問も出ました。
    「仕事のやりがいはなんですか?」-「研究成果が多くの人に認められることです。」
    「なぜ職場に大学を選びましたか?」-「教育現場が好きだからです。」
    「研究は何人くらいの人で行うのですか?」-「3人くらいから。同じ大学ばかりでなく、他県の人、海外の人ともチームを組んで行うこともあります。」

    大学の施設についても写真を交えて話してくださいました。子供たちは、貴重な勉強ができました。ありがとうございました。

    ※ この活動は、夢育やらまいか事業の一環として行っています。