2021年3月

  •  晴天の中、卒業式が挙行されました。
     コロナ禍のため、参列者を限り、規模を縮小しての開催でした。
     35名の卒業生は、堂々と大きな声で夢発表を行い、卒業証書を校長先生から授与されました。保護者の皆様にとっては、これまでの12年間が思い出され、大きく成長した子供たちの晴れ姿に感慨もひとしおのことと思います。
     1年間、最高学年としてボランティア清掃や挨拶運動、委員会活動や縦割り班活動など、多くの場面で活躍し、下級生にとって大きな目標となる姿をたくさん示してくれた6年生。本当にすばらしい6年生でした。
     卒業してしまうのは寂しい限りですが、追分小学校での日々を胸に、未来に向かって大きくはばたいていってください。職員一同、心から応援しています。卒業おめでとう!
  •  1校時に修了式をリモートで行いました。
     各学年の代表児童が1年間の頑張りを振り返り発表した後、校長先生から1年間の成長と全校の頑張りについてお話をいただきました。どの学年の児童も、学習面や生活面での成長と来年度に向けた抱負などを堂々と発表することができました。
     修了式後には、生徒指導担当から春休みのくらしについての話がありました。また、今年度末をもって転校してしまう児童の紹介もありました。
     2校時は離任式でした。本来は26日に実施の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の現状を鑑みて本日の実施となりました。
     今年度末の人事異動により、6名の先生方が本校から異動します。6年生の代表児童が惜別の言葉を、心を込めて先生方に伝えました。
  •  下校前に全校児童が集まって、地域安全推進員の方や警察の方に、1年間子供たちの安全を見守ってくださったお礼を伝えました。
     コロナ禍で様々な制限がある中、日々、子供たちを見守ってくださった地域安全推進員、警察、そしてスクールガードボランティアの皆様。本当にありがとうございました。
  •  20分休みにあいさつキッズの終了式を行いました。
     本年度の活動を振り返るとともに、挨拶を学校のみんなに広めるため、日々取り組んだ子供たち一人一人に認定証が手渡されました。
     教頭先生からは、挨拶の輪がさらに広がるよう、今年度の活動を来年度も継続して欲しいということや、6年生には中学生になっても挨拶の輪を友達や地域に広げる心をもって挨拶をたくさんして欲しいという話がありました。
     今年度の活動はこれで一区切りとなりますが、挨拶をすることに区切りはありません。これからも、追分小学校の子供たちが元気よく挨拶ができるように願うとともに、学校としても指導を続けていきます。
  • 3月12日 学級清掃

    2021年3月15日
       5時間目に、全クラス一斉に学級清掃を行いました。これは、放課後に職員作業でワックスがけをするためです。
       教室の中の物を全て廊下に出し、隅々まで水拭きをしました。何もない教室を見た子供たちは、その広さに驚いていました。
    • 5年生は、交通安全マップ作りのため、通学路の危険箇所を調査しました。

      自分たちの通学路を調べることで、安全への意識を高めること、
      6年生に向けて、リーダー意識を高めることをねらいとして、
      3つのグループに分かれて通学路を歩きました。

      危険箇所を地図で確かめたり、カメラで撮影をしたりしました。
      歩いている途中でごみを見つけ、拾って帰ってきた子もいました。
      総合的な学習の時間で、環境について考えたことが生きていますね。

      月曜日からは、調べたことをもとに、安全マップを作ります。
      6年生へ向かって頑張ろう!
    •  社会科の校外学習と卒業前のお別れ遠足を兼ねて、浜松城へ出掛けました。
       まずは、浜松城の前身である引馬城(現在は元城東照宮)の見学です。
       続いては、浜松城天守閣の見学です。1月1日にリニューアルオープンしたばかりの室内展示を見学しました。
       天守閣の最上階からは追分小の体育館や校舎が見え、大喜びの子供たちでした。
       最後は浜松城公園でレクリエーションです。フリスビードッジをしたり、ブランコで遊んだりして、仲間と過ごせる時間を楽しみました。
    •  卒業式総練習を行いました。
       関係職員や5年生が集まって、緊張感のある中での練習でした。卒業まで残り僅かです。
       6年生が最後の思い出を作って、晴れやかに卒業できることを願っています。

       また、練習の後には、6年生が6年分の感謝の思いを込めて作った雑巾を先生方に贈りました。成長した子供たちの姿に、職員一同感動しました。雑巾は、大切に使わせていただきます!
    •  3・4年生がピア・サポート教室に参加しました。今回は、コミュニケーションをとる時の大切なことについて演習を交えながら学びました。
       ペアと背中合わせの状況で相手に質問ができない、相手の進捗状況や表情も分からないなど、一方通行のコミュニケーションを体験したのち、向かい合って、コミュニケーションを図る体験をしました。
       背中合わせの時に感じた不安な気持ちとは違い、お互いの顔が見える状態でコミュニケーションをとることの安心感を得られた演習でした。
       子供たちの感想には、

      「言葉で伝わることが多いと思っていたけど、言葉以外の部分で伝わることの方が多いというのはびっくりした。」「相手の表情から、友達の気持ちを感じ取れるようになりたい。」

      といった言葉がたくさん書かれていました。
    •  冬休みの課題であったエコ絵画コンクールで、本校児童が特別賞をいただきました。
       その表彰式を、本日昼休みに校長室で行いました。表彰状と記念品を受け取った児童は、とてもうれしそうな笑顔でした。