2018年12月

  • 2学期終業式

    2018年12月21日
      長かった2学期も本日で終了します。

      朝も寒くなり体育館も冷え込んでいましたが、予定通り終業式が行われました





      2年生、4年生、6年生の代表の子供たちが九九の勉強、係の仕事など2学期に頑張ったこと、持久走大会や発表など3学期に頑張りたいことを発表しました。

      堂々とした発表でとても立派でした






      校長先生のお話では学級ごとに頑張ったことの紹介があり、全学級が表彰を受けました。

      本日発行された学校だより「はなみずき」に各学級の「〇〇賞」が掲載されています。ぜひご覧ください!


      さて、明日からは冬休み楽しみなことがたくさんあることでしょう。

      1月7日に笑顔で登校してくれることを楽しみにしています。

      保護者の皆様には今学期も学校教育活動にご協力いただきありがとうございました。

      よいお年をお迎えください。

      文責:下山
    • 大そうじをしたよ!

      2018年12月20日
        今日は、年末の大掃除をしました。
        全員水ぶき雑巾を持って、張り切ってスタート!!

        まず、自分がいつも使っている机と椅子を水拭きしました。
           

        次に、ロッカーを掃除して、その後は教室全体を水拭きしました。

           

        床も頑張って拭きました。



        雑巾をきれいに洗って終了です。教室がぴっかぴかになりました。
        これで、新しい年を綺麗な教室で迎えることができます。



        文責 中村公
      • 国語「あったらいいな、こんなもの」の学習で、自分が考えた
        あったらいいと思うものを発表しました。

        私が考えたのは何でも出てくる「何でも弁当」です。

        欲しいもののボタンを押せばすぐに弁当箱の中におかずが出てきます。
        毎朝、お母さんを忙しくさせたくないので、あったらいいなと思いました。

        僕が考えたのは、僕の代わりに宿題をやってくれる「宿題よろしいく」です。

        宿題が早く終わってのんびりしたいので、考えました。

        私が考えたのは、いろいろな天気に変えてくれる「天気がえリモコン」です。

        遊ぶ約束をした日が雨でも晴れに変えることができます。

        僕が考えたのは、物や力ををコピーできる「人の能力コピーマシン」です。

        このメガネを掛けて足が速い人を見るとその能力がコピーされて、自分も速く走れるようになります。
        もし怒られるときには、自分をコピーして、代わりに怒られてもらうこともできます。

        みんなのアイデアを聞いて、とてもおもしろかったです。
        自分の考えたことを、絵とことばで、聞く人に分かりやすく話す学習をしました。


        <文責:安田>
      •  大平台高校生との大根交流も3回目。今回は、大根の収穫に行ってきました。
         大きく育った大根に、みんなびっくり。力いっぱい引っ張って、ようやく抜くことができました。
         なかなかぬけず、高校生のお兄さんお姉さんに手伝ってもらう子もいました。



        こんなに大きな大根を収穫することができました。
        みんな、大満足でした。



         大根を背負い、おいしい料理を話題に、重たいけれど、うきうき気分の帰り道でした。



        大平台高校のみなさん、ありがとうございました。
      • 浜松市子どもの市展

        2018年12月17日
          「浜松市子どもの市展」の準備を行いました。










          期間  1月12日(土)~17日(木)
          場所  浜松市美術館 2階展示室
          以上の日程で、大平台小学校の児童の図工作品が展示されます。
          ぜひご覧ください。

          <文責  中野>
        • わくわくミシン

          2018年12月14日
            5年生では、家庭科で「ミシンの使い方」について学習をしています

            学習したことを生かして、それぞれランチョンマットや座布団を製作しています

            なかなか自分の思い通りに縫えず、大苦戦している5年生ですが、

            世界で一つだけのランチョンマットや座布団を一生懸命作っています







            出来上がりを楽しみにしていてください

            【文責:丸井】

          • 今日から三者面談が始まりました。

            各学年の廊下には、子供たちの作品や
            行事の写真などが掲示されています。
            ぜひ、ご覧ください。











            児童昇降口には、落とし物の展示もしています。

            寒くなってきましたので、暖かい服装で来校してください。

            【文責:井嶋】
          • 4年生が2日間の自然体験教室を終えて大平台小学校に帰ってきました。

            子供たちの顔を見ると、2日前と比べてずいぶんたくましくなったなと感じました。




            思い出に残る楽しい自然体験教室にするために、「自分で考える」をめあてにがんばりました。

            ・しおりを見て、5分前行動をしよう。
            ・周りの人のことを考えて行動しよう。
            ・人より先に笑顔であいさつをしよう。

            5年生に向けて大きな第一歩を踏み出せたと思います。





            また、冒険トレッキング、ネイチャーゲーム等、普段の生活では味わうことができない自然体験ができたのではないかと思います。
            友達と協力することの大切さ、日ごろの生活の豊かさや便利さに気付くよい機会になったでしょう。
            ぜひ2日間の経験を今後の生活に生かしてもらいたいなと思います。
                                                                          <文責 松尾>
          • とび箱

            2018年12月11日
               1年生は体育の授業で、とび箱を行っています。
               きょうのめあては、遠くに手をついて跳ぶことでした。

               最初はとび箱の真ん中くらいに手をついていましたが、


               この写真を見せて、
              「手が真ん中についているよ。今度は、手を黒い線の上につけるようにしよう。」
              と説明したところ、この子は、
              「ほんとに真ん中だ。もっと奥に手をつくのか!」
              と言って練習を始めました。

               すると、授業が終わるころには…


              黒い線より奥に手をついて跳べるようになりました。

               他の子も、自分なりの目標をもって頑張っています。

                                  <文責 中村佳>
            • 2年生は「生活科」の学習で「キッズタウンをつくろう」
              を行っています。
              家から持ってきた段ボールや箱などを使って、
              おもちゃ作りをしています。
              学習のまとめでは、キッズタウンに1年生を招待して
              実際に遊んでもらいます。

              各グループで遊びを真剣に考えている様子が
              うかがえます。




              みんなで協力して作ります。



              「この穴の大きさでいいかな?」





              「ボウリングつくろうよ」



              どの子も去年の2年生が自分たちにしてくれたように、
              1年生に楽しんでもらいたいという気持ちで作っています。

              どんなタウンが完成するかがとても楽しみですね。

              【文責: 長谷川】