2018年2月

  • 卒業式に向けて!

    2018年2月28日
      今日で、2月が終わり、明日から、いよいよ3月になります。

      本年度も、残り12日となりました。時が経つのは早いものです。

      本年度が終わりを迎えるとき、それは、6年生が卒業する

      時でもあります。

      そこで、6年生は、昨日から卒業式に向けて練習が始まりました。

      卒業式は、学校における最大の行事です。

      私たち、教職員は、素晴らしい卒業式になるように、準備をしたり

      練習の指導に当たったりします。

      小学校の卒業式は、一生に一回しかありません。そして、一生の

      思い出になります。そんな卒業式が、素敵な、輝く思い出として

      残って欲しいと願っています。そのための、練習です。

      ぜひ、がんばって、最高の卒業式を作り上げて下さい。








                      <文責:森山>
    • 今週の金曜日に6年生を送る会が行われます。

      今までお世話になった6年生に感謝の気持ちを伝えようと、

      1年生から5年生が準備に取り組んでします。

      中でも5年生は、在校生のリーダーとして1月から準備を始めました。

      6年生に感謝の気持ちを伝えるためにはどうしたらよいか、

      実行委員を中心に話し合い、学年全員がプロジェクトに参加して、取り組んできました。

      6年生が通る西階段壁面にはメッセージが。
      階段の段差の部分にも。
      飾り付けの準備も進んでいます。
      昇降口には6年生を送る会までのカウントダウン。
      体育館に向かう階段には、6年間の思い出の写真が。

      これ以外にも、今年は2年生が6年生を送る会の招待状を作成し、縦割り班全員で6年生に渡しました。



      当日も各学年からの出し物など、盛りだくさんです。

      1年間、学校を引っ張ってきてくれた6年生に楽しんでもらえる会になるといいと思います。

      また、5年生は学校代表としてのデビューを頑張りたいと思います。
                                                        文責:桔川
    • 2年生の生活科の学習で、
      自分が生まれた時から今までの成長について
      調べ、絵本にまとめる学習をしました。

      「私が生まれた日、お父さんがずっと私のほっぺを
      なでてくれていたんだって。」

      「私の名前にお姉ちゃんと同じ漢字が入っているのは、
      姉妹でずっと仲良く生きていってほしいという
      願いがこめられていたんだ。知らなかったよ。」



      家の人にインタビューをして初めて知ったことを記事にして、
      写真や絵を入れながら丁寧にまとめました。
      出来上がった絵本を友達と見せ合って、とてもうれしそうでした。

      「生まれてきてよかった。」
      「お父さんとお母さんの子で良かった。」
      と言う子供たち。
      いつかちゃんと家の人に伝えてほしいな。                (文責 髙木)
    • ミニコンサート

      2018年2月23日
        22日木曜日に、今年度最後のミニコンサートが開かれました。
        この日のために、音楽委員会の子供たちが準備を進めていました。
        当日は、スムーズに司会進行をしたり、低学年の誘導をしたりしていました。



        最初は金管バンド部と、リコーダー部の演奏でした。
        日頃から部活動に取り組んでいるだけあって、
        息の合った演奏をしていました。






        各学年の発表もとても見応えがありました。
        授業で学んだことや、休み時間に練習した成果が
        良く表れていました。


        今年度のミニコンサートもこれで最後となります。
        修了式が近付くにつれて、様々な行事が終了していきます。
        1つ1つの行事が、子供たちの思い出となるよう、
        精一杯支援していきたいと思います。
                                          (文責 南田)
      • 3年生では、先日、国語科「しりょうから分かる、小学生のこと」という学習のまとめとして、発表会を行いました。

        3年2組では、学校生活に関わることについて、一人一人がアンケート内容を考え、
        クラス全員にアンケートを実施し、結果を集計して、表やグラフにまとめることから始めました。

         そして、表やグラフを読み取り、「分かったこと」と「考えたこと」を入れて、原稿を作り、みんなの前で発表しました。「話すこと・聞くこと」の学習なので、なるべく原稿を見ないで発表できるように、練習から頑張りました。
         


         本番は、聞く人の方を向いたり、表やグラフを指したりしながら、上手に発表することができました。

         友達の発表の仕方を見て、分かりやすい発表の仕方について学び合うことができました。これからの社会科や総合的な学習の時間などで、資料やグラフを用いて発表するときに生かしていけるといいです。
        < 文責:藤野 >
      • 参観会は終わりましたが、1年生の学習はラストスパートに入りました。
        図画工作科では、「夢の街」を作っています。


        まず、厚紙や色画用紙を使って、自分の家を作っています。


        屋根や部屋の内部を工夫していました。
        家の中に滑り台を取り付けたり、屋根にソーラーパネルを置いたりする子もいました。
        一階部分を、お店屋さんにしている子もいました。
         

        制作途中ですが、廊下に全員の家を並べてみると、本物の街のように見えました。

         「道路や公園も作りたい。」
         「スーパーマーケットや消防署もほしい。」
        と、まるで大平台の街を作っている気持ちになっていきました。


        広い廊下に、1年生全員の家を並べて、「夢の街」が完成するのを楽しみにしています。
         (文責:和久田)

      • 参観会

        2018年2月20日
          本年度最後の参観会・懇談会がありました。
          各学年共に、1年間の学習を振り返り、学ん
          だことを発表する授業が多かったようです。

          <2年 あしたへジャンプ 発表会>
           
          ※音楽の授業で学習した曲「こぎつね」を
          工夫して演奏しています。

          <3年 大平っ子たんけんたい 発表会>

          ※製茶工場を見学して興味を持ったお茶
          について調べたことを発表しています。

          <5年 地球環境調査隊 発表会>

          ※地球温暖化によって絶滅の危機に瀕し
          ている動物ついてパソコンを使って
          発表しています。


          学年によって発表内容や方法は違いますが、
          どの子も一生懸命に発表していました。
          保護者の皆様に学習の様子が伝わったこと
          と思います。

                            (文責 中田)
        • 3年生は、明日の参観会で総合的な学習「おおひらっ子 たんけんたい」の発表会を行います。
          「お茶」について調べるグループ、「川の中の生き物」について調べるグループ、「大根」について調べるグループに分かれて、
          グループごとに発表する予定です。

          グループのメンバーで、発表のブースを作り、発表の練習が始まりました。



          グループごとに聴き合って、発表の内容や発表の仕方についてアドバイスをし合いました。


          明日の発表会が楽しみです。
          ぜひ御来校ください。お待ちしています。

          文責 中村公
        • 15日(木)、卒業を控えた6年生を対象に、お話し隊のお母さん方による「ブラックシアター」が行われました。
          今回は、「半日村」というお話です。

          ブラックライトに浮かび上がる幻想的な切り絵とピアノ伴奏をバックに語られる声に、子供たちは物語の世界に引き込まれていきました。

          最後に、お話し隊の方から、今までブラックシアターで演じられた本の紹介があり、子供たちも懐かしそうにしていました。

          子供たちの夢をはぐくむ素敵な時間をありがとうございました。

          お話し隊の活動は夢をはぐくむ学校づくり推進事業がサポートしています。

          (文責 新村)
        • 浜松市内の小学校5年生を対象にした
          「こども音楽鑑賞教室」がありました。
          大平台小学校の5年生も
          アクト大ホールで浜松フィルハーモニー管弦楽団の
          素晴らしい演奏を聞いてきました。









          指揮者の方による曲の紹介や、解説などもあり
          とても貴重な体験になりました。
          【文責 井嶋】