2016年11月

  • 今日は「わかば清掃」がありました。

    1年生から6年生までの異学年グループで、いろいろな場所を掃除しています。

    掃除のめあてをリーダーさんから聞いて、掃除が始まりました。

    床をほうきで掃いたり、雑巾で拭いたりして、みんな黙って掃除をしています。




    水道場では、たわしを使ってごしごしと磨いていました。



    机も、メンバーが協力して運びます。



    みんな静かに掃除をすることができました。



    分担された掃除場所をきれいにしようと、一生懸命に働く姿にいつも感心しています。

    文責 中村

  • 今年の6年生は、「はばたき 世界へ! 未来へ!」をテーマに、発表をしました。

    日本の曲「八木節」と、世界の曲「剣の舞」「コンドルは飛んでいく」「ギャロップ」を演奏しました。
    「サンバ・デ・ジャネイロ」も、みんなでサンバのステップを踏みながら楽しく演奏しました。



    最後は、「永遠のキャンバス」を合唱しました。
    小学校生活6年間で感じたこと、未来へ希望をもって進んでいくことなどを胸に、一生懸命に歌っていました。
    一人一人のキャンバスにどんな未来を描いていくのか、とても楽しみに感じる合唱でした。



    今回の学習発表会で、子供たちはたくさんの輝きを見せてくれました。
    これから6年生は、卒業に向けて進んでいきます。
    残り少なくなる小学校生活の中で、一人一人の活躍を楽しみにしています。

                 (文責:鈴木)
  • 未来を信じて

    2016年11月26日
      11月26日、待ちに待った学習発表会がありました。

      朝、子供達のテンションは高めで、やる気が身体中

      から溢れていて、目が輝いてました。

      学習発表会は、各学年の良さも表現されていて感動

      致しました。

      その中でも6年生の発表は流石でした。

      6年生の発表にこんな言葉がありました。

      『未来を信じて歩みます。』

      私も子供達の未来を信じている一人です。









                      (文責 西村)
    • いよいよ、学習発表会が明日26日(土)に迫ってきました!
      今日は、全学年が当日のプログラム通りに
      リハーサルを行いました。

      どの学年も、仕上がりはバッチリでしょうか

      午後は、6年生が明日の会場準備を行いました。








      さあ、明日の本番を待つばかり



      子供たちは、練習の成果を披露するのを
      とても楽しみにしていることでしょう。

      ぜひ、楽しみにお越しください!

      【文責 井嶋】
    • 彫刻刀で彫れたよ

      2016年11月24日
         4年生は、図工で版画を彫っています。
        初めての版画で彫刻刀の種類や彫り方などを学んで、一生懸命作品をつくっていました。



        インクをつけて、刷ると子供たちから「すごい」「グラデーションがきれい」などと
        完成した絵を見て喜んでいました。



        文責 山口

      • 学習発表会の練習

        2016年11月22日
          今週、土曜日に学習発表会が行われます。
          1年生にとって、初めての学習発表会。
          みんな、練習にも力が入っています。

          今日は練習風景を紹介します。
          舞台裏の様子です。



          みんな自分の出番を待っています。
          出るタイミング、自分の場所、
          何度も練習をして、しっかり覚えました。



          歌も振り付けも覚えました。

          4月から7か月。
          成長した姿を見ていただけるよう、
          1年生の元気を、明るさを
          みなさんに届けられるよう、頑張りたいと思います。

          みなさん、応援よろしくお願いします。
                             (文責:上村)
        • 歌声集会

          2016年11月21日
            学習発表会で歌う全校合唱の練習を兼ね、歌声集会を行いました。
            曲は、大平台小学校10周年記念歌「笑顔いっぱい、夢いっぱい」です。



            最初は低音部を担当する学年の歌声を聴きました。



            音楽委員会の6年生が伴奏を担当します。ピアノはもちろん、木琴やオルガンなど
            いろいろな楽器の演奏が入り、歌を盛り上げます。



            音楽委員長の指揮に合わせて、全校の子供たちの美しい歌声が体育館に響きました。
            学習発表会が楽しみです。
                                                       〈文責 豊島〉
          • 9月に行われた新体力テストの結果を紹介します。


            6学年の男女が8種目を行いましたので、6(学年)×2(男女)×8(種目)=96(項目)あります。

            そのうち、82項目で全国平均を上回りました。


            個々の種目を見てみると、

            「長座体前屈」、「反復横とび」、「20mシャトルラン」、「立ち幅跳び」については

            全ての学年の男女が全国平均を上回りました。

            本校の児童は、柔軟性、敏捷性、持久力、瞬発力が高いということが分かります。


            反対に、「握力」、「ボール投げ」については多くの学年が全国平均を下回りました。

            筋力、投力(投げる技能)が低いということが分かります。

            休み時間の遊んでいる様子を見ていると、サッカーをしている子がとても多く、遊具遊びや投げる遊び(ドッジボール等)をしている子が少ないです。

            この様子が結果に反映されているように思います。

            サッカーも楽しく、体力を高めてくれるスポーツですがそれだけでなく、バランスよく、いろいろな運動をして、

            総合的な体力を高めていけるといいと思います。

            学校では、今回の結果を体育の時間に生かしていきます。

            御家庭で運動する際にも参考にしていただければと思います。



            また、個人では、6年生の2名の児童が満点賞(80点)を獲得しました。

            どの種目も高いレベルで実施しなければならないので、満点を取るのは大変難しです。





                                               文責:桔川
          • 11月26日(土)に、学習発表会が行われます。

            音楽部も、今までの練習の成果を発表します。

            今日は、リコーダー部の練習の様子を紹介します。


            まず初めに基礎練習です。

            4つのパートの音をそろえて、きれいな和音の響きを探します。

            音程をぴったり合わせると、とても気持ちの良い響きが生まれます。

            次に、それぞれのチームに分かれてアンサンブルの練習です。


            地域のみなさんや友達にリコーダーの演奏を聴いてもらえることは、とてもうれしいことです。

            本番まであと少し。きれいな音色で自分たちの目指す演奏ができるように頑張っています。

            どうぞお楽しみに。







                                        (文責:髙木)
          • 理科の実験

            2016年11月16日
              5年生の理科では、「流れる水のはたらき」を学習しています。
              これまで総合で佐鳴湖の水質を調査してきましたが、
              流れる水に着目するのは初めてです。

              子供たちは、土の山に水が流れる様子を写真で見て、
              「カーブのところの土が削られているのかな。」
              「土はどこに流されるのだろう。」
              「水は流れたんじゃなくてしみ込んだんじゃない。」
              などと、気付いたことや、疑問に思ったことを発表しました。

              今日はそのような疑問に思ったことに対する自分の考えを確かめるために、
              実際に自分たちで土の山に水を流す実験を行いました。



              まずは、土の山に自分たちの考えたコースを作ります。
              カーブを作ったり、木の枝を立てたりして、水の流れの変化が分かりやすいようにします。



              コースができたら、写真を撮っておきます。
              水が流れる前と後で、どのような変化があるか調べるためです。



              いよいよ水を流します。
              しかし、掘っておいた溝から水があふれて、うまく流せません。
              すると子供たちは、
              「流れの強くなる場所に堤防を造ろう。」
              と言って、土を固め始めました。
              2回目からはうまく水が流れて、土の削れ方や、水の流れる早さなどを観察することができました。

              また、その様子をデジタルカメラで動画撮影しました。
              これを見返すことで、じっくりと振り返りをすることもできます。



              実験後は結果を記入し、自分の考えをまとめました。
              今回の理科の学習では、実際にコースを作って水を流し、その様子をデジタルカメラで撮影して
              疑問に思ったことの答えを考えました。
              今後も子供たちが意欲的に学習に取り組めるよう、様々な方法を取り入れていきたいと思います。
                                                                    (文責 南田)