2016年6月

  • ミニコンサート

    2016年6月30日
      昼休みに体育館で「ミニコンサート」が行われました。
      今日に向けてコンサートに出る子たちは、休み時間のたびに練習をしていました。
      子供たちだけでなく、保護者の方々にもたくさん来校いただきました。
      どの演奏も会場にいる全員を巻き込み、とても盛り上がりました。



      練習の成果が発揮され、緊張しながらも全員が堂々と発表していました。
      特に6年生の「翼をください」は、きれいな歌声が体育館中に響き感動しました。

      第二回がますます楽しみです。
    • 明日はミニコンサートです。
      1年生は、1組と2組の子供たちが出場することになりました。

      今日は、音楽の時間を使って、最終リハーサルを行いました。


      今日のブログで、練習風景をお伝えしたいと、子供たちにカメラを向けると、

      「写真だぁ。先生とって。」

      と、近寄ってきてしまう子供たち。

      「あの・・・普通の姿をとりたいんですけど。」

      と思いつつ、こういう元気なところがみんなのいいところだね。大好き。
      とにこにこしてしまう担任でした。



      ステージでの練習が始まると、1組の子供たちも練習にやってきました。
      お互いの練習を聴き合って、リハーサルは終了しました。

      明日は、いよいよ本番です。
      1年生の元気な歌声を、学校のみんなにも聴いてもらいましょう。

      ミニコンサート、がんばります。
                    (文責:上村)
    • 5年生の理科は、メダカの成長の学習に入りました。
      卵の中に、体の部分ができ始めるところから、成魚になるまでの成長の様子を観察します。
      そのため、まず顕微鏡の使い方を学習しました。
      初めて触れる、専門的で精密な器具…
      顕微鏡を前にして、始めは緊張の面持ちの子供たちでしたが、
      説明を受けて、操作をし始めると次第に活動的になってきました。


      「ピントは合ってる?」

      「少しずつ、動かしてみよう。」


      だんだん、気分は科学者!?になってきたようです。
      器具の使い方とともに、生命の神秘や偉大さも感じながら学習していって欲しいと願います。

      (文責:中城)
    • 中学校説明会

      2016年6月27日
        6年生は、20日(月)に入野中学校の説明会に参加しました。

        中学校の校長先生のお話を聞いた後、各クラスごとに分かれ、

        「教えて先輩」の活動を行いました。

        中学生の先輩から中学校生活の説明を受けたり、

        疑問に思っていることや聞きたいことを質問したりしました。

          



        次に、中学校の授業体験をしました。

        数学、英語、理科の各教科に分かれ、中学校の先生による授業を受けました。

        普段と違う雰囲気での授業でしたが、集中して、楽しく活動することができました。

        今回の説明会で、6年生の中学校に対する希望が、さらに高まったのではないかと思います。

          

                                               文責:桔川
      • 2年生は、生活科の「大平台たんけんたい」の学習で、
        学区内にあるお店へ、グループに分かれて見学に行きました。

        今日のために、お店に行ったらどんなことを見てくるのか、
        どんな質問をするのかを考えました。
        朝から、子供たちはお店に行くことを
        とても楽しみにしていました。





        「いつからお店をやっているのですか?」
        「どれくらいお客さんが来ますか?」
        「一番人気のある商品は何ですか?」
        と、たくさん質問することができました。




        学校に戻ると教室で、
        お互いのお店で見てきたことなどを自慢しながら話していました。

        今日学んだことをこれからの学習でまとめていきたいと思います。

        お忙しい中、子供たちの引率をしてくださった保護者の皆様、
        ありがとうございました。


        文責:村木


      • 5年生から始まった家庭科の学習。
        普段、家で料理をしたり、小物作りをしたりしている子は、特技を発揮できる場として
        楽しみにしています。

        今日は調理実習でゆで野菜を作りました。
        班のメンバーで協力しながら、野菜を切ったり、湯を沸騰させたりします。
        大人にとっては簡単な作業でも、子供たちだけで行うのは大変なようです。
        「もっと大きく切れば。」
        「お湯は沸騰したかな。」
        「どのくらいゆでればちょうどいいんだろう。」
        ゆで野菜を作りながら、様々なアドバイスや疑問が飛び交いました。




        肝心の味はどうなのか聞いてみると、
        「自分でゆでたから、嫌いな野菜だったけど食べられた。」
        「ちょっとゆで時間が短かった。」
        「切り方が大きすぎた。でもおいしい。」

        自分で野菜を選んで計画を立て、自分で調理したことで、みんなおいしく食べられたようです。



        食べ終わったら全員で片付けです。
        食器や鍋などを洗う人、ふきんで拭く人、棚に戻す人など、うまく分担しながら片付けを進めます。



        調理実習を通して、作り方だけでなく、協力することや片付けの仕方なども学ぶことができます。

        御家庭での生活の中でも、実践できることがたくさんあると思います。

        ぜひ、一緒に取り組んでみてください。
                                                                (文責 南田)
      • 昨日の昼休みは、「わかば遊び」の時間でした。

        今回は、縦割りグループの6年生が考えた遊びでした。

        雨上がりで運動場が使えませんでしたが、さすがは6年生です。

        みんなが楽しむことのできる室内遊びを工夫していました。



        「新聞じゃんけん」をしていたグループは、1枚の新聞に2人で

        乗ってじゃんけんをしていました。じゃんけんに負けると新聞を

        半分に折らないといけないので、新聞から出ないように体をくっ

        つけたり、上級生が下級生をおんぶしたりしていました。

        ほほ笑ましい光景でした。



        「フルーツバスケット」をしていたグループは、一人一人が

        フルーツの絵をかいた画用紙を持って遊んでいました。絵を用意

        した理由を6年生に聞くと、低学年の子が自分のフルーツを忘れ

        ないようにして分かりやすくするためとのことでした。

        みんなが楽しむことができるように考える優しさを感じました。



        子供たちは、年に数回の異学年との遊びを楽しみにしているよう

        です。どの教室にも笑顔があふれていました。

                                        (文責 中田)

      • 3年生は、今週からプール開きです。


        今日は、1,2組が、これまであまり入ることのなかった


        大きな25メートルプールに入りました。


        「気持ちいいー!」「つめたい!」


        などと歓声が上がりました。


        きらきらの笑顔が素敵ですね。


        午前は大雨で、子供たちはプールに入ることができるのか、やきもきしているようでした。


        無事晴れてよかったです。


        これから、3年生は、25メートルプールでクロールの練習をしていきます。


        いよいよ、本格的な泳ぎの練習が始まりますね。






        文責:小林
      • 給食室の様子

        2016年6月20日
            日に日に暑さが増し、夏を感じる日が多くなりました。
           給食室も釜に火をつけた瞬間に蒸気と熱が広がります。
           そんな中、調理員さんたちは汗をいっぱいかきながらも
           「子供たちのために」と一生懸命給食を作ってくれています!




           見慣れない、食べ慣れない食材もありましたが、子供たち
           にも調理員さんの気持ちが届いているのか残食がない日が
           続いています。
           いっぱい食べて暑い日も乗り切って欲しいと思います。
        •  保健室前には、1年生から6年生がかいた歯の図画やポスターを掲示しています。
          子供たちの思いが絵から伝わります。ぱっと明るい作品・・・廊下を通る子供たちがよく見ています。



           6月14日、歯肉炎について、教育実習の先生が授業を行いました。
          子供たちはむし歯以外の口腔内の病気、歯周病について学び、予防のために大切なことを学びました。



           6月4日~6月10日の歯と口の健康週間では、「はみがきカード」に取り組みました。
          お忙しい中、家の方にも御協力いただき、ありがとうございました。
          子供たちの感想を一部紹介します。
          ☆まいにち、はみがきするぞー。おとなのはをだいじにするぞ-。
          ☆おくばまでしっかりみがけるように気をつけて毎日はみがきをしました。
          はをみがいたらすっきりするので大すきです。これからも毎日はをみがきたいです。
          ☆歯を毎日みがいたら心の中も歯みたいにスッキリと気持ちがよかったです。

           


          子供たちが歯を大切にする気持ちをもち続け、さらに良い習慣を身に付けていってほしいと思います。

                                         <文責 秋定>