2016年3月

  • 離任式

    2016年3月30日
       平成27年度末の人事異動で11名の先生方が御勇退、御栄転されることとなりました。
       本日行われた離任式では、代表の子供が感謝の思いを述べたり、全校で心をこめて校歌を歌ったりしました。子供たちの感謝の思いが伝わる感動の式になりました。

       

       私事で恐縮ですが、私は教師になって初めて勤務した学校が入野小学校でした。その後、西都台小学校が入野小学校から分離したので、西都台小学校に移りました。そして、30年ほど経った今、この大平台小学校に勤務させていただいています。
       これら3校はいずれも入野中学校区の小学校ですので、私は新採教員の頃にこの入野地区で育てていただき、定年退職を迎える今、再び入野地区で教職生活を締めくくることができるということで、本当に入野地区にはお世話になりました。そして素晴らしい本校に勤務出来たことを、本当に幸せだと思っています。ありがとうございました。
       私は、本校に勤務して3年間、「子供たちにとって日本一の学校」を目指してやって参りました。子供たちにとってそのような学校になったでしょうか。当たり前のことですが、学校の主役は子供たちです。その主役の子供たちが「学校が好きだ」「学校でもっと勉強したい」「学校が楽しい」と心から思える学校にすることが、私たち教職員の努めです。大平台小学校が、今後益々このような素晴らしい学校に進化していくことを期待しています。
       終わりになりましたが、子供たち、保護者の皆様、そして地域の皆様方の益々のご多幸をお祈りいたしております。ありがとうございました。
      加藤裕之



       38年という長い教員生活を、この大平台小学校で終えることができたのは、神様からの御褒美だと思います。5年間、保護者の皆様の御理解と御協力により、子供たちと楽しく過ごすことができました。将来、日本のために働いていくだろうなと大きな可能性を感じる子供たちと巡り合えました。長生きして「あっ、この人私が教えた子」って自慢したいです。
       皆様も健康に気を付けてお元気でいらしてください。本当にありがとうございました。
      遠山弘子



       大平台小学校では、充実した2年間を過ごさせていただきました。大平台小学校の子供たちはすてきなところが一杯でした。
       1つは、気持ちの良いあいさつができることです。相手を見て、はっきりと伝わるようにあいさつができることは、素晴らしいことです。私は、子供たちのあいさつから元気をもらいました。
       2つには、真剣さです。子供たちが真剣に取り組んで生まれた運動会の演技、学習発表会の美しい歌声や演奏、そして、口を閉じて一生懸命に掃除をする姿、どれも心動かされました。
       これからも大平台小学校の子供たちのすてきなところがどんどん増えていくよう願っています。ありがとうございました。
      石野ちよ子



       短い間でしたが、子供たちの元気いっぱいな姿を見ることができ、とても嬉しかったです。
       残食もほとんどなく、「おいしい」と給食を食べてくれる子供が沢山いて改めて学校給食の魅力に気付かされました。
       大平台小学校で過ごした日々を忘れません。ありがとうございました。お元気で!!
      海野友里恵



       大平台小学校で過ごした6年間は、とても楽しい時間でした。明るく素直な子供たち、協力的で熱心に活動を支えてくださる保護者の皆様、そして温かく学校を見守りサポートをしてくださる地域の皆様のおかげで、本当に充実した毎日を送ることができました。
       大平台小学校が、大平台の街が今後益々発展していくことを願っています。
       いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。
      藤井隆志



       大平台小の門を一歩入ったときに、広々とした運動場と立派な校舎を前に、すごく気の引き締まる思いをしたのを覚えています。それからあっという間の6年。元気いっぱいの素晴らしい子供たちと過ごすことができ、幸せでした。
       お世話になりました。ありがとうございました。
      金原成伸



       明るくすてきな子供たち、気持ちの良いあいさつが飛び交う学校、そして、いつも温かく見守ってくださった保護者・地域の方々・・・。
       たくさんのすてきに囲まれ、楽しく幸せな毎日でした。
       4年間、本当にありがとうございました。また、会える日を楽しみにしています。
      中村純子



       大平台小では、思い出いっぱいの6年間になりました。
       笑顔いっぱい、やる気いっぱい、やさしさいっぱいの大平台のみなさんから、たくさんの元気をもらいました。
       これからも、ますます素敵な学校にしていってくださいね。
      遠藤 淳子



       大平台小学校のみなさん、3年間ありがとうございました。笑顔とあいさついっぱいのみなさんと一緒に過ごした3年間、思い出がいっぱいです。
       これからも、みなさんらしくがんばってくださいね。応援しています。
      青野麻美



       明るく素直な子供たちと一緒に過ごせた日々。本当に幸せな時間でした。これからも、毎日を力いっぱい楽しんでください。
       1年間、ありがとうございました。
      辻本光



       短い間でしたが、お世話になりました。
       6月に大平台小学校に来てから、いろいろな子と関わることができ、たくさんの元気をもらっていました。私が笑っていられたのはみなさんのおかげです。
       ありがとうございました。
      村松蓉子


    • 本日、平成27年度の修了式が行われました。

      はじめに、各学年の代表者に校長先生から修了証書が手渡されました。

      さすが代表の子たちです。素晴らしい態度で証書をいただくことができました。




      その後、児童代表の言葉がありました。1年生、3年生、5年生の代表者が

      今年度に頑張ったことや学んだこと、来年度に向けての抱負を発表しました。

      自分の思いがしっかり表現できていて、立派な発表になりました。


      代表の子以外の児童も、話を聞く態度が素晴らしく、式が厳粛な雰囲気で進んでいきました。

      どの子も大きく成長したこの1年でした。

      御家庭でも、今年度の成長を褒めていただければと思います。






      午後は5年生による卒業式の準備が行われました。

      6年生に気持ちよく巣立ってもらおうと、一人一人が自分の仕事に一生懸命取り組みました。

      そのため、予定の時間より30分も早く準備を終えることができました。

      来年度、リーダーになる5年生、とても期待ができそうです。


        
      6年生を迎える準備はバッチリです。きっと素晴らしい卒業式になることでしょう。

                                        文責:桔川
    • 明日はいよいよ修了式となりました。

      3年生では、大掃除やお楽しみ会をしている子供たちの姿が見られました。



      1年間、使い続けた机やいすを、雑巾できれいに磨き上げます。

      「何でこんなに汚れてるの」「来年も使うからきれいにしておこう」

      子供たちは丁寧に掃除をしていました。1年の間に愛着が湧いてきたのだと思います。

      また、3年生になると、自分で掃除すべき場所を見付けて、黙々と働くことができます。

      春休みは、御家庭でもお手伝いがたくさんできそうです。



      お楽しみ会が開かれている学級もありました。

      黒板に絵や言葉がかけるというのは、子供たちにとって嬉しい時間です。

      特技を発表したり、ゲームをしたりして楽しみました。

      今年度の思い出がまた一つ、増えたことと思います。



      平成27年度の教育活動も明日で一区切りです。

      春休みを目前にして、子供たちは嬉しそうです。

      良い春休みが迎えられるように、明日の修了式、明後日の卒業式には、

      1年の締めくくりとなるような態度で臨めるとよいと思います。
                                                      (文責:南田)
    • 今年度も残すところ、あとわずか。
      1年生にとっては、すべてが新鮮な1年間でした。

      学年末になると、どの学年も作品バックに絵を描きます。
      1年生には、これも初めてのこと。
      「何、これ?」
      「絵を描いていいの?」
      思い思いに、楽しい絵を描き、自分だけの作品バックになりました。





      これまでの作品が分けられるたびに、
      「あー、なつかしい!!」
      「えっ、こんなの描いたかなあ?」
      反応もさまざま。
      大切そうに作品バックにしまっていました。







      そして、教室の壁を飾っていた作品がなくなり、寂しい雰囲気になりました。
      子供たちの心は、1年間共に過ごした仲間との別れを惜しみつつ、
      1つ進級して「お兄さん」「お姉さん」となることに
      ワクワクしているのかもしれません。
                               (文責・遠藤)
    • 今日は、本年度の「わかば清掃」(縦割りグループによる清掃)の最終回でした。

      5月にわかばグループがスタートしたころは、

      6年生自身が、まだまだリーダーとしては新米だったので、

      みんなをまとめる上でいろいろと苦労があったことと思います。



      でも、今日の掃除を見ていると・・・。

      はじめの会で前に立つ6年生を、

      心から信頼している下級生の思いが、

      どのグループからも感じられました。

      また、5年生以下のお兄さん・お姉さんの指示に従って、

      一生懸命に自分の分担をきれいにしようと動く

      下級生の姿も見られました。

      6年生は・・・。

      さすが一年間の経験を生かして、

      全体の作業の進み具合を見ながら、

      グループの一人一人に優しく丁寧に

      声を掛けながら動いていました。



      6年生のおかげで、また、5年生以下のみんなの頑張りで、

      どのグループも立派に成長したと思います。



      6年生・・・本当にご苦労様でした。

      すてきなグループができましたね。

      5年生・・・4月からは、あなたたちがリーダーとして

      「わかばグループ」を育て上げる番ですよ。

      4~1年生…来年度は、どんなお兄さんお姉さん、

      そして友達とグループになるのか、楽しみですね。

      (文責:藤井)
    • 卒業式の総練習

      2016年3月11日
        今日は、卒業式の総練習がありました。

        6年生はもちろん、5年生と職員で卒業式の

        確認を行いました。卒業式は、小学校にとって

        最大の行事です。6年間の小学校生活を

        がんばった6年生を、みんなでお祝いするものです。

        今日は、緊張した面持ちの6年生でしたが、

        堂々と入場してきました。また、自分の名前が

        呼ばれると大きな声で返事をしていました。

        さすが6年生です。まだ、練習ですが、凛とした

        雰囲気を作っていました。

        卒業式まで、あと一週間です。すばらしい卒業式と

        なるといいですね。









                   <文責:森山>
      • ミニコンサート

        2016年3月10日
          延期されていたミニコンサートが、行われました。

          金管バンド部やリコーダー部が、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。





          1年生から6年生までの、格好良いダンスや合奏、おもしろい踊りやかわいい歌など、バラエティに富んだ演奏内容でした。



          客席からは自然に手拍子が起き、みんなで楽しんだコンサートでした。





          文責:野嶋
        • 廊下の作品

          2016年3月9日


            3階の廊下にある子供たちの作品です。

            他のクラスの子の作品も見ることができるので、

            休み時間には子供同士で見合っています。

            「○○さんの習字うまいね」「○○さんの作品かっこいいね」

            と、話す子供の姿がよく見られます。

            廊下での作品の展示は、子供たちの頑張りを称揚する場でもあります。

            子供の頑張りを認め、伸び伸びと学習に取り組めるよう支援しています。

            文責:藤﨑
          • 2016年3月8日
              今日は暖かい一日となりました。
              教室では、朝から半袖で活動している子たちもいます。

              「さむくないの?」と聞くと、

              「あつ~い」とのこと。

              幸いなことに、子供たちが予防に取り組み、
              大平台小学校では、今のところ、学級閉鎖のクラスが
              出ることなく学校生活を送ることができています。

              先月から継続してきた手洗い、うがい等の感染症の予防。
              その1つとして、控えていたグループ給食が、本日解禁されたクラスも2年生にはあります。

              久しぶりのグループ給食に、子供たちは興奮気味。
              いつもと違うお弁当効果も手伝って、にぎやかなお昼ご飯となりました。

              「見て見て、大きい鮭が入ってる!」

              「ぼくのはステーキが入ってるよ!」

              各々がお気に入りのお弁当。





              食べ終わって、

              「(せっかくのお弁当を)食べちゃった・・・」と少し残念そうな子も。

              ちなみに、デザートはフルーツ(イチゴ、りんご、かんきつ系)や
              ゼリーを持たせてもらっている子が多かったようです。


              こちらは陽だまりタイムに行っている、ミニコンサートの練習です。
              お昼もすませて充電完了!元気な合奏を聴かせてくれました!



              延期になっていたミニコンサートは3月10日(木)に開催の予定です。


                      (文責:辻本)
            • 卒業式の練習がスタートして、体育館に椅子が並びました。

              これを目にすると、「今年度もいよいよ終わりだな」と感じます。



              6年生の教室をのぞくと・・・

              各クラスで「卒業式」までの「残り日数」が掲示されています。

              子供たちは、今、どんな気持ちで残された小学校生活の日々を

              過ごしているのでしょう?



              期待、不安、希望、緊張、後悔・・・

              きっと、様々な思いが、それぞれの心の中に渦巻いていることでしょう。



              今日の夕空は、春の訪れを感じさせる色でした。

              これから一雨ごとに、辺りは春めいていきます。

              ただ、明るい春の足音が近づくにつれて、

              卒業へのカウントダウンは進み、

              6年生が巣立っていく寂しさは増していくと思います。



              一日を大切に。

              あとわずかな時間ですが、6年生の子供たちが、

              一つでも多く小学校生活の思い出を手にしてくれることを願っています。

              ≪文責:藤井≫