2015年7月

  •  暑い日が続いていますが、夏休み中の子供たちはどのような生活を送っているでしょうか。
     今日は、浜松市総合水泳場TOBIOにて7月21日(火)に行われた6部会水泳大会と、昨日行われた浜松市小学校水泳大会の成果をお知らせしたいと思います。

    7月21日(火)浜松市小学校水泳大会6部会水泳大会結果

    男子 50m自由形 第2位
       50m自由形 第4位
       50m背泳ぎ 第4位
       200mフリーリレー 第5位

    女子 50m自由形 第1位
       50m背泳ぎ 第4位
       50m背泳ぎ 第5位
       50m平泳ぎ 第7位
       200mフリーリレー 第3位

     初めての50mプールでの競技に臨む子
     自己新記録を出すことができた子
     惜しくも入賞を逃してしまった子・・・

     満足そうな顔や悔しそうな顔など様々な子供たちの表情を見ることができました。





    7月30日(木)浜松市小学校水泳大会結果

    男子 50m自由形 B決勝 第7位
       50m自由形 B決勝 第9位
       50m背泳ぎ A決勝 第9位

    女子 50m背泳ぎ A決勝 第7位
       50mバタフライ A決勝 第1位
       50mバタフライ A決勝 第7位
       200mメドレーリレー A決勝 第5位
       200mフリーリレー A決勝 第9位

     先日行われた部会水泳大会と同様に、上位入賞した子供たちだけでなく、どの子も、親、友達、先生、施設への感謝の気持ちを胸に立派に泳ぎ、頑張っている友達やライバルへ熱い応援を送ることができました。水泳部の活動を通じて感じたこと、得られたものを今後の活動に生かしていくことを願っています。

      *部会水泳大会にて

    (文責:伊熊)
  • 回泳 全員合格!

    2015年7月30日
      7月28日、トビオで「30分間回泳」が行われました。



      年間の行事やイベントはたくさんありますが、

      5年生にとって一大行事は、何といっても

      「30分間回泳」だと思います。

      その30分間回泳に、

      なんと!

      参加者101名(6年生4名を含む)全員合格することができました。


      思い起こせば、今年度最初のプールの時間には、

      30秒浮いていられない子が何人もいました。

      それから、

      体育科の学習で熱心に浮き方や泳ぎ方を学ぶのはもちろんのこと、

      水泳部の回泳コースに入って練習に励んだ子、

      休みの日に家族でプールに出かけて練習をした子、

      学校の放課後の練習に自主的に参加した子…。

      それぞれが、30分という目標に向かって頑張ってきました。

      それが、今回の結果につながりました。


      回泳終了後、

      観覧席やプールサイドにいる人たちから大きな拍手をもらいながら

      プールから上がってくる子供たちの顔は、

      「安堵」「誇り」「自信」「喜び」…そんな思いで、満ち溢れていました。

      本当におめでとう。そして、よく頑張ったね。



      30分間回泳の目的は、泳力を付けることですが、

      この経験を通して、もっと大きなものを得ることができたと思います。


      最後になりましたが、保護者の皆様には、

      当日、会場にたくさん応援に来ていただき、ありがとうございました。


                           文責 : 中村純子
    • リコーダー部が、8月11日のリコーダーコンテスト予選に向けて
      練習を頑張っています。
      今年は4グループが出場します。





      目で合図をしてタイミングを合わせたり、
      指づかいが難しいところを繰り返し練習したりしています。



      楽譜には、気をつけるところがびっしりと書き込んであり、
      努力の跡が見られます。
      今後は、子供たちの力を一層のばしていけるよう、夢をはぐくむ学校づくり推進協議会事業の一環として、講師をお招きしていきたいと考えています。

      残り2週間、全グループが本選に出場できることを願って応援しています!



      (文責:青野)
    • 朝顔日記 番外編

      2015年7月29日
         子どもたちが、5月から育てている朝顔が次々にきれいな花を咲かせました。
        水色・紫色・赤紫色・青紫色・ピンク色・セピア色。白い縁取りがきれいな花、変わり咲きの花。
        一鉢一鉢、違う花を咲かせています。毎日水やりを続けた子供たち。とても嬉しそうでした。


         おや?朝顔の葉に、巨大な青虫がいます。
        「蝶だよ。」「蛾だよ。」「育てて、確かめたい!」という子供たちの声に押され、教室で育てることになりました。
        もりもり朝顔の葉を食べ、あっという間にさなぎになり、7月27日に羽化しました。エビガラスズメガでした。

        台風から、大事な朝顔を守ろう。台風が近づいた7月15日、体育館横に朝顔を避難させました。そこには、今年、かわいいツバメの雛が育っていました。何事かと、びっくりしながら子供たちを見ていたことでしょう。
        朝顔も無事台風をやり過ごしました。
         夏休み明けには、どんな出来事が待っているでしょうか。それも、楽しみです。
                                            文責(石野 ちよ子)
      • 夏休み水泳練習

        2015年7月27日
          夏休みに入りましたが、プールでは水泳の練習が行われていました。



          こちらは、5年生です。
          明日の30分間回泳に向けて、最終練習をしました。
          浮いて合格を目指す人、平泳ぎで合格を目指す人、30分泳ぎ続けるためにどうしたらいいのか考えながら練習しています。
          練習の成果を発揮して、明日はみんなで合格できるといいですね。



          その横では、30日に行われる市の水泳大会に出場する水泳部の選手たちが練習をしています。
          大平台小からは13名がエントリーしています。
          残りわずかとなった練習時間を大切に、全力で泳ぐ姿が見られました。

          大平台小の代表としての活躍を期待しています。
          がんばれ、水泳部!!

                                           (文責:村松)
        • 今日は、一学期の終業式がありました。

          4月6日(月)に今学期が始まり、74日が経ちました。

          あっという間の一学期でした。

          その間に様々なことがありましたね。

          運動会があったり、交通安全教室があったり、観劇教室があったり・・・

          また、行事だけでなく日々の勉強や運動などを通して、少しずつ成長してきました。

          ぜひ、子供たちに何をがんばったのか聞いてみてください。

          終業式では、3人の子供たちが一学期にがんばったことを堂々と発表しました。


          さて、明日からは、夏休みです。夏休みにしかできないことをしてみてください。

          8月28日、2学期の始業式に元気な顔がそろうことを楽しみにしています。







                                      (文責:森山)
        • 通学班会

          2015年7月23日
            通学班会が行われました。通学班の教室に移動し、1学期の集団登校の様子について話し合いました。「集合時刻に間に合わない人がいる。」「歩く速さが遅い。」などという反省点が出ました。

            続いて、6年生から、先日行った『交通安全を語る会』で話し合われた「登下校中の危険やきをつけること」について報告がありました。「旗振りのボランティアの方にきちんとあいさつをする。」「信号のある横断歩道を渡る時は、1列だと間に合わないので、2・3列でもいいから一気に渡る。」「『止まれ』の標識では、自転車も止まること。」などが伝えられました。夏休みの生活や2学期からの集団登校で意識していけると良いと思います。

            (「交通安全リーダーと語る会」より)

            その後の集団下校の際には、「かけこみ110番」の家を確認しながら、安全な歩き方を意識して下校することができました。

            夏休みも交通事故ゼロで過ごせるといいですね。   (文責 新村)
          •  7月19日(日)に、第17回大平台夏祭りが行われました。

             天候が心配されましたが、一日遅れで無事に開催されました。


             4年生は、9月に行われる浜松市音楽科研究発表会で歌う合唱曲「奇跡」を披露しました。夏祭りに訪れていた地域の皆さんに聴いてもらうことができ、子供たちはとてもうれしそうでした。







             発表が終わると、ごほうびにいただいた夏祭りの金券をにぎりしめて、夏祭りのにぎわいの中に元気よく走っていきました。

                                           (文責:髙木)
          •  本校2年生が、先週の木曜日に、
            町探検へ出かけました。
            4人グループで、行きたいお店へ出かけました。



            「このお店のおすすめは、何ですか。」
            「何人の人が、働いていますか。」
            「お客さんは、何人来ますか。」
            など、予め用意していた質問を
            お店の人に、一生懸命尋ねていました。



             今回の活動では、ボランティアの保護者の方々が
            17名ほど参加して、
            子供たちに付き添ってくださいました。
            おかげで、2年生全員が活動を無事終えることができました。

             明日、クラスごとに発表会を開き、自分が探検してきたお店について、
            クラスの皆に伝える活動を行います。
          • お魚教室

            2015年7月16日
              5年生は、浜松中央卸売市場で仲卸をされている「まぐろの海商」さんを講師にお迎えし、7月8日の3,4時間目に「お魚教室」を行いました。


              この「お魚教室」には、2学期の社会科で学習する水産業について興味をもち、学習への意欲を高めるという目的があります。

              それと共に、本物の魚を触ったり、魚のプロから話を聞いたりと普段出来ない体験をしてもらいたいという思いもありました。




              3時間目の始めに魚の名前当てクイズを行いました。その日に市場から持ってこられた本物の魚を見て、その名前を考えました。

              魚に詳しい子、全く知らない子など様々な反応でしたが、どの子も食い入るように見つめていました。

              次に魚の漁のしかたや豆知識など、プロにしか分からないことや魚の興味深い話をしてくださいました。



              4時間目には体験を行いました。



              一つはカツオの1本釣り体験です。疑似体験できる竿を使い、一人一人がカツオを釣り上げる感覚を体験しました。

              上手く釣り上がらずにカツオが体に直撃してしまった子、力いっぱい釣り上げようとして体勢を崩す子など様々な様子が見られました。

              大変盛り上がり、楽しんで体験できました。

              もう一つは、本物の魚を見て触る体験です。



              小さな魚から大きな魚、ヒラメやカレイ、貝類など様々な魚に実際に触れることができました。

              本物でしか味わえない感覚を体験できました。



              とても貴重な経験ができた2時間でした。

                                               文責:桔川