2015年5月

  • 昨日の昼休みに4年生が、ゴーヤを植えました。

    理科の学習の中に、ゴーヤの観察があります。

    4月、ポットに種をまき、水をやりながら大事に育ててきました。

    約一ヶ月の間には、本葉が数枚出て、つるまで伸びてきました。

    これを畑に植え直したのです。

    これから夏に向けて大きく生長していくゴーヤ。

    しっかり観察し、学習していきたいと思います。

      

                      <文責:森山>
  • プール掃除

    2015年5月28日
      大平台小の6年生は学校のために働きます!
      今日は、水泳シーズンに向けてプール掃除をしました。
      はじめは1・2組です。デッキブラシで床の汚れを落とす人、バケツに水をくんでプールの汚れを流す人、たわしで壁の汚れを落とす人。それぞれ仕事を分担し、一生懸命取り組みました。1時間で予定よりも広い範囲をきれいにすることができました。
      続いて、3・4組です。最後にたまった泥水をバケツでくみ出したり、プールサイドの汚れをデッキブラシでこすったりしました。自分の仕事が終われば新たな仕事を探し、進んで取り組みました。終了時刻になっても、まだ続けてやろうとする姿も見られました。
      「学校のために頑張る!」これが、大平台小6年生としての当たり前の姿なのです。開校11年目の今年も、この良い伝統が引き継がれています。



      (文責 新村)
    • 今日は、本年度初めての本の読み聞かせが行われました。

      子供たちは、どんなお話が読んでもらえるのか、とても楽しみにしていました。


       


      優しい色遣いの素敵な絵本を読み聞かせてもらった学級、迫力のある大型の本を読み聞かせてもらった学級もありました。

      優しい語り口に、どんどんお話の世界に入り込んでいく子供たち。

      わくわくする楽しい語り口に、驚きの声や感想をつぶやいている子供たち。


       


      今日は朝から暑い一日でしたが、どの学級にも優しい風が吹いているようでした。

      お話し隊の皆さん、どうもありがとうございました。


         


      (文責:高木)



    • 土曜日に行われた運動会

      2年1組は、長縄跳び・・・1位

            大玉転がし・・・4位

           学級対抗リレー・・・4位
       
           徒競争の総得点・・・4位 という結果のため

      合計して 4クラス中4位になりました。


      大玉転がしは、初めて練習した時は、1位でした。

      その後、ずっと4位・・・・

      なぜ???

      折り返しのコーンを回る時や

      バトンタッチする時に

      3人がどう動くといいか練習をしたのに

      大玉は無情にも、大きくコースを外れました。


       学級代表8名によるリレーは、

      50メートル走のタイムを比べると

      1位になるはずなのに・・・

      なぜ???


      そして、予想が大きく外れたのは、

      長縄8の字跳びの1位でした。

       友達の跳んだ後に続けて

      間をあけずにすぐ入れる子は、

      練習開始当初は、半分くらいでした。

      保護者のボランティアの方々の

      温かい励ましによって

      しだいに、空回しを見てタイミングをとらなくても

      入ることができる子が増えていきました。

       目標回数を決める時に、子供たちは

       「150回」と言いました。
       
       (え?120回が最高記録だよ・・・

        練習では、106回だったのに・・・)

        
      しかし、1回目、まさかの164回

        「えええええ?どうしてこんなに跳べるの?」

         喜んでいたら、

        「隣の組は、166回」という情報が入りました。

        「え?2回の差?」

         絶対に抜かせないと思っていたのに

         ここで子供たちは俄然燃えました。

         まぐれの160回と思っていたのに、

         100回を超えてからの

         緊張感、集中力、

         互いに声を掛け合う姿は

         今まで味わったことがなかった一体感でした。

         「168回!」

         子供の力を信じなくてはいけませんでした。

         可能性をいっぱいもっている子供たちを

         これからも、輝かせていきます!

         保護者の皆様の応援、御協力ありがとうございました。          
                          (文責:遠山)
    • 運動会準備

      2015年5月22日
         今日は、1~5年生が帰った後、6年生全員で運動会の準備をしました。

        コースのラインひき、放送機器の準備や原稿の確認、入場門やテントの設営・・・・。

        今日の準備と明日の仕事ぶり。それら自分たちの頑張りが、運動会の成否に

        大きく関わってくることを子供たちは十分理解しているのでしょう。

        とても真剣に取り組んでいました。



         さあ、明日はいよいよ本番です。どのようなドラマが待っているのでしょうか。

        学級対抗種目では練習通りの結果になるのか?

        個人種目の徒競走では、あの子が驚異の走りを見せて大逆転するのか?

        全員が一体となって演技を行うあの学年は、どれほど大きな感動を与えてくれるのか?

        そして総合優勝は?

         一生懸命に、ただひたむきに物事に取り組む姿は、見ていて気持ちのいいものです。

        とても喜ばしいことです。一人一人が輝く瞬間を、是非、会場で、生で御覧ください。

         明日、6年生はもちろん、大平台小学校の子供たち全てが輝く日になることを願っています。

        追伸:運動会プログラムへのリンクをホームページのトップに貼りました。あくまで、目安の時間ですが参考にしてください。

                                                                 〈文責:伊熊〉

      • 夜中の雨も上がり、全校児童そろっての運動会総練習ができました。
        今年は、雨で練習ができなかった日が少なく、各学年準備が順調に進んでいるようです。

        今日は、旗立台の3つの旗がちぎれそうになるくらい強い風が吹いていました。
        集中力がなくなりそうなコンディションでしたが、1年生から6年生までしっかり話を聞くことができていました。
        さすが、大平台小の子です。


        司会進行の6年生は、少々緊張気味でした。でも本番は大丈夫でしょう。大平台小の子ですから。


        ラジオ体操、1週間前の練習とは大違いです。
        ずいぶん上手になりました。
        手足の曲げ方伸ばし方も合格点でした。
        本番も大丈夫ですね、大平台小の子ですから。


         PTA種目の「大玉送り」の練習もありました。
        全校が一つの競技に力を合わせるって楽しいことです。
        今日は、白組の勝利。
        白組のみんなは大喜びでした。
        でも、本番はどうなるか分かりません。
        参加していただく御家族のみなさんの力が勝敗に関係してきます。
        でも大丈夫、上手に大玉を送ってくれるでしょう。
        大平台小の子の御家族ですから。
        たくさんの御参加、期待しています。


        その後、赤白に分かれて、応援の練習をしました。
        大玉送りに勝利した「白組」の声が、若干大きかったようでしたが、両組の応援リーダーからは、相手に負けたくない気持ちが十分に伝わってきました。


        5年生の教材室には、騎馬戦用のグッズがありました。
        さあ、勝利の雄叫びはどのクラスがあげるのでしょうか。


        放課後は、金管バンドが運動場で練習です。
        フラッグを持つ4年生もがんばっています。

        全校が、土曜日の運動会に向けて盛り上がっています。

                                            (文責 正明)


      • おや!?廊下で踊ってる?

        実はこれ、3年生が休み時間に自主的にダンスの練習で踊っているところです。

        大平台小では、毎年3年生の学年種目として、ダンスの演技を発表しています。

        今年の3年生のテーマは「MATSURI(まつり)」です。

        世界で行われているお祭りの数々…カーニバル・フェスティバルなど呼び名は様々。

        そしてお祭りにつきものと言えば、歌とダンス!!

        たくさんある中から、私たち日本の大漁を祝う踊り「ソーラン節」、

        そして、エネルギッシュなダンス「サンバ」の2曲を選んで、踊ります。

        うれしいことに、ダンスが好きな子が多く、練習の時にはみんなうれしそうに踊っています。

        曲に親しむために、と廊下にCDプレーヤーを置いたところ、始めの写真のように盛り上がって踊っています。

        このダンスの演技を通して、リズムに乗って体を動かすことの楽しさや、みんなで気持ちを合わせて踊ることの素晴らしさを感じてくれたらと願っています。

        当日の3年生の輝く姿を、楽しみにしていてください!   (文責:中城)





      •  いよいよ運動会まで、後4日!

         どの学年の子供たちも、毎日一生懸命、運動会に向けて練習をしています。



         1年生の子供たちが特に、楽しみにしているのが、玉入れ。

         クラスごとに分かれて、それぞれ籠に入った玉の数を競うのですが、なかなかうまく入らず、苦戦しています。

         上に向けて投げるのですが、届かなかったり、籠の縁に当たって落ちてしまったり、籠を飛び越えてしまったりと難しそうです。
         
         「あー、うまく入らない!」、「また、(籠を)超えちゃった!」と言いながらも、それでも、どの子もとても楽しそうに練習していました。


         当日は2回戦まで行い、1回目と2回目の玉の合計で順位を競います。

         どの組の籠にたくさん入るか、とても楽しみです。どうぞ、応援よろしくお願いします。

                                                              (文責 水無)
      • 今日の朝の活動は、運動会で行う全校種目「みんなで8の字」の通し練習でした。

        競技場所の調整と応援席からの移動のタイミング、種目の流れを確かめました。





        最近は、休み時間や昼休みに、多くのクラスが運動場に出て、

        長縄跳びの練習をしています。

        全員参加して、時間を計って記録に挑戦しているクラスもあれば、

        苦手な子にアドバイスをしながら特別な練習を進めているクラスもあります。





        「みんなで8の字」は、全クラスが挑戦する「全員参加」の種目です。

        私自身が担任をしていたときには、この「みんなで8の字」を通して

        子供たちに「学級内の個々のつながりを深めさせたい」、

        「集団への所属感を高め、集団が一体となって取り組むことの良さや

        楽しさを感じさせたい」と願って、活動に取り組むよう働き掛けてきました。

        (他にもたくさんの目的が考えられますが、わたしは、高学年の担任が

        多かったので、この2つを中心に据えていました。)

        その目的を達成するためには、「みんなで8の字」は、とてもよい種目だと考えてきました。





        クラスがスタートして間もないこの時期は、

        みんなの思いが一つになるのはなかなか難しいことです。

        長縄跳びが得意な子もいれば、そうでない子もいるし、

        心から「他のクラスに勝ちたい」と願っている子もいれば、

        「みんなで楽しくできればいいよ」と考える子もいます。

        違う力と違う思いをもった個々が、一つの方向に向いて動くようになるためには、

        子供たち同士が本音で話し合わなければいけませんし、

        担任が一人一人の子供の思いをくみ取って、細かな対応をしていかなければなりません。





        順位を決める種目ですから、最終的には、勝つクラスもあれは、負けるクラスもあります。

        ただ、いずれにしても、様々な思いを集めて取り組む「みんなで8の字」は、

        これから一年間のクラスづくりに大きな意味をもつ種目となることでしょう。





        当日は、自分たちの目標に向けて、それぞれのクラスが一体となって

        競技に臨む姿が見られることと思います。

        お子さんのクラスは、そこにたどり着くまでにどんなストーリーがあったのか・・・

        御家庭で少し練習の様子を聞いてから競技をご覧になると、

        「勝ち負けだけではない何か」を感じられる、ひと味違った観戦や応援ができると思います。

         さて、どんなドラマが待っているのか・・・本番を、お楽しみに。

        (文責:藤井)

      • 今日の昼休みに、4年生から6年生の子供たちが、「クラブ決め」を行いました。

        クラブ活動は、「茶道クラブ」や「ビーズ細工クラブ」、「ダンスクラブ」など20のクラブに

        分かれて、自分の興味あるものに参加して活動するものです。

        4年生から6年生が、協力して活動するので、様々な学年の人たちと触れ合うことがで

        きます。


        さて、みんな楽しみにしているクラブ活動ですが、6年生にとっては、最後のクラブ活動

        です。

        クラブによって定員が決まっているので、希望のクラブに入れるか、

        みんな、どきどきしながら待ちます。

        6年生から順番に希望のクラブに移動していき、5年生、4年生と移動しました。



         

        それぞれのクラブのメンバーが確定し、部長・副部長を決定しました。



        6月の第一回の活動に向けて、今から楽しみにしています。


                                        <文責:森山>