2015年4月




  • 1年生を迎える会が行われました。

    腕には交通リーダーワッペンを付け、
    委員会の仕事も毎日こなし、少しずつですが、
    6年生としての自覚を感じられるようになってきました。

    なかでも、1年生との交流は、とても熱心に取り組んでいます。
    「先生、1年生のところに行ってきます。」
    と、いつも元気に1年生の教室に通っています。

    「先生、1年生ってかわいいね。」
    「先生、私、1年生の名前を覚えたよ。」と、
    6年生も1年生のお世話をすることがとても楽しいようです。
    いろいろ教えることを通して、
    お兄さんらしく、お姉さんらしくなっていくんだなと実感しています。

    どんな子も1年生とお話するときは、とても優しい顔になっています。
    これからも1年生と、様々な活動に取り組んでいきたいと思います。

    今日の「1年生を迎える会」と「遠足」、
    天候にも恵まれ、大変有意義な活動となりました。

    社会科で「縄文時代」「弥生時代」を学んでいるときなので、ちょうど良い時期に博物館を訪れることができました。
    縄文土器や弥生土器、貝塚、竪穴住居などを子供たちは、
    熱心に見学をしていました。

    「あっ銅鐸だ。」
    「やっぱり縄文土器と弥生土器って違うね。」
    「貝塚だ。すごーい!!」 と
     学んだからこそ楽しめる見学になりました。

    明日から、連休が始まります。
    社会科で歴史を学び始めています。少し予習をしてから、
    博物館や歴史的建造物、遺跡を見に行くのもいいかもしれません。

    私も、6年生の国語科の教材にある「鳥獣戯画を読む」にちなんで、
    「鳥獣戯画展」に行ってこようと思っています。
    11月頃に行う国語科の授業に少しでも、役立てばいいです。

    先日、配布した、「家庭学習の手引き」の裏面には次のようなことが書かれています。
    「休日や長い休みには、いろいろな学びに挑戦してみましょう。」と。

    ぜひ、ゴールデンウィーク中、お子様と一緒に、様々な学びに挑戦してみてください。

                         (文責:上村)
  • 交通教室

    2015年4月28日


       交通教室がありました。
       
       2年生は、歩行訓練をします。

       学校の近くの交差点を渡り、

      正しい横断のしかたや歩道のない所の歩き方を学びます。

       警察署から、交通指導員の方が見えられて、

      安全な歩き方や左右確認の仕方をお話してくれました。

       入学前に幼稚園や保育園でお話を聞いた経験や

      昨年、1年生で学習したこともあり、

      指導員さんの問い掛けに

      元気よく答えることができました。
       

       いよいよ、学校を出て、外を歩きます。

       子供たちの練習が安全にできるように

      交通安全協会の方々や

      保護者の方(PTA交通補導部)が

      ポイントに立ち

      指導してくださいました。

       3年生の保護者の方が

      1・2年生の交通教室のために多数御参加いただきました。

       お忙しい中、子供たちのために御協力をいただき、

      本当に感謝いたします。


       子供たちは、4人ずつ出発して歩いていきました。

       1年生の時に比べると、左右の確認や1列での歩行も

      上手にできました。

        慣れてきた頃が危ないという話を指導員さんから聞きました。
       
        新しい友達ができて、放課後に遊ぶ約束をしている姿を見かけます。

      連休になり、車が増えることが予想されます。

       事故にあわないように願っています。
                                 (文責:遠山)
    • 5年生の最初の学習は、「わたしと家族の生活」です。
      まず、ふだんの生活を振り返ってみました。

      食事のしたく、片付け、そうじ、洗濯、買い物
      家の人がいろいろな仕事を行っていることに
      気付きました。
      家族でかかわりあい、協力して日々の生活を
      送っていることを再確認できました。

      そして、調理実習に向けて、ガスコンロの使い方を学習しました。



      ガスコンロを使ったことがない子も多くいます。
      ガスコンロの扱いに慣れていないので、
      ドキドキしながら点火つまみを回していました。
      点火すると、とてもうれしそうでした。



      家庭科は、自分たちの生活をより良くしていくために
      必要なことを学んでいきます。これからの学習で、
      自分でできることを増やしていってほしいと思います。
      また、身に付けたことを家庭生活の中で、意欲的に
      使っていってほしいと思います。

                          <文責;染葉>
    • 今日は、PTA総会、授業参観会、引き渡し訓練がありました。

      1年生は、初めての参観会でどきどき、わくわく。

      何度も何度も後ろを見てうちの人がいるか確かめていました。

      いつもより元気に手を挙げて大きな声で発表する姿も見られました。たくさんの子が頑張っていました。



      引き続き、引き渡し訓練が行われました。

      先に子どもたちが運動場に出ました。外に出て人員点呼が終わると、引き渡し方法の説明がありました。

      暑い中、みんな静かに聞いていました。もしものときも、このように落ち着いて静かに聞き、次の行動を確認するようにしましょう。



       学校からの帰り道、親子で危険個所を確認しながら帰宅したと思います。

      「自分の命は自分で守る」をいつでも頭に入れて、身の危険を回避する行動がとれるようになるといいですね。

                   (文責:大石)
    • 外国語学習

      2015年4月24日
         今年も、ALTの先生との楽しい授業が始まりました。

        6年生にとっては、2年目の外国語の授業です。

        久しぶりのALTの先生への質問コーナーから始まり、

        月の呼び方を知りました。


        「春休みはアメリカに帰ったの?」  「(かかるお金が)高いから帰らなかったです。」

        「先生は春休み何したの?」  「雨の中花見をしました。」

        「行ってみたい所は?」   「鎌倉、広島に行ってみたいです。」

        「先生、何歳?」   「25歳の厄年です。」

        「趣味は?」   「無いんです、しゅみません。」

        子どもたちが外国語の授業で英語に親しむように、

        ALTの先生にも日本語、日本の文化が浸透しているようです。


        What month is it? 何月でしょう?

        9月はSeptember でも、Septの意味は7・・・

        10月はOctober でも、Octの意味は8・・・

        11月はNovember でも、Novの意味は9・・・

        12月はDecember でも、Decの意味は10・・・

        9なのに7?10なのに8?(理由は6年生に聞いてください。)

        不思議な英語の月に触れ、楽しみながら豆知識を得ることができました。


        楽しみながら親しむ、楽しみながら学ぶ。

        子どもたちにとって、毎日が楽しくなるように

        子どもたちと一緒に学校生活をつくりあげていきたいです。
                                           (文責:伊熊)
      • 避難訓練!

        2015年4月23日
          「お・は・し・も」の約束、ご存知でしょうか?

          今年度、第1回の避難訓練を行いました。地震が発生し、
          家庭科室からの出火により、火災が発生したという想定でした。

          第1次避難(地震発生に対しての避難)では、

          ・机の下に避難すること
          ・頭を守り、机の脚をしっかり持つこと

          を学びました。

          第2次避難(揺れがおさまった後、火災発生に対しての避難)では、

          ・ヘルメットをかぶること
          ・(煙を吸い込まないように)ハンカチを口にあて、2列に並ぶこと
          ・避難経路を確認しながら、上ぐつのまま運動場に出ること
          ・外に出たら駆け足、校舎から離れ、番号順にならぶこと

          を学びました。



          避難開始から全員の無事が確認できるまで「4分49秒」でした。
          第1回の訓練で5分以内に避難することができて立派です!

          防犯担当の先生と校長先生のお話もしっかり聞くことができました。
          今後も「いざ!」という時、安全・敏速に避難する力を伸ばせるように
          折に触れて、声かけを続けていきます。

          校舎に入る前に、上ぐつ裏の土をしっかり落とします



          ちなみに、「お・は・し・も」の約束はこちらです。

          ・「お」 ・・・ おさない
          ・「は」 ・・・ はしらない
          ・「し」 ・・・ しゃべらない
          ・「も」 ・・・ もどらない

          御家庭でも、ぜひ、お子さんと確認してみてください。

          文責:辻本


        • 3年生になって、新しい教科「理科」が始まりました。

          まず手始めとして、自然の中の生き物についての単元が組まれています。

          生活科でも生き物と関わった活動が多かったですが、
          理科では、より深く追究していくようになります。

          春になって、冬の寒い時期からどのように自然の様子は変わってきたのでしょうか。

          早速、気持ちのいい春の日差しの中、生き物を探しに校庭に出て行きました。
          今年の4月は天候が安定せず、出られたこの晴天の日が、4月に入って2日目だそうです。

          学校の敷地内では、たくさんの生き物を見付けることはなかなか難しいですが、
          それでも子どもたちは、楽しそうに花や昆虫などの生き物を探して回りました。

          「白くてかわいい花が咲いてるよ。デージーかな・・?」
          「真っ赤なチューリップが、たくさん咲いてる。」
          「ほら、ダンゴムシ、すぐに丸まっちゃうね。」

          虫めがねを近づけて・・・
          「この穴から、アリが出入りしている・・。」
          「木の陰に、カマキリの卵があったよ。」

          夢中で生き物を探し、春の息吹きを感じた1時間でした。

          合わせて、生き物には、いろいろな色、形、大きさの違いがあることも分かりました。

          <文責:金原>


        • 1年生も、入学して2週間がたちました。
          朝の支度、学習用具の準備、体操服への着替えなど、
          一人でできるように頑張っています。

          授業でも張り切っています。
          国語では、自分の名前を堂々と書きました。
          図工では、「すきなもの」や「じぶんのマーク」を描きました。
          「おいしいからぶどうが、すき!」
          「ロケット、かっこいいよね。」
          「ハムスターが、かわいい。」
          それぞれに思いをめぐらせて、楽しく活動しました。

          1年生の教室に掲示してありますので、参観会の折りにご覧ください。

                                   (文責・遠藤)

        • 今日から家庭訪問が始まりました。

          各クラスの担任が、御家庭におじゃまさせていただきます。

          初日の天気は、雨。

          「時間通りにうまく回れるかなぁ?」

          担任は、少し不安な気持ちになる空模様です。




          さて、家庭訪問の主な目的は・・・

          ①お子さんの家庭での様子(生活リズム、学習習慣、友人関係 等)を知ること

          ②御家庭の教育方針や保護者の皆様の思いをうかがうこと

          ③担任の学級経営の方針をお伝えすること

          ④学級がスタートしてからここまでのお子さんの様子をお知らせすること

          です。



          この家庭訪問で得られた情報を生かしながら、

          御家庭と協力して、子どもたちの健やかな成長を

          目指していきたいと考えています。



          「どんな先生なのだろう?」

          きっとそれぞれのお宅で、担任との対面を、楽しみにしながら、

          またドキドキしながら、待っていられることでしょう。

           担任も、緊張しながら各家庭を回ります。

           わずか10分程度ですが、これからの1年につながる

          有意義な時間になればと思います。

           どうぞよろしくおねがいします。

          (文責:藤井)
        • 今日は、2年生から6年生の子どもたちが、計算力テストを受けています。

          昨年度までに学習した内容の中でも、計算問題だけを取り扱ったテストです。

          子どもたちは、真剣にテストを受けていました。



          年度初めに、計算力の定着度合いが分かると思います。

          さて、結果は、いかに?


                                                文責:森山