2014年11月



  • 本日は、子どもたちが楽しむための学習発表会が開催されました。

    明日、保護者向けの発表があるため詳しくはお伝えできませんが、これまでにない楽しい発表が見られると思います。

    ぜひ、御期待下さい。

    笑いあり、感動あり、ためになることありの盛りだくさんな内容で、全く飽きることのない充実した時間でした。

    どの学年も、準備に時間をかけてきた様子が伝わってきます。

    子どもたちの一生懸命な姿はもちろん、今回は、自信に満ちあふれたいい表情をしています。

    5年生は、普段、教室でなかなか発表ができないといったこともありましたが、

    あの大舞台で声を張り上げている姿をみると、ここ最近の目覚ましい成長に感激させられます。

    ぜひ、明日はみんなで楽しんでください。

    そして、御家庭で発表会の様子について盛り上がってください。

    お楽しみに。

    (文責:大川)
  • 長い時間をかけて、各学年とも一生懸命に練習、準備を重ねてきた学習発表会。
    校内での発表が、いよいよ明日となりました。
    今日は、プログラム順にほぼ時間通り、リハーサルが行われました。



    どの学年も最後の仕上げに熱が入ります。

    6時間めには、6年生と職員で会場の準備を行いました。
    フロアにシートを敷いたり、ステージの装飾をしたり、みんなで力を合わせて立派に会場ができあがりました。

     



    今年のスローガンは「進もう未来へ。きざめ歴史の1ページ。」です。
    大平台小学校10年目、このステージに子どもたちがどんな歴史を刻んでくれるか
    本当に楽しみです。
    保護者や地域の皆様には、土曜日のお越しをお待ちしています。

                                             (文責:中城) 
  • 4年生とグッピー

    2014年11月26日
       今日は、4年生がかわいがっているグッピーのことを紹介します。

      4階の4年生の教室の前には、水槽が3つあります。

      その中には、体が透き通っていて、とってもきれいなお魚、グッピーが住んでいます。

      子どもたちはグッピーが大好きで、えさの当番表を作って、順番に世話をしています。

      休み時間に子どもたちが水槽の前に行くと、

      グッピーはえさをもらえると思うのか、急いで集まってきます。

      その様子がとても愛らしいのです。

      最近、環境に慣れてきたのか、赤ちゃんが誕生するようになりました。

      小さい赤ちゃんがのびのび暮らせるように、「ちびちゃんハウス」を作って、大事に育てています。

      先日、少し寒くなってきたので、水槽の中にヒーターを入れました。

      すると、今までよりも元気よく泳ぐようになりました。

      グッピーも温かい水に、満足しているようです。
       
                                                        (文責 髙木)



                       




    • 歌声集会

      2014年11月25日


         今朝、歌声集会がありました。

        全校で、10周年記念歌「笑顔いっぱい、ゆめいっぱい」と校歌の練習をしました。
         
        10周年記念歌は、歌詞を全校の子どもたちに募集し、実行委員会がまとめました。

        そして、校歌の作曲者である舟橋弘子先生に曲を作っていただきました。明るくとても楽しい歌です。

         今まで、教室でこの歌を練習してきた2年生。何度も何度も歌っているので、歌詞や曲が体になじんでいます。

        曲が始まると、体をゆらして歌い始めました。どの子もとても楽しそうに歌うことができました。
         
         いよいよ今週の土曜日が、10周年記念式典と開校10周年記念学習発表会です。

        毎日、式典や発表会へ向けて全力でがんばっています。

        発表会では、2年生は、「スイミー~ちいさな かしこい さかなのはなし~」の音楽劇を行います。ぜひ、楽しみにしていてください。
                                        
                                                                   (文責:水無)
      • なぜ、「義廣」なのだろう?
        浜松祭りに参加した時に、法被や凧を見て、昔から感じていたことです。そして、4月に大平台小に赴任し、児童昇降口に行った際にも、「なぜ、ここに・・・」不思議はつのるばかりです。
        その理由が、分かりました。昨日、入野町凧揚げ会の方が来校くださり、大平台小児童昇降口に掲示してある凧の糸目等の修繕をしてくださいました。その際に、以下のことを教えていただきました。

        室町時代末期に、当時の引馬城主飯尾豊前守の長男「義廣」公の誕生祝いに、当時の入野村(今の浜松市西区入野町)の住人佐橋甚五郎さんが大凧に「義廣」の名をいれ、城中高く揚げたのが始まりとされているそうです。これは、浜松祭りの凧揚げ合戦の由来ともされているそうです。

         入野中学校区の目指す子どもの姿
        「思いやりの心と夢をもち、地域の自然とや文化・人々とのつながりを大切にする子ども」

        この凧からも子どもたちは、地域文化のつながりを日々学んでいることが分かりました。

        <文責:泉澤>
      • 記念誌の題字

        2014年11月20日


          10周年記念式典、学習発表会に向けて、
          それぞれの学年が、練習に熱心に取り組んでいます。

          そんな中、10周年記念誌の表紙に使う題字を書きました。
          記念誌の題は「わかばの子」です。

          いつもは縦書きの半紙を横書きに使い、「わかばの子」を書いてみました。
          毛筆で横書きの言葉を書くのは、初めてでした。
          初めのうちは、字の大きさの加減が分からず、
          半紙に収まらなくなったり、反対に小さくなりすぎたりして、
          悪戦苦闘していました。

          しかし、書いていくうちに、だんだん慣れてきて
          バランスよく書けるようになってきました。
          子どもたちの字を見ていると、
          元気な「わかばの子」、優しい「わかばの子」、
          真面目な「わかばの子」、楽しい「わかばの子」
          いろいろな「わかばの子」の姿が、想像できます。
          同じ「わかばの子」という字を書いても、
          一人一人の思いや個性の違いを感じ取ることができました。

          記念誌にも、子どもたちの思いがつまっています。
          できあがりが、楽しみです。
                           <文責:染葉>
        • 学習発表会

          2014年11月19日
            学習発表会はいよいよ来週。登校日としては残り5日となりました。

            まだ来週だから…などと悠長にしていられません。

            どの学年も練習に力が入り、ブログの話題も学習発表会が中心ですね。


            3年生ももちろん、毎日一生懸命練習しています。

            今年は「おおひらっこ たんけんたい」をテーマに、総合的な学習で学んだことを音楽と劇で発表します。

            お店探検、お茶摘み、東神田川での生き物探し…




            教室を出て様々なところで学習してきた活動が、ステージの上でどのように表現されるか楽しみにしていてください。

            特に今年は、開校10周年。記念すべき発表になるように頑張っています。




            頑張っている子どもたちを、お家でも応援してあげてください。

            そして、子どもたちがステージで輝く姿をごらんいただくために、保護者の皆様にもいくつかご協力をお願いします。

            ♪開場時刻より前に入場することは固くご遠慮願います。

            ♪発表の途中での会場への出入りは固くご遠慮願います。

            ♪混雑防止のため、会場内の移動は一方通行とします。

            ♪会場内では、私語を慎み、お静かにお願いします。

            ♪携帯電話の電源はお切りください。

            ♪写真やビデオ撮影は、周囲の迷惑にならないようにお願いします。

            ♪小さなお子さんを連れて参観される場合は、周囲の方の迷惑にならないよう、ご配慮をおねがいします。

            特に写真撮影についてですが、携帯電話・スマートフォン・タブレットなどインターネットへの投稿が容易な端末での撮影は、

            プライバシーや肖像権の観点から固くお断りしておりますのでご理解ください。



            大平台の保護者の皆様は毎年大変マナー良く鑑賞してくださっており、ありがたく思っています。

            10周年の記念の発表会でも、いつものように、いえ、いつも以上に、よい聴衆として子どもたちを育ててくださいますよう、

            どうぞよろしくお願いいたします。(文責:三野)


          • 学習発表会のステージ練習が始まっています。
            1年生にとって、初めての学習発表会。
            2学期に入って、各クラスでたくさん練習を重ねてきました。
            鍵盤ハーモニカ、タンブリン、木琴や太鼓など
            色々な楽器を使って演奏します。

            今日は、学年で全体の流れを通してみました。
            自分が立つ位置の確認をした後は、歌の練習です。
            1年生みんなで、ジャイアンの声にならないように気を付けました。

            これから、本番に向けて
            せりふを言う時の声の出し方や、
            演奏中の立ち方などにも気を付けていきます。

            当日は、可愛い魔法使いやお星さま、
            おもちゃや虫たちが出てきます。
            1年生らしく成長した子どもたちの様子を
            楽しみにしていてください。

            あと10日。
            体調管理にも気を付けていきたいですね。

            <文責:青野>
          • 学習発表会に向けて

            2014年11月17日
               28日(金)、29日(土)の学習発表会に向けて、着々と練習・準備が進んでいます。

              体育館での練習を覗いてみると、よく響く澄んだ歌声、迫力のある合奏、気持ちのこもった

              せりふなどが体育館の入り口付近にいても響いてきます。学年ごとに、成長の様子や

              その学年の特色が感じられる演出になっています。当日がとても楽しみです。

               校内の環境整備も合わせて進んでいます。普段の清掃もそうですが、高学年が

              昼休みなどに取り組んでいるボランティア清掃や、5年生の花壇の花の植え替えなど、

              学習発表会とともに「開校10周年」も意識して、自慢の学校をみんなで作り上げようと

              しています。行事への参加を通して、子どもたちが成長したと感じるのは、メインの行事だけでなく、

              そこに至るまでの取り組みによるところもあると思います。

               子どもたちの成長の瞬間に立ち会うことができる教師という仕事の醍醐味です。

              <文責;宮﨑>

            • 花壇の掃除

              2014年11月14日
                5年生が毎日世話をしてきた花壇の花が種をつけ、終わりを迎えました。

                今年は、花や実のでき方を学習したせいか、とても熱心に世話ができました。

                栽培当番が回ってくるのを楽しみにしている子も多く、朝早くからホースを持って、花に水をかけてきました。

                今日は、花壇をきれいにするため、枯れた花を取り除く作業をしました。

                自分の分担が決まると、さっそく掃除。

                活動への取りかかりもずいぶん早くなりました。

                ある子は、一輪車を一生懸命押し、それぞれの花壇に肥料を配って回りました。

                決められた仕事ではないのですが、進んで行動する姿に、林間学校での経験が生かされていることを感じます。

                10周年記念式典も間近に迫ってきました。

                学校の環境を良くしようという気持ちを、普段からみんながもてるようになるとうれしいです。



                (文責:大川)