2014年4月

  • 28日に引き続き、今日は、中学年の交通安全教室が行われました。

    あいにくの雨でしたが、体育館で交通安全指導員さんからのお話をうかがいました。

    時にはクイズも交えながら、自転車に乗る前の点検項目を教えて頂いたり、

    自転車の危ない乗り方・安全な乗り方を実践して頂いたり、

    交通ルールを楽しく学習することができました。




    「ブレーキがきくか、とくにしっかり確かめないといけないんだね。」

    「あっ!危ない!右側を走ると車とぶつかってしまうね。」




    『“とまれ”の正しい標識はどれでしょう?』

    『信号の三色、正しい並び方は…これで良いと思う?』

    「いつも見ている標識や信号なのに、難しいなあ。もっと意識して見ないとね。」




    子どもたちはみんな、真剣に話を聴いていました。


    安全教室の最後には、子どもたちの感想から、

    「自転車の乗り方がよく分かりました。」

    「今日のことを生かして、気を付けて自転車に乗りたいと思います。」

    と、学んだことを自分のこととしてしっかり考えていることが伝わってきました。


    3年生になり、自転車に乗る機会が増える子も多いと思います。

    今日のことをしっかり心に留め、「自分の命は自分で守る」をキーワードにして、

    事故0で元気に生活していきたいですね。           <文責:幹恵>
  • 事務室より

    2014年4月28日


       今日は交通安全教室が低学年と高学年を対象に行われました。

      低学年は歩行訓練、高学年は自転車練習を行っていました。

      今日、教わったことを忘れずに生活してほしいです。

      暑い中ご指導くださった方々、ありがとうございました。


      5月から校納金の振替が始まります。

      振替日までに入金をお願いいたします。

      PTA総会資料の集金計画について(P18~20)をホームページの事務室にアップしました。

      通知文書と集金一覧表をご覧ください。

                   (文責:仲村)
    • 遊びもいろいろ

      2014年4月25日


        休み時間にふと運動場をみると、とてもたくさんの子どもたちがいました。

        学級にも慣れ、友達づくりも順調に進んでいるようです。

        遊び方を見れば、ずいぶんいろいろなことをしています。

        8の字跳びをしている子、鉄棒で逆上がりをしている子。

        高学年の男の子は、バスケットボールに夢中です。

        ずいぶんいろいろな遊びをしています。


        4月の独特なドキドキする空気は、いつの間にか、5月の落ち着いた空気となり、

        子どもたちの中にも、少し落ち着いた感じが見られるようになってきました。

        過ごしやすい季節を迎え、いよいよこれからが、私たち担任の腕の見せ所。

        わたしたちは、それぞれの個性を発揮し、子どもたちを育てていきます。

        子どもたちはみんな、異なる環境で育ち、違う性格をもっています。

        好きなものも嫌いなものも、みんな違う中で、学級としての統一感を作っていくことが担任としての一番の面白いところでもあります。

        さて、今年はどんな手を打ちましょうか…


        広い運動場の中で、いろいろな遊びをしている子どもたちを見て、どんなふうに成長するのかなと想像し、ちょっと笑みがこぼれました。

                                 (文責:大川)
      • 6年生では、4月11日(金)に学級対抗ドッジボール大会を行いました。

        新学級の団結を深めることと、学級間の親睦を深めることが大きな目的でした。

        選出されたばかりのフレンズリーダーたちが昼休みに集って企画をし、当日は役割分担をして大会を運営をしました。

        短い準備時間でしたが、どのフレンズリーダーも自分の仕事をしっかりこなし、頼もしく見えました。
          
          


        大会は2組の優勝でしたが、どの学級も協力して取り組み、大変な盛り上がりを見せました。

        熱戦が繰り広げられる中で感じたのですが、フェアプレーの意識が高い子が多かったです。

        どの学級の子も、負けた悔しさや勝った喜びを相手に向けて発散することなく、

        相手に対して敬意をもってゲームに臨めていました。

        これは、とても素晴らしいことだと思います。

        この学年が一つにまとまり、高め合っていけるのではないかと感じることができました。

          

        学級対抗は今後も続いていきます。

        次は運動会でどの学級がトロフィーを獲得するのか、今から楽しみです。

                                         文責:桔川
      • ツルレイシの種をまきました!

        ツルレイシの種は、うす茶色で

        表面がざらざらしていました。

        「何だか変な形だね。」

        「どこから芽が出てくるのかな。」



        ツルレイシは、夏になったら花が咲いて実がなります。

        どんな風に育っていくのか、ツルレイシの生長が楽しみな4年生です。

        <文責 高木>


      • 2年生になって初めて、図画工作科で絵の具を使いました。島が「ドッカーン」と噴火する『えのぐじま』です。

        話を聞いてすぐに、頭の中でイメージがわいて、描こうとする子。

        じっくりじっくり考えて、島のイメージをつくっている子。

        それぞれが、自分のイメージした島を描き始めました。


        「ぼくは、島のてっぺんをギザギザにしたんだよ。」

        「ぼくは、島の真ん中にいん石が激突している感じにしたよ。」

        「私は、色を交ぜて新しい緑色をつくったよ。」

        「私も、きれいな色をつくって、ぬったよ。」

        「私は、島に模様をつけたよ。」などと、工夫を話してくれました。


        思わぬ筆の動きや色の意外な組み合わせから、イメージを広げている子もいて、

        思い浮かんだ形や色に表わして、絵の具をぬることを楽しんでいました。

        今日は、27のすてきな『えのぐじま』が完成しました。      
                                                             (文責:横井)


      • 新学期が始まり、2週間が過ぎました。

        子どもたちは、少しずつ学校生活にも慣れ、

        元気いっぱい活動しています。


        授業も始まりました。

        1年生や2年生は、「先生や友達の話を静かに聴く」ことを

        重点的に学習しています。

        話をしている人の方を見て、最後まで集中して聴くことは

        学びの基本です。


        休み時間には、友だち同士で誘い合い、運動場に出て

        楽しそうに遊んでいます。

        子どもたちの明るい声が響き渡り、心が和みます。


        おいしい給食も、もりもり食べています。

        1年生も、おかりをする子が大変多く、驚きました。

        たくさん食べる子は、心も体も元気な子ですね。


        大平台小が、10年を迎える節目となる年。

        子どもたちにとって、充実した素晴らしい1年となるように

        職員一同、励んでいきたいと考えています。


        保護者の皆様も、ご家庭で子どもたちから

        学校の様子について、たくさんお話を聞いてあげてください。

        子どもたちは、話したくて聞いてもらいたくて

        うずうずしていることと思います。

        よろしくお願いします。


                                   文責:内田
      • 授業風景

        2014年4月18日
          2時間目の授業の様子です。

           1年生 「国語」



           2年生 計算力調査



           3年生 体育



           4年生 計算力調査



           5年生 計算力調査



           6年生 計算力調査



          新年度が始まり、2週間が経ちました。

          どのクラスも落ち着いて学習に取り組んでいます。


        •  昨日、時間割が確定し、本日より時間割通りの授業が始まりました。

          それぞれの学級で、担任ではない先生の授業も始まり、

          子どもたちも、また、新たな気持ちで学習を始めています。

          5年2組では、社会科の担当が内田先生に決まり、授業をしてくれました。

          1年間の社会科の進め方についてのお話があり、真剣な表情で聞いていました。


           さて、大平台小学校の研修ですが、本年度も引き続き

          「聴いて 考えて つなげる授業」を目指していきます。

          学級はじめのこの時期に大切なのは、

          「聴く」ことです。

          大平台小学校では、友達がどんな話をしたのか、先生が何を教えてくれたのかについて

          心を傾けて聞いてほしいという願いから、「聴く」の字を使っています。

          写真などで見られる子どもたちの真剣な姿は、この聴く姿勢がよく表れています。

          20日には参観会が予定されています。

          ぜひ、子どもたちが話を真剣に聴いている姿をご覧になってください。

          お待ちしています。

                                             (文責:大川)
        • 初めてのお習字

          2014年4月16日


            初めてのクラス、初めての友達、初めての先生…春は「初めて」にあふれる季節ですね。

            新入学の1年生はもちろんですが、意外に「初めて」が多いのが3年生です。

            リコーダー、社会や理科、総合と言った新しい教科、そして、お習字です。


            昨日行われた初めての書写(毛筆)の授業、子どもたちは真剣です。


            すずりの置き方一つとっても、初めて見る子にははてな??がいっぱい。

            縦に置くのか横に置くのか、深いところと浅いところのどちらが手前か、みんなで確認していきます。

            「墨を出しすぎないようにしましょうね。」

            と声を掛ければ、まるでお刺身のお醤油くらいにちょっぴり入れる子が続出。

            文鎮の使い方も、初めて知りましたね。

            真新しいのりのきいた筆をほぐし、どきどきしながら墨に浸します。

            そうして書いた、「初めてのお習字」

            本日の課題は、

            筆を倒さないように気をつけながら、、へびのようなにょろにょろを3本。

            墨をたっぷりつけ、一筆でなるべくたくさんぐるぐるさせた渦巻き。

            なかなか上手にできました!


            「初めて」のことは、私たちを緊張もさせますが、ドキドキ、ワクワクもさせてくれますね。

            子どもたちのめあてカードにも、「理科と社会をがんばる」「書写で、習字をきれいに書く」など、

            かわいらしい決意が輝いていました。

            【文責:三野】