2014年1月



  • 心配されたインフルエンザも、今のところ、

    どうやら学習発表会の開催を心配する状態にはならず、

    明日、無事に学習発表会が実施できそうです。まずは一安心です。

    6年生が一生懸命準備をし、準備も整いました。

    明日は、お子さんのこの1年の成長を輝く姿できっとご覧いただけると思います。

    ぜひ、お越しください。

    さて、先日「保護者のみなさまにお願い」という桃色の便りを出させていただきました。

    くどいようですが、お守りいただけますよう、お願いいたします。


     開場時刻より前に入場することがないよう、お願いします。開場は12:30です。

     発表の途中での会場への出入りは固くご遠慮願います。
      
        ※ 毎年「今、自分の子どもの発表だから」とおっしゃてくる方がいらっしゃいますが、
         
         途中入場はできません。時間に余裕をもってお越しください。

     会場内は安全確保のためにも一方通行です。会場図の通り移動してください。

     会場内では私語を慎み、お静かにお願いします。

     携帯電話の電源はお切りください。
       
        ※ 例年お願いしていますが、残念ながらまだ着信音が聞こえます。お守りください。

     写真やビデオ撮影は周囲の迷惑にならないよう、お願いします。
        
        ・待機中、リハーサル時の撮影はなさなないでください。
      
        ・携帯電話、スマートフォン、タブレットでの撮影はおやめください。

           個人ブログやフェイスブックなどのインターネットへの投稿は、

    肖像権の観点からも固くお断りします。

        ・フラッシュ撮影は児童の集中力を欠きますので、ご遠慮ください。

        ・三脚を使った撮影は指定の場所(見学席後ろ)のみです。

        ※ お年寄りの方で遵守事項をご存じない方もいらっしゃいますので、

    祖父母の方にもお伝えいただけますよう、お願いします。

     小さなお子さんを連れて参観させる場合は、周囲の方の迷惑にならないよう、ご配慮ください。
     

    750人もの児童がいる本校です。

    ぜひマナーをお守りいただき、

    子どもたちが力を発揮できるすばらしい学習発表会となるよう、

    御協力ください。

    記録よりもぜひ「心」に、その姿を残してあげてください。

    自分も当日担当で写真を撮影しますが、

    本当はじっくり聴いてしっかり見て感じたいなあと、いつも思っています。


                                   (文責:稲垣)


  • 6年生だから…

    2014年1月30日
      本番を明後日に控え、学習発表会の練習も

      いよいよ大詰めの段階に入りました。

      今日は、1時間目に体育館練習があったのですが、

      練習の様子を見ながら、

      「6年生が学習発表会を支えているんだな」

      と、改めて思いました。




      自分たちの発表をするのはもちろんのこと、

      午前の部では、開会式を担当する運営委員会、

      全校合唱の伴奏を受け持つ音楽委員会、

      進行のアナウンスを務める放送委員会というように、

      それぞれの役割もこなさなければなりません。

      今日の練習は、これらの動きをすべて含めて行われました。





      また、6年生全員が、前日の準備で動き、

      全校合唱で、下級生をリードする歌声を響かせるのも大切な役目。

      さらに、金管バンド部の子たちは、演奏の中心となり

      下級生を引っ張りながら、みんなよりも一つ多く発表をする。


      というように、「発表会の盛り上がりや成功のカギを6年生が握っている」

      と言っても過言ではないと感じます。

       この責任を、今までの6年生は果たしてきたのです。

      「わたしたちにできるかな?」なんていう泣き言は、言っていられません。





       でも、ご心配なく。彼らなら、大丈夫です。

       ここ数日の練習を通して、6年生の子どもたちの目は、

      今まで以上に輝きを増してきました。

      表情も、自信と「やるぞ」という気持ちがあふれ、

      とても6年生らしく、頼もしくなってきました。

      どうぞ当日は、学習発表会の柱となって動く6年生を、

      土台となって支える6年生を、

      そして、自分たちでつくり、整えた舞台で、

      これまでに蓄えてきた力を存分に発揮して「輝く6年生の姿」を、ご覧ください。

       明後日をお楽しみに。

                                          (文責:藤井)



    • 学習発表会が近付いてまいりました。
       学年練習も残すところ、あと1回となりました。

       昨日の練習では、インフルエンザ予防のため、
       マスク着用のままの練習を行いました。
       
       今年度の4年生の発表は、
       ①できるだけ多くの子どもに責任ある役割を任せたい。
       ②全力で一生懸命取り組む姿を、お客様に見ていただきたい。
       この2点を目標に取り組んできました。

       もうすぐ始まるオリンピック、高校野球、サッカー、なんでもそうなのですが、
       人は、だれかが一生懸命取り組む姿を見て、感動するものだと思います。

       みなさんに、4年生の子どもたちが一生懸命ひたむきに取り組む姿を、お届けできるよう、
       より良い作品に仕上げていけるよう、最後まで努力していきたいと思います。

       今日は、当日ご覧いただけない、舞台裏の姿の写真も載せました。
       いろいろなところで、たくさんの子どもたちが活躍してくれています。

       学習発表会、楽しみにしていてくださいね。
                                      (文責:上村)
    • 本番5日前・・・

      2014年1月28日


        本番まで、あと5日!

        私たち2年生は、

        今日も発表会に向けて

        一生懸命に取り組んでいます。

        練習を重ねるにつれ、歌声も、演奏も、演技も

        どんどん上手くなっていくのがわかります。



        「はじめは、鍵盤ハーモニカがうまくできなかったけど、

        間違えないでできるようになったよ。

        本番もがんばりたいな。」

        「みんなで、心をひとつにして元気いっぱいに

        歌いたいな。」

        「聞いている人によかったと言ってもらえる演奏をしたいな。」

        毎日の練習を重ねていくたびに、

        子どもたちも自信をもてるようになってきました。



        ただし、一番心配なのは、インフルエンザやノロウイルス・・・

        でも、元気な2年生。

        みんなが、休むことなく本番まで

        頑張ってくれることを信じています。

        何事にも、集中力と体力で勝負。

        みんなの心が一つになるような発表を目指して

        頑張りたいと思います。

        (文責:木村)


      • 4年生の理科では、
        「マッチを使って、アルコールランプに火をつける。」
        「ガスコンロにカートリッジを装着し点火する。」
        など、実験には欠かせない、火を扱う場面が増えてきます。

        すべては初めての経験ですので、最初にやり方の指導を行いました。
        ガスコンロは、比較的簡単ですが、問題は「マッチを擦る」という行為です。
        今は、火を付けるのにマッチを扱うことがほとんどなくなり、
        子どもたちに擦った経験を聞いてみても、2割程度です。
        (しょっちゅう擦ってるなんて子がいたら、かえって怖いですが・・。)

        擦り方のレクチャーをしてあっても、必要以上に用心してしまい、
        なかなか火がつかず大苦戦。
        おまけに火がついても、怖がって軸を下に向けてしまい、
        かえって火がすぐ指先に迫り、火傷寸前・・。
        (火の特性も分かっていない?・・・)

        しかしながら、何事も経験・・練習!
        次第に上手に擦れるようになってきました。

        始めは恐る恐るやっていた子が、最後は、「たのしい~」に変わり・・。
        エスカレートして、くれぐれも変なものに
        火をつけないよう注意していきたいと思います。

        最近行った「水の温まり方」実験では、
        手際よく協力して進めることができました。

        <文責 金原>


      • この上に掲載したかわいい写真。

        お分かりになりますか。現6年生の1年生の時(平成20年度)の写真です。

        ちょうど私が本校に赴任してきたときの1年生でした。

        「今年の1年生は穏やかだね。」「おっとりしているね。」

        そんな評判の1年生だったのを覚えています。



        この写真は今の6年生が1年生の時の学習発表会の写真です。

        太鼓をたたき、1年生とは思えないほど見事な演奏や劇を披露したのを覚えています。


        こんなにかわいらしかった子どもたち。今ではこうです。大きくなりました。



        おっとりしているという雰囲気は今でもあります。

        争うことを好まず、マイペースに生活する子が多い学年です。

        でも、そのよさはやさしさとなり、誠実さとなり、

        まじめさは素直に受け止める姿勢となり、

        あいさつがきちんとできる礼儀正しい6年生へと成長しました。

        そんな6年生は、今ラストの学習発表会に向けて、静かな情熱を燃やし、

        仲間と共に頑張っています。

        学習発表会の最初と最後を飾る学校のエース6年生。

        音楽主任の三野先生の熱き指導のもと、とても期待できる合唱や演奏を発表してくれそうです。

        楽しみです。

        6年生の保護者の皆様、1~6年のお子さんの成長過程を振り返りながら、

        やさしい気持ちで観てあげてください。

        きっと心がじんじんすると思いますよ。


        インフルエンザが大流行することなく、

        無事に2月1日にすてきな学習発表会ができることを願います。

        そのためにもこの週末の過ごし方は十分ご注意ください。

                                 (文責:稲垣)





      • 学習発表会がいよいよ、近づいてきました。

        学習発表会への準備や練習も盛り上がってきています。

        5年生は、この一年の仲間としての成長と学びを

        林間学校での活動を描きながら表現したいと考えています。





        〇 みんなの願いを出し合おう


        〇 願いをかなえる仲間のイメージを描き出そう


        〇 願いを実現するためにがんばることを決めよう

        子どもたちは、事に当たるごとに願いを共有し、仲間のイメージを描き出し、

        共にがんばることを決めて、心を重ねてきました。

        そして、困難にぶつかるごとに、「何のため」を思い出し、解決策を考え合い、

        壁を乗り越えて、共に成長してきました。







         その様子を、合唱、合奏、寸劇、群読で表現していきます。

         この学習発表会への取り組みの中でも、子どもたちは、

        「舞台を創造する」ことを通して、「仲間と心を重ねる」ことを

        学んでいます。

        みんなの心を重ねて、一つの世界を創り出そうとがんばっています。


        「緑の風を感じて~仲間と歩く林の小道~」

         どうぞ、当日の発表をお楽しみに。





        文責 5-5担任 望月 実


      • 学習発表会に向けて準備を進めています。
        3年生は、「浜松のいいところ 教えます!!」
        というタイトルで、これまで社会科で学習したことを発表します。

        各クラスでは、劇で必要な絵や道具を準備しています。
        休み時間になると、
        「色を塗って仕上げよう。」
        と、自分たちで紙を教室に持ってきて
        準備している姿が見られます。

        劇の練習中には、
        「もっとゆっくり言った方が分かりやすいよ。」
        「話している人の方を向いて聞くようにしたらいいんじゃない。」
        子供同士でアドバイスをしている様子も見られました。


        そして、体育館では、
        入場から退場まで、全部を通しての練習を行い、
        自分の立ち位置や、声の大きさを確認しているところです。

        リコーダー隊、劇、合唱と、
        一人一人が学習発表会に向けて頑張っています。
        うがい、手洗いをし、体調管理に気をつけて
        万全な体調で学習発表会を迎えられるようにしたいですね。

        (文責:青野)


      • 残念ながら、集団食中毒の影響で、お弁当持参の日々が続いています。

        おうちの方には、お忙しい中ご迷惑をおかけしており、申し訳ありません。


        さて、そんな今週ですが、実は「食を考える週間」です。


        今日は、昼の放送で、人気献立の発表がありました。

        大平台小学校の好きな主食第1位は、「ごはん」。

        第2位は、「ソフトめん」、第3位は、「メロンパン」でした。

        好きなおかず第1位は、「やさいチップス」。

        第2位は、「手作りコロッケ」、第3位は、「きゅうちゃんづけ」でした。

        また、ハンバーグやからあげも人気がありました。

        好きな汁物、第1位は、「かきたま汁、または卵スープ」。

        第2位は、「アルファベットスープ」、第3位は、「ミートソ-ス」でした。

        好きなデザート第1位は、「クレープ」。

        第2位は、「ケーキ」第3位は、「ティラミス」でした。

        これらのメニューを組み合わせて、3月の給食で出ます。

        楽しみで、子どもたちから歓声がわきました。





        昼休みには、食材当てクイズをしました。

        絵日記には、楽しかった様子が書かれています。


        「今日のクイズラリーは、食べ物の名前が出てきたね。おもしろくて何回も、やりたくなったよ。」

        「難しい問題は、『毎日出ている食べ物はなんでしょう。』だよ。
         わけは、スープやおかずの中に、いろんなものが入っているから。」

        「4問ともわからなかったよ。全部知らないから楽しめたよ。」


        1年生なりに、チャレンジしてイベントを楽しみました。



        浜松マナーの9ページにも、考えてみようコーナーがあり、

        「いただきます」「ごちそうさまでした」は、感謝の言葉で、

        だれに「ありがとう」の気持ちを伝えるのかな?とあります。


        学校では、①自分の健康を考えて献立や食品を選択する能力を身に付ける。

        ②選ぶ喜びや食べる楽しみを感じながら、友達を思いやる心を育てる。

        ③地場産品や郷土料理を知って味わい、地域の良さを知る。(地産地消)

        ④栄養や食品の知識を会得し、望ましい食生活を送ることができる。

        の4つをねらいとして指導しています。

        ぜひ」、御家庭でも、話し合ってみてください。

                                               (文責:昌美)
      • 昔のくらしの道具

        2014年1月20日



           3年生の教室前の多目的スペースで、「学校移動博物館」

           が行われています。3年生の社会の資料として、大正から昭和の

          初めころの道具を展示しています。

          これは、浜松市博物館の事業で、博物館の資料を見たり、

          触れたりすることによって、歴史学習の動機付けをしたり

          教科・総合学習等の発展をねらって行われたりするものです。

           子どもたちは、写真でなく実物を見ることで、これらの

          道具について、より具体的に知ることができているようです。

          はじめて触れる道具がほとんどですので、その使い方を考え、

          とても興味深いようすでした。

           昔の道具から、当時の人々の、知恵と工夫を学んでくれるものと思います。


                                             (文責 明男)