2013年9月

  • 学校保健週間

    2013年9月30日
      9/17~20に行われる保健週間に向けて、

      9月に入り、児童保健委員会のメンバーはイベント(クイズラリー)と

      学校保健委員会の準備を始めました。

      まずは役割分担から。クイズラリーの問題づくり、

      学校保健委員会の司会、発表者などを決めました。

      委員会の時間だけでは準備ができないため、

      休み時間や朝の始業前の時間を使って準備を進めました。



      修学旅行の打ち合わせや、学級の用事などもある中で進んで準備することができました。

      保健週間が始まり・・・

      クイズラリーには270人もの子どもたちが参加してくれました。

      7つ問題があり、全問正解者は、なんと5人!ちょっと難しかったかな?

      参加してくれた子には、手作りのしおりをプレゼントしました。

      大勢来てくれて忙しかったけど、ちょっぴりうれしい保健委員会のみんなでした。

      学校保健委員会は、学校歯科医の蒔田先生をお招きして

      「ずーっと健康な歯でいようね!」をテーマに行いました。

      司会、大平台小学校歯科検診結果報告、お礼のことばは児童保健委員会がおこなました。

      6年生全員、PTAの方も出席する中で、堂々と進行、発表することができました。




      ハプニングもありましたが、そんなことがあったとは思わせない、落ち着きぶりでした。

      みんな、とってもがんばりました。

      これからの、自信につながってくらたらいいなと思います。

                       (文責:鈴木)



    • この写真は昨年の林間学校でのブログ投稿画像です。

      来週、10月2日、3日、4日と本校6年生が、修学旅行に行きます。

      本年度も例年通り、ブログ中継を行う予定です。

      ここ数年、大きな学校行事である修学旅行での子どもたちの様子を、ブログという形で発信することで、

      子どもたちの頑張っている姿を御覧いただき、併せて教育活動への理解を深めていただくことを目的に

      ブログ中継を行ってきました。

      例年、そのアクセス数はものすごい数で、

      1日10000アクセスぐらい来ることもあります。

      多くの保護者の皆様にご覧いただいていることを実感してうれしく思っています。


      このブログ中継も6年目を迎え、本校では「当たり前」のような感じになってきました。


      その中でいくつかのご指摘も受けるようになりました。

      「同じ子ばかり写っている。」

      「うちの子のクラスの様子が掲載されていない。」


      保護者の方の立場になって想像すれば、お気持ちは分かります。

      「我が子が笑顔で楽しく活動している姿が見たい。」・・・・親心です。

      私が親ならそう思うと思います。


      しかし、当然のことながら、修学旅行は修学旅行の教育的目的があります。

      職員は、その目的を達成するために子どもたちに指導をします。

      そして、泊を伴うような大きな行事では、

      第一に安全に活動できるようにしなければならない、

      公共のマナーや礼儀に気をつけなければならない、

      思いやりや仲間意識を育てる行事にしなければならない、

      どの子にとっても楽しい行事としなければ・・・・・・

      等々に留意しながら活動をさせていきます。

      つまり、職員によるブログ中継は、それらを実現した上での行為です。

      担任は常に自分の学級の子どもたちの掌握に専念します。

      本校では、担任ではない養護教諭がブログを担当しています。

      病人やけが人などの対応に支障がなければできる範囲で行う、

      できない場合はブログ中継は中止する、

      という方針のもと、これまでもブログ中継を行ってきました。

      幸い、毎年、中継ができなくなるほどの病気やけがは発生せず、

      これまで毎年ブログ中継が行われています。


      養護教諭に中継の仕事を依頼しているので、

      必然的に、養護教諭と同じ行程で活動する児童、

      あるいは同じ宿泊先に泊まる児童の画像が多くアップされる結果となりました。


      従って、昨年度ご指摘いただいた、

      「どの子どもも」「どの活動場面も」という御要望にお応えすることは、

      なかなか難しいことです。


      以上のように、職員は本務の中での時間をとりながらブログ中継をしていることを

      どうか御理解いただき、その上でブログを御覧いただけたらと願います。


                             (文責:稲垣)
    • フルーツの秋♪

      2013年9月26日


        9月25日(水)には、5年1組と5年2組のランチルーム給食がありました。

        食欲の秋も本番で、4時間目が終わる頃には、みんなのお腹もぺこぺこです。

        すばやく身じたくを整えて、ランチルームへ向かいました。

        いつものように協力して配ぜんを行いました。

        ランチルーム給食のお楽しみは、何と言っても「フルーツバイキング」ですね。

        配ぜん台のバットには、新鮮フルーツがどっさり!

        好きなフルーツを選ぶ子どもたちの目が輝いています。

        「マスカットとパイナップルください。」

        「ぼくは、なしとオレンジほしいな。」

        「う~ん…全部好きだから、何でも良いよ!」

        わいわいざわざわ、思い思いのフルーツを選び終わり、みんなで元気よく、

        『いただきます!!』を言って食べ始めました。

        しかし、まだまだお楽しみは続きます。フルーツのおかわりがあるのです。

        「おかわりがまだあるよ、ほしい人は来てね。」

        「わーい!やったあ。」

        その後、他の食缶もすべて空っぽにし、

        みんなで、普段と一味違う雰囲気の給食を楽しみました。

        ひだまりタイムには、いずみ先生から、

        「朝ごはんの大切さを知ろう。」

        という話がありました。

        朝ごはんをしっかり食べて、元気に一日をスタートしましょう。

        そして、お昼は給食です。給食は栄養のバランスが満点ですから、

        好き嫌いせず、何でもおいしくいただきたいですね。

        明日の給食は何かなあ。とても楽しみですね!


      • 9月も残り1週間、少しずつ涼しくなってきました。
        小学校では新体力テストが始まっています。
        3年生は、今日がいよいよ本番です。

        運動場では50m走、ソフトボール投げをしました。
        50m走では、
        「緊張するなぁ。」
        「去年より速く走れるといいな。」
        と言いながら、
        真剣な顔でスタートの合図を待ち、
        思いきり駆け抜けました。

        また、去年までは、高学年のお兄さん、お姉さんに数えてもらっていた
        シャトルランや反復横とびですが、3年生からは、自分たちで数えます。
        線をしっかり踏んでいるかを確認しながら
        自分とペアの友達の記録をとっていました。

        「よしっ、去年より記録が伸びた。」
        「もっと練習しないといけないな。」
        終わってから様々な声が聞こえてきました。

        今日の新体力テストについて、
        ご家庭でも話題に出るといいですね。
        (文責:渡久地)


      • 9月20日(金)5時間目に道徳の授業を行いました。

        見つけた心は、「よいことと、悪いことを考えて、悪いことは、絶対にしない。

        よいと思ったことは、『勇気』を出して進んでやろう。」です。

        土日に、心のノートを持ち帰り、家の人とも勇気について話し合い、

        ノートに書いてきてもらいました。


        そして、今日9月24日(火)心の日に、全員で『勇気』について発表しました。


        T:みんなの勇気を教えてください。どんな勇気パワーがこのクラスには、あるのかな?

        C1:ドキドキしたけれど、自分からあいさつしたよ。

        C2:もくせい公園や中央公園のごみを拾って、ゴミ箱に捨てたよ。

        C:へえ~、それはすごいね。りっぱだねえ。

        C3:コンクリートの高いところで遊んでいた子に「だめだよ。」と注意したよ。

        C4:ぼくは廊下で走っている子がいたから、注意したよ。

        C5:けんかをしていた友達に「仲良くしようよ。」って言ってけんかを止めたよ。

        C:それは、えらかったね。すごいねえ。

        C6:参観会で勇気を出して、発表したよ。いっぱいドキドキした。

        C:うん。わたしはドキドキして手も挙げられなかったよ。ぼくも・・。(大多数)

        C7:鉄棒が怖かったけれど、勇気を出してやったよ。

        C8:電車で、おばあさんに席をゆずったよ。えらいでしょう?

        C:うん。本当にえらいねえ。

        C9:スーパーで、売り物が倒れていたから、きれいにしておいたよ。

        C10:けんかをしたとき、「ごめんなさい。」って言ったよ。


        最後に、心のノートに書いてある「家の人のコメント」を担任が読みました。


        「自分で勇気を出すことができてすばらしいです。

         でも、注意したことは絶対自分がやらないようにしましょう。」

        「勇気があるねとほめてあげることで、

         さらに進んでよいことができるようになってくれればと思います。」

        「ドキドキしただろうけれど、がんばって上手に発表できたね。

         自信をもってこれからもがんばって。おうえんしているよ。」

        「元気よく手を挙げている姿に私たちも勇気をもらっています。がんばれ。フレ~フレ~」


        …等、家の人からのコメントで、皆の心が温かくなりました。


        私も、目の前の子どもたちから、いつも元気や勇気をもらっています。

        これからも、よいことが進んでできる勇気パワーを、どんどん大きくしていけるよう、

        励ましていきたいと思います。

                         
                                                (文責:昌美)
      • いもほり

        2013年9月20日


          今日は夢をはぐくむ学校づく推進事業の取り組みの一つとして、

          3年生がやますえ製茶さんにて、いもほりを体験しました。

          天気に恵まれ、絶好のいもほり日和となりました。

          暑かったです…。

          昨日は、中秋の名月。きれいなまん丸の月が見え、秋を感じたものですが、

          今日はとても暑くて、子どもたちもバテ気味でした。

          それでも、次から次へと出てくる大きなおいもに、歓喜の声を上げながら

          一生懸命ほっていました。

          最後に、ひとつずつ、おいものおみやげをいただきました。

          月曜日は、秋分の日。

          子どもたちの勉強もはかどる良い季節が、早く来るといいのですが…。

          暑さに負けずがんばりましょう。

                                             (文責:大川)
        • 6年生は、10月2日(水)~4日(金)まで2泊3日で、

          鎌倉、東京、山中湖へ、修学旅行に出かけます。


          歴史の街「鎌倉」では、グループごとに立てた計画に基づいての

          「班別研修」で、古き日本を感じる活動を行います。


          先頃、2020年にオリンピックが開催されることに決まった

          日本の首都「東京」では、東京スカイツリーの展望台に上がったり、

          国会議事堂を見学したりします。また、上野公園での「班別研修」もあります。


          「山中湖」では、ペンションに宿泊し、ペンションオーナーとの交流も行います。

          そして、世界文化遺産に登録された「富士山」周辺の自然に触れたり、

          富士山に関わる資料館を訪れたりして、日本の誇りを見つめ直します。


          今、子どもたちは、実行委員を中心に、スローガンを決めたり、

          活動の約束を話し合ったりしています。




          それぞれのクラスでは、班別研修の計画を、笑顔いっぱいで

          楽しそうな様子で立てています。

          「修学旅行のしおり」もほぼできあがり、当日に向けて、

          楽しみは日に日にふくらんでいるところです。




          修学旅行を通して、子どもたちが、より多くの学びと出会い、

          大きく成長してくれるように支えていきたいと思います。


          ※修学旅行当日の様子は、例年のようにブログを通して

            お伝えする「予定」です。お楽しみに。

          (文責:藤井)
        •  9月10日火曜日、みんなで元気よく社会見学に行ってきました。




           社会科の「工業生産を支える人々」では、日本の代表的な産業として、自動車生産が取り上げられています。

           その様子を、本や映像だけではない、生で見たり聞いたりする貴重な機会となりました。



           生活に欠かせない自動車は、どんな流れで作られるのかな?

           たくさんの自動車を欠陥無く、効率よく作るためにはどんな工夫があるのかな?

           工場で働く人たちは、どんなことを考えながら仕事をしているのかな?



           自動車生産に関わる、はてな(?)をもって、

           見学に向かった子どもたちは、夢中に見学をしていました。






           
           道中は、班で考えてきた車内レクを実施し、和気あいあいと盛り上がり、

           
           鞍ヶ池公園での昼食も、班のみんなと楽しくお弁当をほおばり、

           
           元気にみんなで飛び回り、


           仲間と行く楽しい楽しい社会見学となりました。


                                               文責 望月





        • 2学期が始まり、3週間が過ぎました。

          日焼けをして、ひと回りもふた回りも大きく、たくましくなった子どもたちは、

          生活のリズムを取り戻し、学校生活を楽しく過ごしています。


          授業では、「人の話を最後まで静かに聴くこと」、「自分の意見を友達に分かりやすく伝えること」などを

          心がけながら授業に取り組んでいます。

          分らなかったことが、友達の意見を聴いて解決すると、「分かった、納得。」とつぶやき、

          うれしそうにしている姿は学ぶ姿の原点であると感じます。


          その積み重ねが、子どもたちの学ぶ楽しさ、喜びにつながっていくのだと確信します。



          まだまだ暑い日が続きますが、休み時間には友達と声をかけ合いながら、

          進んで運動場に遊びに行きます。

          汗をびっしょりかいて教室に戻り、その後、集中して授業に取り組み始める姿を見ると、

          2年生の子供たちの成長ぶりを感じます。


          給食も残さず、時間内に食べられる子が増えてきました。


          くつの整とんも自分のくつだけではなく、友達のくつも直してあげる優しい子も出てきました。


          一つ一つ子ども達の素晴らしい面を見つけ、学年全体に広げていきたいと考えています。


          御家庭でも、お子さんの「よいとこみつけ」をしていただき、褒めて認めて育てていただけたらと思います。



                                                            文責:内田
        • PTAブログが今週400投稿を記録し、

          その日のブログは役員さんたちがそれぞれの活動について記すという

          ユニークな企画が行われていました。



          夏休み、一番充実していたのがPTAブログでした。

          PTA活動そのものだけでなく、家庭と学校のつながり、

          家庭での子どもの様子、親の切なくもどこか笑ってしまうような思い

          何より子どもへの「愛」があふれていて、

          私はこのブログのファンの一人です。

          読み聞かせブログも自然な形でよい発信を続けてくださっています。



          本の紹介や子どもの反応だけでなく、

          高学年の子どもの読み聞かせなども紹介してくださって、

          子どもたちの励みにもなっています。

          この職員ブログ「チーム大平台」、 給食ブログ「食べるの大好き」、 

          子どもブログ「こちらわかば情報局」

          どれも、軌道に乗って、多忙な中でも職員も子どもも価値を見いだし、更新しています。


          そんな5つのブログに加えて、本年度2つの記事が定期的にアップされています。

          一つは「校長通信」です。昨日の投稿で「30投稿」達成しました。



          子どもたちの姿から校長が思うこと、願うことが書かれています。

          これらの記事をつなげて読むと、子どもへの大人の望ましいかかわり方が見えてきます。


          もう一つはブラジルのマナウスに長期出張に行っている亀久保教諭が書いている

          「かめちゃん先生ブラジル出張記」です。

          ブラジルの学校の様子や文化の相違点などを伝えています。


          昨年で全日本小学校ホームページコンテスト(J-KIDS大賞)は終了しました。

          ホームページをがんばる先に賞はありません。

          でも、昨年よりも明らかに本校ホームページは充実していると私は思っています。

          学校広報担当の自分が頑張らなくても、

          日々よい記事が発信され、新しい発信が生まれていること、

          それがなんだかとてもうれしいのです。


          ホームページをご覧になる方は様々です。閲覧目的も様々でしょう。

          すべての方のニーズに応える発信は難しいでしょうが、

          主役の子どもたち、職員や学校を支えるPTAの方々や地域の方々が実践されていることを

          多面的に伝えていくことで、きっと大平台小学校への理解を深めてくださるはず、

          それがよりよい学校づくりにつながっていくと、信じています。


          この頃のアクセス数は毎日300アクセスを超え、400アクセスぐらいくる日もしばしばです。

          大勢の皆様に見ていただいて、励みになります。ありがとうございます。


          修学旅行、林間学校と毎年大人気の恒例のブログ発信も行っていく予定です。

          どうぞ、これからも本校ホームページをご覧ください。

                                               (文責:稲垣)