2012年4月

  • 2012年4月27日



      新学期が始まってから、早くも1ヵ月が過ぎました。

      6年生は、授業や委員会活動が本格的にスタートしはじめ、

      最高学年として学校生活を送っています。

      そんな中、5月1日いよいよ一年生を迎える会です。

      4月に大平台小学校に入学し、少しずつ学校生活に慣れてきた1年生。

      これからは、わかばグループとして、縦割り遊びや清掃活動で

      いろいろな学年の子と関わりをもっていきます。

      1年生を迎える会は、そのはじめての顔合わせの会です。

      この会を楽しいものにするために、運営委員を中心に、

      6年生が会の準備を進めています。

      今日は、1年生の教室にお邪魔をして、少し早く一緒のわかばグループの

      顔合わせをしました。

      あいさつをしたり、名刺交換をしたり。

      ひらがなで一生懸命書かれた名刺をもらった6年生。

      1年生の子たちが、名前を必死に覚えようと頑張る姿に微笑む6年生。

      自分たちも小さかったころがあったな、と思い返しながら、

      大きくなった自分たちの姿を振り返る機会になりました。

      5月1日には、一緒に手をつなぎながら佐鳴湖公園に遠足に出かけます。

      楽しみにしている1年生の期待に応えるよう、頑張っている6年生の姿を

      見ることができました。

                       文責(鳥居)


    • 今日は誕生日給食の日。

      誕生日カードをもらった子どもたちがうれしそうに集まってきました。

      いつもとは違うメンバーに、少し戸惑いがあったものの

      すぐにみんなうちとけて賑やかな会食の時間になりました。

      音楽委員会のハンドベル演奏や

      バースデイプレゼントとしてもらった 【ココアカップケーキ】 にみんな大満足。

      残さずみんなペロリ…

      3月生まれのわたしは、いつプレゼントをもらえるのか…

      今から楽しみにしています。

      (文責:大川)
    • 避難訓練

      2012年4月25日


        今日の2時間目に、避難訓練を行いました。

        教頭先生の放送で、一斉に机の下に隠れる子どもたち。
        放送が終わるとすぐにヘルメットを取り、素早く並びます。

        今年度初めての避難訓練でしたが、どの子も「お・は・し・も」の約束を守って、とても落ち着いて行動することができました。
        4年生も、152人という人数でしたが、静かに素早く避難ができました。


        全校で避難するのにかかったのは、6分間。
        避難を終え、校長先生からは、自分で判断して行動することの大切さをお話していただきました。

        浜松市は、地震や津波などの災害がいつ起こってもおかしくない地域と言われています。
        避難訓練は、毎年のことではありますが、東北の大震災を風化させず、子どもたちにも「自分の身は自分で守る」という意識をもって、取り組めるよう指導していきたいと思います。


        〈文責:千賀〉



      • リズムにのって

        2012年4月24日


          音楽の好きな子どもたちが多い2年生です。


          はじめに、歌いながら仲間づくりゲームをしたり、わらべうたを歌ったりしました。

          そして、「はしの上で」という曲で、2拍子のリズムについて勉強しました。 


          曲が流れると、

          大きく手を振って指揮者になりきっている子や

          友達と2人組になって手拍子をしている子、

          左右にステップを踏みながら歌っている子、

          表現の仕方はさまざまです。

          自然に体全体でリズムを感じ、にこにこ笑顔で歌うことができました。


          授業の終わりのあいさつをするときに、

          「もう終わり?」「あっという間に終わっちゃったよ。」「まだ歌いたかった。」と、いう子どもたち。

          時間が過ぎるのはあっという間です。

          それだけ、子どもたちが夢中になっていたんだなと、うれしく思いました。


          歌を歌ったり、楽器の演奏をしたりする活動を通して、子どもたちと音楽の楽しさを感じていけるようにしたいと思います。

                                                                         (文責:横井)
        • 2012年4月22日


            今日は、新年度に入り初めての参観会です。

            子どもたちは、朝から少し嬉しそうで、にこにこ顔でした。

            午前中の授業の様子を見て回ると、新しい学級の仲間たちと、

            集中して授業に取り組んでいる姿が見られました。

            先生のお話を真剣に聴いている子、

            考えを丁寧にノートに書いている子、

            友達の意見をじっくり聴いている子などやる気の高さを感じました。

            気持ちも新たに、自分の目標に向って、いろいろなことに挑戦しようと、

            ひとみをきらきらさせている子どもたちを育てていきたいと考えます。

                                 (文責:内田)



          • 特4日課で13:05に子どもたちが下校し、担任たちも家庭訪問に出かけた静かな放課後。

            聞こえてくるのは、体育館で練習している自転車部の声。

            子どもの「後方よし!右折!」の声。

            「いいよ、白線の右側を走行して。」と励ます婦人交通指導員の方の声が響いていました。

            最初はよろよろしている子どもたちが、日に日に確かな走行ができるようになっていくのがはっきりわかります。

            学科試験に向けての勉強も行われています。

            6月に実施される大会に向けて、最初にスタートした自転車部部活動です。


            さて、話は変わりますが、いよいよ本日からPTAブログが顧問のNさんの手によってスタートしました。

            その名も「PTAサポーターズブログ」。こちらです。http://blog.goo.ne.jp/ohiradaipta

            職員ブログあり、給食ブログあり、子どもブログありの本校のHPにもうひとつあってほしいなと思っていたのが

            PTAブログでした。

            日々がんばってくださっているPTA活動、その取り組みを役員ではないPTAの方々にも知っていただけたらいいな、

            学校の取り組みについて親目線で感じることを発信してくれたらいいな、

            親子のホットなエピソードが紹介されたらすてきだな・・・と思っています。

            毎日の更新ではありませんが、学校のHPをひらいたら、PTAブログもぜひアクセスしてみてください。

            そして役員ではない方もコメントという形で、親の気持ちを発信していただけたら、

            双方向のすてきなブログになっていくと思います。

            応援してください。      (文責:稲垣)




          • 本日から、教科ごとの教員の出入りが始まりました。

            理科や、音楽、社会などでは、「はじめまして」が飛び交い、気持ちも新たに学習スタート!

            「○○先生の理科は、面白かったよ。」

            「△△先生の音楽はこういうやり方なんだね。」

            子どもたちは、大興奮です。

            たくさんの目で子どもたちを見ていくことは、子どもたちの可能性を広げることでもあると思います。

            国語や算数が苦手でも、音楽や社会が好きな子もいます。

            これから1年間、子どもたちが楽しいと思えるような学習をしていきたいと思います。


                                                (文責:亜弥)



          • 今日は3・4年生の交通安全教室が行われました。


            2年生までは安全な歩行の仕方を学ぶ交通安全教室ですが、

            3年生からは、安全な自転車の乗り方を学んでいきます。


            今回は次の3つのことを、実際に自転車で走行して確認しました。


            ① 自転車は、歩道では歩行者を守るために、車道寄りを1列に走行する。

            ② 自転車路側帯がある横断歩道は、乗ったまま走行してよい。

            ③ 自転車路側帯がない横断歩道は、自転車を降り、ひいて渡る。


            「今まで、左右は確認していたけど、後ろは確認していなかったよ。」

            「自転車は左側から乗るのが正しいんだね。」

            「ブレーキは左からかけないと、上手に止まることができないんだ。」

            「止まってるとき、ついブレーキをかけ忘れちゃうから気をつけなくちゃ。」


            警察の交通安全指導員の方や、交通安全協会の方から丁寧にご指導いただき、

            子どもたちも、これまでの自己流の乗り方を見直していました。


            特4日課が続きます。

            楽しい放課後を過ごすために、ご家庭でも、

            安全な自転車の乗り方について声掛けをお願いいたします。



            (文責:住田)


          • 今日は、交通安全教室が行われました。

            1年生は4~5人のグループに分かれて、校区を歩きました。


            広い歩道や縁石、歩行者用の信号、横断歩道などで歩行者の安全が守られている大平台校区ですが、

            それでも、横断歩道のない小さな辻や、コンビニ、商店の出入り口など、車に気をつけなければいけないところはたくさんあります。

            「曲がってくる車がないか、後ろも気をつけようね。」

            「大きな通りの歩道は、入ってくる車に気をつけて、建物側を歩こう。」

            子どもたちは、交通指導員や交通安全協会、参加してくださった保護者の方々に教わりながら、真剣なまなざしで安全を確かめていました。


            道を渡るときは、

             手を挙げて
             右見て
             左見て
             もう一度右を見て
             安全だったらさっと渡る

            を、どの子もしっかりできるようにならなければいけません。

            そのために、今日だけではなく、継続的に指導していきたいと思います。

            お家でも、「自分の命を自分で守る」ことについて、お話をしてみてください。


            最後になりましたが、

            今日の交通安全教室にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。(文責:三野)




          • 学び合う子

            2012年4月14日


              13日(金)に、横浜国立大学から、髙木展郎先生を講師にお迎えして

              校内授業研修会が行われました。

              どのクラスも、授業を公開して、教師も児童も、他のクラスの授業を見合いました。

              現在は学習のスタートの時期ですので、どの学級でも、あたたかく聴く方法や、

              やさしく話す方法を学んでいます。

              とくに低学年では、話を聞いたり、話したりする向きなど、

              基本から丁寧に覚えていきます。

              また、お互いにクラスの授業を見合うことで、「あのクラスは、ここがいい、あのクラスの良いところを見習おう。」など、

              お互いに良いところを学び合っていきます。

              それぞれのクラスで、熱心な学習が展開されていました。

              今年度も、ひとみをきらきらさせて学び合う子を育んでいくために、

              一生懸命に頑張っています。

                                              (文責 明男)