2011年8月

  • 夏休み、3年生は社会科・理科・総合の中から選択して、初めての自由研究にチャレンジしました。

    初めてのことですので、テーマの選び方やまとめ方など、苦労していたようですが、

    自分のもてる力を十分発揮して取り組むことができました。



    そこで、どんな研究をしてきたのかを発表する機会をもちました。



    東神田川での生き物探しから川の生き物への関心を高め、さらに詳しく調べた子。

    大平台の町探検から、もっと詳しく知りたいと思い、再び店にインタビューに行った子。

    大平台の店・施設と他の地域の同じような店・施設を比べる子。

    理科での植物や生き物の学習から発展させて、いろいろな生き物の成長の様子を調べる子など

    模造紙に地図を書いたり、グラフや表にしたり、写真や図で説明を加えたりして、

    まとめもよく工夫されていました。

                                            (文責:金原)



  • 今日からいよいよ2学期。

    夏休みの間に、真っ黒に日焼けした子も多いですね。

    体も内面もどの子も一回りたくましくなったように感じました。


    教室に行くと、「バーベキューをしたよ!」「プールへ行ったよ!楽しかった!」と楽しかった思い出の話をたくさんしてくれました。

    友達と遊んだり、絵や作文などいろいろな課題にチャレンジしたりと、どの子もそれぞれ充実した夏休みを過ごすことができたようです。


    始業式では、1年生の代表2人が「2学期にがんばりたいこと」を大きな声でしっかりと発表することができました。


    2学期には校外学習や持久走大会、委員会主催のイベントなど楽しみな行事がたくさんあります。

    1つ1つの行事ごとの子どもたちの成長が今から楽しみです。


    それぞれのめあてに向かって、楽しく学校生活が過ごせるよう指導をしていきたいと思います。


    〔文責:千賀〕


  • 8月28日。夏休み最後の日曜日にPTA環境整備作業が行われました。

    1年生と3年生の保護者の方々に,子どもたちも加わって,学校周辺の歩道の草取りを行いました。

    先日友人と話をしていて,大平台小に勤務していることを言うと,

    「ああ~,きれいで新しい街だけど歩道の草がすごいとこだよね。」と言われ,

    ショックを受けて気にはなっていたことでしたので,草取り作業に大いなる期待を寄せていました。

    午前9時から10時までの1時間でした。幸い,ちょうどこの1時間は太陽がかげってくれてラッキーだったのですが,

    それでも背中をつたう汗を感じながらの作業となりました。

    皆様,熱心に取り組んでくださってこんなに茂っていた草が

    1時間後にはこんなに

    きれいになりました。

    参加してくださった皆様,またこの作業実施にあたって準備運営を行ってくださったPTA役員の皆様,ありがとうございました。

    お疲れ様でした。

                                                     (文責:稲垣)
  • 野菜報告

    2011年8月11日




      ピーマン,ミニトマト,ゴーヤ,ナス・・・・・と学校で育てている野菜たちは「実りの夏」を迎えています。

      2年生を中心に育てている野菜たちです。

      当番の職員が欠かさず水やりを行ってすくすくと育っています。

      残念なのは収穫を喜ぶ主役の子どもたちがいないこと・・・・・。

      苗を植え,大平台高校の「博士」に教わりながら大切に育ててきた野菜たちです。

      植物が育ち実り,その命をいただくという,植物の生長のすばらしさを感じ,

      「食」への感謝の気持ちが育つが,この学習の魅力です。

      ミニトマトは夏休み明けは収穫はもう厳しいかなと思いますが,

      トウモロコシはばっちりです。

      子どもたちが夏休みが終わって登校してきたころに実りを迎えそうです。

      楽しみですね。

      学校に来ることがあったら成長の様子をご覧ください。
       
                                     (文責:稲垣)


    • 写真は学校ホームページの表紙写真として掲載されたものです。


      7月に保護者の皆様に学校アンケートの記載をお願いし,その結果がまとめられました。

      夏休みの研修では,そのアンケート結果をもとにすぐに改善すること,来年度に生かすことを話し合いました。

      結果一覧は夏休み明けに学校だよりとして報告させていただきます。

      ここでは,学校ホームページについて寄せられたアンケート結果についてお伝えします。



      ○ 写真入りで毎日更新されていて,学校の様子がよく分かってうれしいです。
      ○ 毎日の更新に感謝します。大変でしょうが続けてください。
      ○ 何かあるとすぐにホームページで確認します。何でもよく分かってありがたいです。
      ○ 運動会に見に行けなかった徒競走の我が子の頑張る姿を,行事コンテンツで見ることができ,とてもうれしかったです。
      ○ 遠くにいる祖父母もホームページを楽しみに見ています。


      という,応援メッセージとも思えるようなご意見を記載してくださった方が大勢いらして励みになりました。
      一方,

      ○ 先生方は子どもと向き合うだけでも大変。毎日更新が先生方の負担になっていないか心配です。
      ○ 学年によって更新頻度に差があります。
      ○ 賞をとることを意識しなくてもよいと思う。


      というご意見もいただきました。このご意見について説明させていただきます。

      まず毎日の更新が先生方の負担になっていないかということですが,
      一人とか限られた職員で更新していたら,すごく負担だと思います。
      でも本校では全職員で取り組んでいることにより,たいていの職員は2か月に1度のブログ投稿です。
      2か月に1度なら,負担にはならないと思います。何より全職員で取り組んでこそ,多様な発信が可能になります。

      学年の更新頻度は2週間に1度の学年発信(学年担当曜日が決まっています。)ですので,
      平等になっているはずですが,
      たまたま祭日などで投稿できなかったことが続いてしまうことはあったかもしれません。

      賞については,応募不要のJ-KIDS全国小学校ホームページコンテストで,たまたまいただけたものです。
      もちろん,選出されれば更新活動をがんばっている職員や子どもの励みになりうれしいですが,
      ねらっているつもりはありませんし,応募もしていません。

      ホームページは「学校 見える化」に有効だと思っています。
      日々学校で行われている様々な取り組み,子どもの学校での様々な姿を,
      より多面的に広く保護者や地域や教育関係者にお伝えすることで,いっそう学校教育に対してご理解いただきたい・・・
      そんな願いで更新しています。

      だから特別なことよりも日常をお伝えしていきたいと考えています。

      多面的に発信してきたつもりですが,
      部活動のことを伝えてほしい,ミニコンサートのプログラムが知りたかった・・・・・など,ご意見が出されました。

      ホームページに反映させていけたらいいなと思います。

      貴重なご意見をありがとうございました。
      生かして学校教育活動全体をよりよいものにしていく学校ホームページの在り方をさぐっていきたいと思います。

                                                      (文責:稲垣)


    • 三者面談もプール開放も終わった今週の学校は、子どもの姿がなく、静かです。

      職員は今週は、「研修週間」連日研修が行われています。

      そんな校舎に響くリコーダーのきれいな音色。

      リコーダーコンテストに出場する子どもたちの練習が行われています。

      毎年、一番最後まで学校に登校してきるのが、リコーダーコンテストに出場する子どもたちです。

      よりきれいな音色を求めて、練習に励んでいます。

      予選は11日です。

      自分の納得のいく演奏ができるように願っています。

                                      (文責:稲垣)





    • 8月7日の日曜日,8時30分から9時30分まで,

      毎年恒例の4年生と4年生保護者の方による佐鳴湖クリーン作戦が実施されました。

      自治会や民生委員の方々,地域の諸団体の方も御参加されていました。

      恒例でないのは,例年前日行われる佐鳴湖花火大会は実施されなかったことです。

      いつもなら落ちている花火の残骸はなく,今年はもっぱら草取りに取り組みました。

      朝とはいえ,暑い日となり,ずっと下を向いていると,顔をあげたときにめまいがするような状態でしたが,

      1時間,みなさん真剣に集中して行ってくださいました。

      子どもたちもたまにバッタやカニやトンボと戯れながらも一生懸命に取り組みました。

      大勢で行うときれいになるものです。

      池のほとりがすっきりして景観が美しくなりました。

      終えた後のさわやかな気分が充実感や成就感を感じさせます。

      佐鳴湖は大平台の子どもたちにとって大切な故郷。

      美しい公園を今後も保ちたいですね。

      参加してくださった皆様方,ありがとうございました。

                                                            (文責:稲垣)
    • 4校合同研修会

      2011年8月5日
        本日、入野中学校、入野小学校、西都台小学校、大平台小学校の先生方が本校に集まり、

        入野中学校区の合同研修会が開かれました。

        地域の幼稚園や保育園の先生方の参加も見られました。

        研修では、「浜松市手をつなぐ育成会」会長の小出隆司さんの講演を聴きました。

        発達障害の娘さんの成長にかかわってきた親としての思いや

        周りの人たちとの繋がりの大切さなどを話されました。



        その後、教科ごとの分科会に分かれて、

        子どもたちの様子や課題となる事柄、教科の効果的な指導法、

        発達段階に応じた指導の工夫など多岐にわたって、意見を出し合ったり、解決策を考えたりしました。



        それぞれの立場から、教育についての多岐多様にわたる意見が出て、

        話し合いは熱いものとなりました。

        充実した研修、充実した1日となりました。


                                                          (文責:鈴木)


      • 4年生は12月8日・9日とかわな野外活動センターに自然体験教室に出かけます。

        今日はその打ち合わせと下見を兼ねて4年生職員がかわな野外活動センターに行ってきました。

        車から降りると山の空気が体を包みます。木々によって陽射しがさえぎられた日陰に吹く風はひんやりしていました。

        写真のようにあざみが可憐に咲いていました。

        所員の先生とプログラム、時間設定、注意事項、配慮事項など話し合って打ち合わせとした後、

        センターの中を見てきました。

        それぞれの宿泊棟に学級ごとに泊まります。楽しいでしょうね。


        4年生の自然体験教室のメインは「星空教室」。

        町のように人工の光がないかわなでは、ちりばめられた星が降ってくるようです。

        水のない水田に寝転んで、望遠鏡と自分の目で星を眺めます。

        12月の山の夜。冷たい空気の中で輝く星を学級の仲間と眺める・・・・・すてきな体験ですね。

        感動に目をきらきらさせる子どもたちの表情が目に浮かびます。

        元気に全員で参加できるといいですね。

        4ヶ月後のお楽しみです。

                                                   (文責:稲垣)



      • 7月28日から8月4日まで,PTAの皆様による学校のプール開放が行われています。

        連日,浮き輪やビーチボールを持ったにこにこ顔の子どもたちがやってきます。

        学校の授業ではなく,プールで子どもたちが友達と楽しく過ごす時間です。

        常時3~4人の保護者の方が子どもたちの安全確保のために監視員も兼ねて付き添ってくださっています。

        おかげで安心して子どもたちも楽しむことができます。ありがとうございます。

        このプール開放も8月4日まで。

        ぜひ近所の友達と一緒に参加してほしいと思います。

                                             (文責:稲垣)