2011年6月

  • きもちいいよ

    2011年6月29日
      暑さが増して、水泳の授業が待ちきれない子どもたち。

      「やったあ。プールに入れるぞ。」と、はりきって体操をしました。



      去年までは、小プールでの水遊びでしたが、今年からは大プールで水泳の授業です。

      子どもたちは、初めて入る大プールの深さにびっくり。



      「つま先しかつかないくらい深いよ。」  「体が浮くから、きもちいいよ。」

      「25mって遠いね。」 「早く泳げるようになりたい。」

      と、子どもたちのいろいろな感想が聞こえてきました。


      3年生の水泳の目標は、「自由泳ぎ25m」と「呼吸法をつかむ」ことです。

      友達と一緒に楽しみながら泳ぐとともに、自分のめあてを達成できるよう

      がんばる気持ちを育てていきたいと思います。          (文責:横井)






    • 今日は、今年度初めてのミニコンサートでした。

      1年生にとっても、もちろん初体験。

      「どんなことをやるの?」「だれがでるの?」

      と始まる前からドキドキ、ワクワクしていました。


      音楽委員会のお兄さん、お姉さんの司会の合図でいよいよ始まりです。

      しっとりした歌に聴き入ったり、楽しい曲では一緒にダンスをしたりと、とても楽しく過ごすことができました。


      上級生たちの姿を見て、「一緒に踊って楽しかったよ。」「僕たちもミニコンサートに出たいな。」と次への期待を膨らませていました。



      自分たちもやってみたいという気持ちを大切にいろいろなことに一緒にチャレンジしていきたいと思います。

      文責:千賀


    • 大きくなあれ

      2011年6月27日


        雨が続き,梅雨のあい間に太陽が顔を出し気温をぐんぐん上げてくれます。

        ジメジメしていやだな,と思うのは人だけでしょうか。

        2年生が育てている保健室前の野菜たちはすくすくと大きくなっています。

        雨上がりなのに水をかけている子どもたちはとってもかわいらしいです。

        大きな鉢にたくさんの土を入れ,太陽の光がたくさん当たる場所で,

        子どもたちからたくさんの水をもらいすくすくと大きくなっていく野菜たちは,

        家庭や地域の方たちにあたたかく見守られている大平台小の子どもたちと重なります。

        そんな子どもたちが愛情たっぷりに育てた野菜は,それはそれはおいしいことでしょう。

        今,少しずつ小さい実を付けています。

        学校にお越しの際は保健室前の野菜を是非見てください。

        夏が来る前の匂いもしています。

        収穫するのが楽しみですね。


                                      (文責 鈴木)





      • 今日も暑い1日となりました。

        今日は3年生と4年生が校外学習に行きました。

        ここでは、4年生の校外学習についてお伝えします。

        まず最初は社会科「ごみとわたしたち」の学習の一環として西部清掃工場へ。

        できて間もない西部清掃工場は最新の設備が整えられています。

        内部カメラでごみが高温の熱で分解され、エネルギーと資源(スラグや塩など)になっていく様子を見ることができました。

        時にサーフボードや像の大きな置物などが破砕機にひっかかって困ってしまうこともあったことも知りました。

        清掃工場に迷惑をかけないごみの出し方をしなければいけないと実感した子どもたちでした。

        午後は、大原浄水場に行きました。水道の水はどのようにして作られているのかを、

        着水井に来たダムの水が、沈殿し固められて、きれいな水になっていく様子を見てきました。

        できたての新鮮な水を飲んで

        「おいしい。」と感動している子どもたちでした。

        西部清掃工場も大原浄水場も、担当の方がとても親切に分かりやすく説明をしてくださり、よい学びになりました。

        子どもたちも活発に質問をして、自分の課題を解決させようと張り切っていました。

        今後、社会科で「ごみ新聞」か「水新聞」を作っていきます。

        自分が関心をもったことをテーマに今日の見学を生かして、いい新聞をつくってほしいと思います。

                                               (文責:稲垣)

              




      • 今、4年生は、『歩く時のうた』を練習しています。

        「歌だけじゃなくて、途中にかけ声もあるのがいいよね。」

        「歌詞も面白くて、楽しく歌えるよ。」

        遠足に行くときのわくわくした気持ち、歩みを進めていくリズム、鳥のさえずりなど、

        遠足の情景がぎゅっと詰まった、楽しい歌です。

        しかし、たくさんのパートに分かれる合唱曲。

        きれいなハーモニーを生み出すには、一筋縄ではいきません。

        どのクラスの子どもたちも、休み時間や昼休みに、自主的に練習に取り組んでいます。


        最終目標は、9月9日にはまホールで行われる、市音楽科研究発表会に向けてですが、

        まずは、7月23日の大平台夏祭りで、地域の方々にも披露いたします。

        どうぞお楽しみに!


                                (文責:住田)
      • 参観会

        2011年6月21日


          本日5時間目に参観会がありました。

          2年生では,どのクラスの子どもたちも,いつもと違う雰囲気にやや緊張した面持ちでした。


          1組と2組は全員発表に挑戦しました。

          勇気を出して発表し,みんなで聴き合います。


          大平台小学校では,「あたたかく聴くよ。やさしく話すよ。」をテーマにしています。

          一人一人が自分の意見を発表し,心と目と耳を傾けて受け止めます。


          みんなの前で発表するのはドキドキしますが,これをよい機会ととらえて,

          今後も自分の考えがどんどん言えるようになっていってほしいと思っています。

          たくさんのご参観,ありがとうございました。

                                                    (文責 鈴木) 
        • 水泳部の練習開始

          2011年6月17日


            運動会の延期で遅くなっていた水泳部の部活動が,本日17日より始まりました。

            初日の今日は,5・6年生のみの練習となりました。

            今日は曇天でやや寒い入水となりましたが,ガチガチ身体を震わせながらも,

            うれしそうに入水していた子どもたちでした。

            水泳部の活動は大会でよい結果を出すことだけをめあてにしているわけではありません。

            体育の授業だけでなく,部活動の時間も水泳に励むことで,より多くの練習ができます。

            泳ぎが上手ではなくても,たとえ大会に出場できなくても,自分の泳力を少しでも高めようと努力する場でもあります。

            「泳ぎは得意じゃないけど,30分間回泳に合格したいから入部したんだ。」

            という5年生の子もいました。

            自分のめあてをもって泳力を高めて自己実現を図ってほしいと思います。

            来週からは体育の授業でも水泳の授業が行われるようになります。

            爪を短く切ってきたり,耳あかをとってきたりして,清潔で安全な入水ができるようにしてきてほしいと思います。

            水着や下着,バスタオルの名前も今一度確認してあげてください。

                                                    (文責:稲垣)

          • 理科「昆虫を育てよう」の学習の発展として、

            6月10日、13日の昼休みに「スマイル昆虫館」というイベントを開催しました。

            小さな命から学び、心を動かされたことを多くの人に伝える活動に取り組みました。

            自分が世話をしてきた昆虫の卵や幼虫、さなぎ、成虫を提示しながら、

            育つ順番や自分が発見したことなどを伝えました。





            最初は、緊張していた3年生の子どもたち。

            来た人から、「なるほど。そうなの。」「初めて知ったよ。」

            「幼虫やさなぎをさわらせてもらって、びっくり。」などの感想をもらって、

            イベントを開催した喜びを感じることができました。

            今後も、発信する体験を積ませていきます。        
                                                (文責:鳥井)

          • 空豆のさや出し

            2011年6月14日


              昨日の昼休みに、「空豆のさや出し」体験をしました。

              めったにできないことなので、たくさんの子どもが参加しました。


              「もっとやりたい!」

              「空豆のさや、もらっていい?」

              ものの10分で、さや出しも完了。


              今日は、昨日みんなで手伝った空豆が給食に。

              最近、家庭ではあまり食べることのない空豆です。

              でも、自分達でさや出しをした空豆は格別の味??


              「皮、食べられるの?」

              「おいしかったよ!」

              あっという間に、食べ終えた子ども達でした。


              〈文責:遠藤〉

            • 休み時間

              2011年6月13日


                                    ロングの昼休みに開かれる代表委員会


                 本校では、午前中15分の休み時間をとっています。あえて15分とっているところに本校の

                特色があります。

                 それは、本校では休み時間も子どもにとって大切な時間であると考えているからです。休み

                時間は、次の時間の準備をするとともに、授業で使った脳をリフレッシュして友達と楽しくおしゃ

                べりしたり遊んだりする時間です。脳のスイッチをしっかり切り替えることが次の時間の集中力

                につながります。また、15分あれば友達と外でひと遊びすることもできます。太陽の光をたっぷ

                り浴びて友達と遊ぶことが、体力の向上やコミュニケーション能力の向上にもつながっています。

                 さらに、週2回のロングの昼休みは、学級で考えた遊びをみんなでやったり、学級の代表者と

                委員会の代表者が集まって大平台小学校をよくしていく活動を話し合ったりしています。

                 本校では、授業だけでなく休み時間やその他の時間で、「友達とのかかわり合いの中で、自分

                で考え自分で判断し行動できる子」を育てようと取り組んでいます。      (文責:山下)