2010年11月



  • 11月ラストの日の今日,

    昼休みに子どもたちにすてきな音楽のプレゼントがありました。

    「トリオ・ルチェーL2010さん」によるミニコンサートです。

    このコンサートは,『NPO法人 クロスワード・ミュージック浜松とおん』や

    『浜松アクト音楽院』の方々の御協力で開くことができました。

    ピアノ・クラリネット・電子オルガンのたった3つの楽器の3名の方による演奏なのに,

    まるでたくさんの楽器で奏でられているようでした。

    手拍子を入れたり,リズムに合わせて身体を揺らしたりして楽しんでいる子どもたちでした。

    シンコペィテッドクロックや動物の謝肉祭,ラテンバージョンの大平台小校歌など,

    約500名の児童が体育館に集まって全6曲の演奏を楽しく聴くことができました。

    本物にふれるという機会を,

    しなやかな心をもった小学生にたくさん与えてあげたいと思います。

    様々なすてきなことに出会い,ふれて,あこがれの気持ちを育てたいと思います。

    本校のこの「ゲストによる」コンサートは,本年度は今日で終わりになります。

    来年度もたぶんまた企画されると思います。

    保護者の皆様も鑑賞できますので,次の機会にはぜひお越しください。

                                (文責:稲垣)



  • 11月28日日曜日,午後18時30分,

    約250名の参加を得て、盛大に天文教室が開かれました。

    特に今年は、おやじの会の皆様が

    誘導、受付、司会など会の運営を担当してくださいました。

    3年間天候に恵まれなかったため、

    「今年こそは 星をみたい。」というみんなの願いが奇跡を呼びました。

    夕方まで空一面を埋めていた雲が、

    何と、体育館でのお話を聞いている間に切れ始め、

    外へ出るころにはいくつかの星がまたたいていました。

    「すごい、木星の衛星が4つ見えたよ。」

    「すばるって星がたくさん集まってる。」

    親子で感動したことを語り合う姿が、あちらこちらで見られました。

    寒い中、たくさんの方にご来校いただきましてありがとうございました。

                                             (文責:山下)


  • 今月もあとわずかです。

    来週からは12月だなんて,この暖かさからはそんな感じがしません。

    でも,子どもたちは「12月15日」に向けてスパートをかけるように自分を鍛えています。

    上の左の写真は100周を練習で達成した子の名前が記載された昇降口の模造紙です。

    もうかなりの子が達成しています。

    本校の持久走大会は,順位ではなく,自己目標タイムを設定してそのタイムに向かって

    努力させています。タイムごとに金賞・銀賞・銅賞があります。

    1・2年 距離   828m 金賞 男女 3分30秒  銀賞  男女 4分       銅賞 男女  4分30秒

    3・4年 距離  1414m 金賞 男子 6分      銀賞 男子 6分30秒 銅賞 男子  7分

                 1414m 金賞 女子 6分30秒   銀賞 女子 7分     銅賞 女子  7分30秒

    5・6年 距離  2000m 金賞 男子 8分30秒  銀賞 男子 9分       銅賞 男子  9分30秒

                 2000m 金賞 女子 9分00秒  銀賞 女子 9分30秒   銅賞 女子 10分


    それぞれ練習のめやすがあり,たとえば6年生なら100mを28~30秒ペースで走るよう,助言しています。

    自己目標に向かって頑張っていく,よい機会として行っている行事です。

    今夢中になって頑張っている子どもたちから,そのねらいは半分達成されていることを感じます。

    あとは当日力を出して,目標タイムに入ることですね。

    努力して達成した・・・・その自己肯定感を多くの子に味わってほしいと思います。

    当日は3年 8:45~

        4年 9:05~

        2年 9:25~

        1年10:10~
        
        5年10:30~
        
        6年11:00~ スタート予定です。

    家の人の前でかなりスピードをあげる子どもたちです。はりきるんです。

    当日はぜひ応援にきてあげてくださいね。

                              (文責:稲垣)


  • 11月より、繰り上がりのある足し算の学習が一段落をし、

    徐々に"繰り下がりのある引き算"の学習に入ってきています。

    今回扱う内容としては、引かれる数が11~18までの

    繰り下がりのある引き算になります。

    そこで、今日の授業では、みんなで12-3の問題の解き方を考えました。

    学習は、ブロックを動かしながら、どうやって3の数を取るか考えます。

    12個のブロックを10のまとまりと2個のまとまりに分けて考えていきました。

    そこで、出てきた意見が次の2つです。

    ○○○○○○○●●●
    ○○
    <10のまとまりから3個取るやり方>

    ○○○○○○○○○● 
    ●●
    <2のかたまりから取って、残りの1個を10のまとまりから取る方法>です。

    「上のやり方は、前にもやったから使いやすいね。」

    「この問題は、下のやり方が早くていいかもしれない。」

    「でも、いつも使える考え方がいいね。」

    など、話し合いが進みました。

    今回は、まとめとしてどんな時でも使える10のまとまりから引く方法をノートに書きました。

    これからは、たくさんの問題を解いて引き算に慣れていけたらと思います。

                                                  文責:鳥居
  • にこにこ会議

    2010年11月22日


      「もっとクラスが仲良くなるためにはどうしたらいいのか」

      ということで,2年生では「にこにこ会議」を開いて学級で話し合いを行いました。

      話し合いでは,みんなで協力をして行うものや,競争をするものなど

      普段の学級遊びとは違う遊びがたくさんでてきました。

      その中から,全員で「貨物列車」「鉛筆立て1分間競争」「的当て」に決めました。

      当日は,みんなで決めた遊びを,仲良く楽しんで行うことができました。

      2年生になってから8ヶ月くらいたち,

      自分たちで話し合いをし,実践することができるようになりうれしく感じています。

                                             (文責:江間)


    • 今日は11月の誕生日給食でした。

      大平台小学校全校の11月生まれの子どもたちと先生方が皆ランチルームに集いました。

      おめでとうの拍手とハンドベル,そして給食室手作りクッキーが一人ひとりに送られます。

      子どもたちにとって,とても楽しみな誕生日給食は,

      裏を返せば,多くの人々の手で支えられています。

      名簿と人数の把握,招待状の準備,テーブルの準備,

      給食委員会の子たちのお祝いハンドベル・・・・・・

      何より,給食員の方の手作りクッキーの準備・・・・・・・・・・・・・・・・

      誕生日給食の日は,いつもよりとても忙しく動き回っている栄養士の原田先生です。

      実は原田先生も11月生まれ。

      「おめでとう」を言われる立場なのに,言う方に徹して動いていました。

      その原田先生が毎日つづる給食ブログ「食べるの大好き」

      1日350~500アクセスくる人気ブログです。

      そのブログを見ていると,熱意も愛情も苦労も食の大切さも

      素直に入ってきます。

      保護者の方や子どもたちからもたくさんコメントが入り、

      より魅力的なつながるブログになっています。

      もしもまだ見たことがないという方がいらしたら,

      ぜひ教えてあげてください。

      大平台小給食ブログ「食べるの大好き」

                                      (文責:稲垣)



    • 1年生は現在生活科で、マツボックリやどんぐり、落ち葉を利用して秋のもの作りをしています。

      材料を並べながら、子どもたちと何が作れるか話し合ったところ、

      「どんぐりで、どんぐりゴマを作りたい。」

      「マツボックリを的にして、輪投げができそう。」

      「落ち葉をラミネートして、魚釣りみたいにできないかな。」

      「マツボックリをきれいに飾りたい。」

      など、いろいろな意見が出てきました。


      今回は材料探しから製作まで、自分たちで行います。

      そのため、製作にあたって、今まで使い慣れない道具も使っていきたいと考えています。

      ビーズなどを手軽にくっつけられるホットボンドや

      どんぐりに穴を開けるキリです。

      1年生の中には、初体験の子が多くいますが、

      怪我をしないように、使い方をみんなで学習していきます。


      今は、物が豊かになり、遊ぶものも出来上がったものが多いように思います。

      この学習を通して、友達と知恵を出し合い、

      一から自分で作る面白さを味わっていけたらと思っています。

      どんな作品ができあがっていくのか、楽しみです。

                                                文責:鳥居



    •  11月17日の中日新聞の夕刊12面に

       大平台小学校の学校紹介が掲載されました。

       「私たちの学校」というテーマで,

       各学年の体験的な活動を紹介したり,

       修学旅行や運動会などの学校行事を記事にしたりしました。

       また,おいしい給食の様子や,学校・地域についての紹介も盛り込み,

       大平台小学校がどのような学校かよく分かる内容になっています。

       記事を書いたり,ページの編集をしたりすることも

       実際に子どもたちの手で行うことができました。

       11月10日に代表の6年生が新聞社へ訪問し,

       社内を見学したり,パソコンで記事の編集をしたりしました。

        「新聞は1時間に10万部も印刷されるなんて知らなかった。」
        
        「記事の編集ってパソコンでやってるんだね。」

       実際に編集の体験してみて,

       自分たちが書いた記事が新聞のページになっていく様子がよく分かりました。

       最後にできた新聞を見たときにはみんなうれしそうな表情で,

       すばらしい体験活動を行うことができたようです。

       この学校紹介ページを通して,

       多くの人に大平台小学校のよさを知ってもらえたらうれしいです。

                                           文責:亀久保
    • 秋の交通教室

      2010年11月16日


        今日は,秋の交通教室。

        1・2年生は,歩道の歩き方を,

        3・4年生は,運動場で自転車の安全点検と発進,横断歩道での乗り方について,

        5・6年生は,実際に学校の外周りを走り,自転車の乗り方について確認しました。

        3年生の時にも同じことを確認している4年生でしたが,

        今日,実際に乗ってみると,右・左・後ろの確認をしっかりとする,

        ペダルを回しやすい位置にもってくる,

        停止の時にはブレーキをかけておくということができていない子が何人もいました。


        「今日,自転車の乗り方を教えてもらってよかった」

        「ブレーキがしっかり利くか自転車に乗る前にしっかりと確認をしたい。」

        と4年生の代表の子が感想を言っていました。

        これから,日が落ちるのが早くなる日が続きます。暗くなる前になるべく早く家に帰ることと,

        自転車に乗る前の安全点検は徹底したいですね。

                                                      (文責:野澤)



      • 11月13日(土)に,全日本小学校ホームページ大賞 略してJ-KIDS大賞の表彰式に参加してきました。

        実行委員長の方から,19333校の中から選ばれた10校であるというお話を伺い,

        選ばれるためにやっていたわけではないものの,光栄なことだと思いました。


        2008年5月下旬にホームページのリニューアルを始め職員ブログ更新の頻度をあげ,

        給食ブログを立ち上げました。

        2009年4月から職員ブログを毎日更新するようにし,9月に子どもブログを立ち上げました。

        この年にグローイングアップ賞をいただきました。

        そして2010年,職員・児童・給食のそれぞれのブログの充実を図ってきました。

        職員には9月から「文責」として名前を掲載し,より責任をもって発信できるように依頼しました。

        児童には,伝えたいことがわかるようにテーマ設定を明確にし,

        事実と思いや考えを分かりやすく伝えることを指導しました。

        栄養士には,レシピコーナーを立ち上げるよう依頼しました。

        この3つのブログに加え,

        よりいい子どもの表情を表紙画像に掲載することを努力してきました。

        そうした日々の積み重ねが今回ベスト8につながったのかなと思います。

        栄養士が担当している「食べるの大好き」の給食ブログには,

        保護者の方からたくさんコメントが入ります。

        1日多い日は500アクセス来て,見てくださっていることを実感します。

        子どもブログでは全国の小学校とつながり始めました。

        東京の表彰式では,コメントを入れてくれた子と直接会うことも実現しました。

        そうした一つ一つの手応えで頑張ってくることができたわけです。

        ありがとうございます。

        受賞を機に,無理せず本校らしくまたよりよい発信をしていきたいと思います。

        どうぞこれからも応援をしてください。
          
                                                 (文責:稲垣)