2010年10月

  • 行事がはぐくむもの

    2010年10月29日




      5年生の林間学校,6年生の修学旅行が無事終了しました。

      どちらの行事も全員で行ってくることができ,全員で帰ってくることができました。

      この二つの大きな行事が学年共通の共有の思い出となったことを,とてもうれしく思います。

      こうした泊を伴うような行事は,授業がほとんどを占める日々の生活と異なり,

      かなり自己開示することになります。

      こうした行事で友達の新たな発見をすることはよくあることです。

      「へえ~,意外とやさしいんだ。」「こんなに面白い子だと思わなかった。」

      「包丁さばきがすごいんだよ。料理をいっぱい作っている人みたい。」

      行事が終わると私はよく「意外な発見」という題で日記を書かせますが,

      教師も見つけられない友達のよさを

      多くの子が教えてくれます。

      学校という場を離れて心も開放感があること,何よりもたくさんの時間を共有することで,

      互いをよく知ることになるのだと思います。

      10月が終わって11月に入ります。

      6年生にとってあと5ヶ月をきる小学生生活となりました。

      行事を通して互いを理解し合うことを深めた子どもたちです。

      同じ学年同じ学級の仲間として,

      心のつながりを一層深めてより幸せな気持ちで学校生活を送っていくことを

      願っています。

                                     (文責:稲垣)
    • 秋見つけに公園へ

      2010年10月28日



        10月27日、1年生の子どもたちは、秋を見つけようと学校近くの公園へ、校外学習に出掛けました。

        当日は、天気もよく、みんなで公園内の植物や虫の観察をしました。

        前回の夏見つけのときとは違い、ある植物や捕まえた虫の種類が変わったことに

        気付く子もいました。

        「先生、トンボがいたよ!」

        「葉っぱの色が赤できれいだね。」

        「コオロギとか、茶色いバッタを捕まえたよ。」

        季節が進み、公園の中で秋を見つけることができました。

        今後は、見つけたものを振り返ってまとめていきたいと思います。

        子どもたち、一人一人がどんなものを見つけることができたのか、

        発表が楽しみです。

                                    文責:鳥居

      • 昔の遊びブーム

        2010年10月26日



          3年生は,休み時間に昔の遊びで遊んでいる子がたくさんいます。

          お手玉をいくつできるか競ったり,けんけんぱで遊んだりして楽しく過ごしています。

          お手玉はどんぐり児童会でもやっているようで,「去年よりたくさんできるようになったよ!」と嬉しそうに報告してくれます。

          国語科の「ちいちゃんのかげおくり」では,クラスみんなでかげおくりをしたり,いろいろなポーズでかげおくりをしたりしました。

          空に上がったかげおくりの記念写真に子どもたちはとてもうれしそうでした。

          普段の生活では,なかなか昔の遊びに接する機会も少ないですが,

          こうして遊んでみると子どもたちなりに楽しさやよさを感じ取っているようです。

          遊びから,昔の文化や歴史に興味をもってもらえるよう,こうした昔の遊びに触れ合う機会を増やしていきたいです。


          文責:千賀
        • バス教室

          2010年10月25日


            10月13日に生活科でバス教室を行いました。

            バスの乗り方や,降り方について話を聞くことができました。

            運賃表の見方や,バス停での時刻表の見方も教えていただきました。

            車椅子の人も乗れるようになっていて,子どもたちはびっくりしたようです。

            子どもたちからは,

            「何人くらい乗れますか」

            「2階のあるバスはありますか」

            など質問が出て,とても真剣にバスについて学習をすることができました。

            今週の水曜日には電車教室があります。

            またいろいろなことを学べるといいです。

                                            (文責:江間)


          • 昨日の就学時健康診断では,

            就学時の園児たちのお世話を一生懸命がんばった5年生でした。

            小さな園児の手をとったり,順番に並ばせたり,トイレに連れて行ってあげたりして

            やさしくかかわる姿がたくさん見られました。

            23年度の6年生と1年生の出会いの記念すべき日でもあったわけです。

            さて,この5年生は,月曜日からかわな野外活動センターに,

            2泊3日の林間学校に出掛けます。

            今日5年生の教室に行くと,

            黄色のビニールテープを裂いてダンスの衣装をつくり,キャンプファイヤーの練習を

            楽しそうにしている子どもたちに出会いました。

            楽しみで仕方がないのでしょうね。

            テレビもゲームもない自然の中で,

            家族と離れて友達と過ごす2泊3日。

            思い出がたくさんできそうですね。

            本校ホームページでは,子どもブログ「こちらわかば情報局」で,

            養護教諭から送られてくる携帯写真でその様子をお伝えしていきます。

            修学旅行時は3日間で20000アクセスもいただきました。

            病人やけが人が出た場合は更新が難しいので御了承ください。

            5年生,元気に全員で行ってきてくださいね。

                                              (文責:稲垣)


          • 10月中旬より、いよいよ国語の教科書下に入りました。

            そこで、今1年生では、最初の物語文「くじらぐも」の学習をしています。

            「くじらぐも」は、1年生のみんなが、運動場で体操をしていると、

            空に大きなくじらの雲が現れるというお話です。

            そのくじらぐもに、みんなで輪になってジャンプをし、飛び乗る。

            そんなユニークで、楽しい展開になります。

            今日の学習場面では、このくじらに飛び乗る場面の学習をしました。

            音読練習の後に、物語と同じように、くじら役、子ども役を決めて簡単な劇をします。

            1回目の劇では、なかなか声がそろわなかったり、ジャンプが合わなかったりしました。

            「もっと声をそろえたほうがいいんじゃないかな。」

            「3回目のジャンプは、大きな声で言おう。」

            「くじらぐもの応援も、声が大きく出るといいね。」

            「風で空に飛ぶところは、みんなでぐるぐる回ってみるのはどうかな。」

            子どもたちから、いろいろな意見が出て、参考にしながらもう一度。

            今度は、本当に空にも飛べそうな、力の合った演技ができました。

            ときには、動きを入れながら楽しく読むことも刺激になりますね。

                                                 鳥居

          • 芸術の秋♪

            2010年10月19日


              今日の昼休みは、音楽委員会が主催のミニコンサート。

              2年生から6年生までの9グループが参加しました。

              クラス全員で合唱を披露するグループ、仲の良い子たちで歌を歌ったり楽器を演奏するグループ、

              リコーダーコンテストに参加した5、6年生のグループなどさまざまでした。

              コンサートに向けてどのグループも練習してきたようで、みんなの前でしっかりと披露していました。

              今日のコンサートを見ていた1年生たちからは、「楽しかったよ」とか「リコーダーの演奏がすごかった」

              という声がたくさん聞かれました。

              本校のミニコンサートは、子どもたちの自己実現の良い場ですね。

                                                                  (文責:野澤)




            • 私もそしてたぶん保護者の方が子どもだったころから,

              先生や親から「会釈」することを教わったと思います。

              御近所の方と道ですれ違うときも,親しい方なら

              「こんにちは」「今日はいい天気ですね。」

              と,会話を交わしながら挨拶し,

              お顔を存じ上げているけれども会話を交わしたことはないような方なら,

              相手の顔を見て笑顔をつくって「会釈」してすれ違う・・・・・

              きっと保護者の方はされていらっしゃると思います。

              でも,現代っ子は「おはよう」「さようなら」は言えるけれども,

              「会釈する」という行為が自然体でできる子はあまりいません。

              今日,生徒指導委員会を行い,そこでこの話題が出ました。

              他者を尊重して生きていく子どもを育てたい,そのためには会釈をする習慣づけも必要だ,

              学校ですれ違うすべての目上の方(教師・保護者の方,ゲストティチャーの方,給食員さん,用務員さん,業者の方・・・・)に

              会釈をすることができるようにしつけていこうと話し合いました。

              御家庭でもお客さんがいらした時に,

              「こんにちは」とお子さんにあいさつをさせると思います。

              同じことですね。

              会釈には「私はあなたを認知しましたよ。」という相手を尊重する気持ちが込められています。

              6年生の女子に会釈ができる子が数名います。とても感じがいいです。

              「会釈」の輪が広がって,校内にいっそうやさしく穏やかな雰囲気が漂うといいなと思います。

               ※写真は6年生の修学旅行のスナップです。いろいろな人々に会ってきましたね。



                                                          (文責:稲垣)
            • ひまわり給食

              2010年10月15日


                今日はひまわり給食。

                4年生は、A型、B型、AB型、O型の4つの血液型に分かれて食事をしました。

                普段は、ほとんど自分のクラスでしか食事をしない子たちですが、

                今日ばかりは、いつもと違うクラス、違うメンバーで楽しく話をしたり、おいしく給食を食べたりしました。

                いざ、分かれてみると、一般的に知られている通り、やっぱりA型がいちばん多く、次にO型、B型、AB型と

                人数がはっきりと分かれていました。

                同じ血液型同士なのか、もくもくと食べているグループ、楽しくおしゃべりしながら食べているグループと、

                血液型によってグループの雰囲気に違いが感じられました。

                今日は給食でしたが、また、同じような仲間で活動すると楽しいですね。

                                                                      (文責:野澤)






              • 10月13日に、1年生の校外学習で、豊橋にあるのんほいパークに出掛けました。

                大型バス3台に乗って、はじめての遠出の学習です。

                1年生のみんなから、期待と緊張が伝わってきました。

                当日の朝は、健康観察を済ませ、運動場に集合です。そのまま、班毎にバスに乗り込みました。

                はじめてのバス移動は、約40分。

                途中の海や、日ごろあまり目にしない大型の車を見て、楽しみながらの移動でした。


                パークに着いたら、事前にルートやスタンプラリーのやり方を確認した通り、グループで行動をしました。

                広い園内には、動物がいたり、小動物と触れ合うところがあったり楽しく過ごしました。

                「大きなライオンが、日陰で寝てたよ。」

                「モルモットにさわったよ。ウサギもかわいかったよ。」

                ただ、広い園内を地図を頼りに進むのは難しく、目的地に着くのに苦労した班もありました。

                当日は、天候もよく、動物を見たり、迷ったり。

                日ごろできない経験をたくさんして、帰ってきたときには、少したくましく見えました。