稲刈りをしました

2021年9月28日
    9月28日(火) 秋晴れの中、6月に植えた田んぼの稲刈りをしました。
    この活動は、浜松市中ノ町幼稚園特色化推進事業のひとつです。
    和田幼稚園の友達と、田んぼに集合し、自分たちが育ててきたお米の稲刈りをしました。
    2週間ほど前に見た稲の様子とは、少し違っていることに気づいた子供たち。
    「おこめがおじぎしているよ」
    どうやって稲を刈るのか、実際に一人一人やってみました。、
    「かたい!!」「切りにくい!」 子供たちの率直な感想でした。
    さあ・・・いよいよ本番!!
    先程、練習した成果を発揮しながら、刈ってきました。
    約30分で、稲刈り終了。
    自分が刈った稲をもち、「はい ポーズ!」
    稲の束をはずに掛け、干したら、本日の活動は終了。
    次回は、10月19日(火)に、昔ながらの脱穀機を使って、脱穀をします。
    今回、お米を収穫する楽しさとともに、大変さを感じた子供たちです。
    また、できたお米は、東日本大震災で被災した、宮城県の「矢本はなぶさ幼稚園」にも送ります。
    来月には、赤い羽根募金運動が始まります。
    幼少期から自分たちにできる支援活動をすることで、相手を思いやる優しさも育っていきますね。