雨の日も楽しいよ

2020年6月22日
    先週後半から雨が続き、室内遊びが多くなってきました。
    でも、遊び大好きの中ノ町っ子は、雨の日でも、いろいろな体験をしています。
    小麦粉粘土を楽しんだのは、年少組さん。
    フワフワの粘土を丸めたり伸ばしたり。
    また、コックさんの帽子を出すと、早速被り、「先生どうぞ」と料理を運んで来てくれました。
    できたものを食べたり褒めてくれたりする教師の存在が嬉しくて「見て!!」「先生できた!!」と教師の所に持ってきます。
    「おいしかった!」と声を掛けると、また持って来ます。この教師とのやり取りが楽しいんですよね。
    また、「これ何?」と聞くと、「パンで~す!!」
    丸くても長くても、黄色でもピンク色でも、「パンで~す」なんです。
    一方、年中さんは、アイス屋さんが始まりました。
    コーンのように紙を丸め、上に緑やオレンジ・黄色等いろいろな色のアイスクリームをのせてありました。
    「メロンアイスくださ~い!」と言うと、緑のアイスを差し出してくれました。色と物とがマッチしていることが分かりますね。
     
    年中さんには気の合う友達がいて、自分たちの居場所で遊びますが、近くの友達が楽しそうな遊びをしていると、「仲間に入れて!」と加わったり、お客さんとなって関わったりしていきます。
    また、A男君は、お金が欲しかったようです。「先生丸いお金作って!」とやってきました。
    教師は、すぐに手を貸さず「A子ちゃんならできるんじゃないかなあ」と投げ掛けていました。
    そうなんです。教師は、友達との懸け橋となるような言葉を掛け、友達同士助け合ったり、その子の良さを知ったりすることができるようにしていたのです。
    幼稚園は、教育の場です。
    これからも、子供たちにとって生きる力が身に付くよう、発達に応じて援助していきます。