泥んこ遊び大好きになったよ

2020年6月19日
    6月1日(月) 新しい土が、幼稚園の土山に入りました。
    部屋の前のテラスで、トラックが土を降ろす様子を見ていた子供たち。トラックが去ると、一目散に山へと走って行きました。
    新しい土山は、フワフワで「気持ちいい~」を連呼!
    思わず3歳児の元気っ子たちも仲間入りしていました。
     
    遊んでいくと自然に土が硬くなっていきました。
    子供たちが登園してくる前に土山を耕しておくと、土の塊ができ、子供たちにとっては、それが宝物となっていました。
    集めたり隠したりして・・・。子供っておもしろいですね。
    また、ある日。タライの中に土と水を入れ、チョコレート作りを始めた子供たち。
    水加減がちょうど良かったのかトロトロに・・・。土の感触を友達と分かち合っている一場面でした。
     
    また別日には、土の中に水を入れ、かき混ぜることを楽しむ子供たちもいました。
    自然に役割分担ができ、繰り返し行っていました。
    自分がタライの中に入り、その感触を味わう姿もありました。

     
    そして、暑くなったある日。
    園庭を水浸しにしていると、興味をもって、泥んこ大好きっ子が集まってきました。
     
    レーキで道を作ったり泥んこの感触を味わったりして、十分楽しみました。