2020年2月

  • 赤鬼が来た!!

    2020年2月3日
      2月3日(月)今日は、節分。
      中ノ町幼稚園でも、豆まきをしました。
      この日を迎えるまでに、いろいろなストーリーがあり、多くの体験をしてきたので、紹介します。
       
      ある日、年長児が作ったポストに、優しい青鬼から、手紙が届きました。
      内容は、「ひとりぼっちで寂しいから、一緒に遊ぼう!!」というもの。
      子供たちは、「やさしい鬼って書いてあるけど、本当は怖い鬼で、僕たちをだましているんじゃなか!?」「でも、優しいって書いてあるから、本当に優しいと思うよ。」等の意見が出ました。
      (う~ん、言葉の裏を読むなんて、凄い)
      「優しい鬼なら、一緒に踊りを踊ろうよ」「怖い鬼なら、幼稚園の中に入ってこないように、鬼の嫌いなヒイラギや豆を準備しよう」 等、子供たちからの言葉を拾い上げ、準備を進めてきました。
      また、ある日。
      「僕の好きなものは。肉・魚・果物です」との手紙が来ました。年長組は、分担して、鬼の好きな物を本物らしく作りました。
      実際に、中野町郵便局へ持って行き、ゆうパックで届けてもらうことにしました。
      そして、今日。
      中ノ町幼稚園にやって来たのは、な・な・なんと・・・・「赤鬼」
      予期せぬ出来事に、子供たちは、フリージング状態。
      鬼が、子供たちを捕まえようと動き出すと、「怖い~」と言いながら、必死で逃げていました。
      (鬼がいなくなってから、泣き出した子もいました。我慢していたんだね。)
       
      鬼から子供たちを守ってくれたのは、福の神様。
      「鬼は外!! 鬼は外!!」 と、元気な掛け声で、豆を鬼にぶつけてくれました
      また、豆を食べて自分のお腹の中にいる鬼を退治したり。福菓子を拾ったりしました。
      最後に、優しい青鬼さんから、手紙が届きました。
      優しい青鬼さんは、間違って、他の幼稚園に行ってしまったそうです。
      慌て山の鬼さんですね。(笑い)