2020年1月

  • 1月15日 今日は、ジュビロ磐田の先生による、運動教室がありました。
    年4回、実施しているもので、今回は最後の教室でした。
    内容は、「投げる」をテーマとした遊び。
    今の子供たちは、投げる力が弱いと言われています。どんな遊びをするといいのか、教えてもらいました。
    ビブスを投げたりキャッチしたりしました。
    どう投げるとキャッチしやすいのか、遊ぶ中で気付いていきました。
    また、投げ方も「上から」「下から」によって投げやすさに違いがあったり、遠くに投げるためには上に角度をつけてあげるといいことを知ったりしました。
    グループ対抗遊びもしました。
    床にフープが置かれ、その中に投げ入れるものです。フープは、投げる地点から遠いものもあれば、近ものもありました。
    遠くを目指して入れようとする子もいました。
    チャレンジャーですね。
    また、フープの入った数によって、得点を競い合うゲームもしました。
    投げる地点から近い所は1点、遠い所は、5点。
    すると、「遠い所の方がいいよ」と高得点を目指す子もいれば、着実に点数が取れるよう、近くを狙う子もいました。
    新しい遊びであるため、しっかり話を聞かないとわかりません。
    「聞いたことを理解して動く」ことも、今日の遊びの中の大事な学びでした。
    昨夜の雨により、園庭がぬかるんでいたことから、遊戯室で行いました。
    狭い場所だからこそ相手の動きを意識しないと、ぶつかる状況でした、
    周囲を見ながら行動することができていた子供たち。友達とぶつかれば、「ごめんね。」の声も自然に聞かれていました。
    とかく、運動遊び=身体能力を高めるものと思いがちですが、それ以外にも、数多くのことを学んだ子供たちでした。
  • 寒さに負けない強い心と体を育てるため、今日から、全園児によるマラソン集会が始まりました。
    中ノ町幼稚園の教育目標は、「たくましく のびのびそだて 中ノ町っ子」です。
    心も体も「つよい子」
    自己表現し、友達と遊ぶ「やさしい子」
    夢中になって遊ぶ「考える子」  を目指しています。
    今年は、暖冬ですが、朝の冷え込みは、やはり「冬」を感じさせますね。
    また、空気が澄んでいて、中ノ町幼稚園の上空には、雲ひとつありませんでした。
    子供たちは、爆風スランプの「ランナー」の曲がかかっている間、自分の速度で、走っていました。
    「疲れた~!!」と言いながらも、止まる子はいません。
    さすが、中ノ町っ子。たくましいさを感じました。
    「小学校に行くと、持久走大会があって、みんな走るんだよ。」
    小学校にお兄さんやお姉さんがいる子が、友達に教えてあげていました。
    毎年、中ノ町幼稚園卒園児は、持久走大会で好成績を獲得しているとか・・・。
    徒歩通園や戸外遊びは、子供たちの頑張る力の育成や体力増進になっているんですよね。
    また、体操や縄跳びも楽しみました。
    多くの子供たちは、「先生見てて!!」と近くにいる教師に声を掛けていました。
    教師の応援は、次々に子供たちの頑張る心に火をつけていきました。
    火をつけたのは、教師だけではありません。
    友達の頑張りに刺激を受け、「僕も」
    集団だからこそ、刺激し合う。応援してくれる人がいるから、頑張れる。
    自分から挑戦するから、自分に負けない強い心が育つ。
    幼稚園って、子供も教師も互いに育ち合う素敵な場所です。
     
  • 1月13日(祝) 今日は、中野町地区社会福祉協議会が主催する 「三世代交流餅つき大会」に参加しました。
    地域に根ざした幼稚園として、毎年、踊りや歌を披露させてもらっています。
    今年は、ねずみ年。そこで、干支にちなんだねずみが登場する「おむすびころりん」の劇をしました。
    劇の中で、普段楽しんでいる踊りや歌を披露したのです。
    学年の枠を越えた保育をしている中ノ町幼稚園。
     
    異年齢で踊ることで、上の学年の子が、下の学年の子に踊り方や踊る位置を優しく教えたり、下の子が上の子に対する親しみ・憧れをもったりと、互いの成長を促すチャンスとなります。
    もちろん教師は、学年の発達差に配慮した踊り方を考えていきます。
    今回、年少・年中組の男の子は、「よさこいラーメン」という、こっけいなタイトルのものを披露しました。
    年中組は、左右が分かるようになってきた子が増えました。友達の動く方向を意識するようになり、間違っていると、直そうとするようにもなってきています。
    年中・年少組の女の子たちは、「チュウチュウチュウ」を踊りました。
    ペアーで踊ることで、年少組さんも、緊張することなく、楽しく踊ることができました。
    年長組は、一人一言、セリフを言いました。自分の考えた言葉や動きをすることで、表現に自信をもち、小学校に行った時の、自分の考えを人前で発表する力になっていきます。小学校以降の力は、この幼児期に培っていくのです。
    また、年長組は、和太鼓の演奏や「天までとどけわらしのうた」を太鼓を取り入れながら踊りました。
    さすが、年長組。曲に合わせ、動いたり太鼓を叩いたりすることで、9人が一丸となっていて、とてもカッコイイものになっていました。
    最後に全員で、「中ノ町幼稚園の歌」「たき火」を歌いました。
    「凄かったよ。」「素敵だったね。」と、いろいろな人に褒めてもらい、大満足。
    これからも、子供たちが「楽しかった」「僕たちでも、できた!!」と思えるような保育に取り組んでいきます。
  • 鏡開きをしました

    2020年1月10日
      1月10日(金) 今日は、一足早く、鏡開きをしました。
      本来鏡開きは、明日11日(土)に行うものです。
      年神様にお供えした、鏡餅には、神様からのパワーが入り、そのお餅を食べると、病気をしなかったり良いことがあったりするそうです。
      木槌を使い、お餅を割りました。
      自分たちで運び、お汁粉を作ってもらいました。
      お汁粉は、甘くて、とてもおいしかったです。
      これで、中ノ町っ子っこは、元気モリモリ!!
      今日も、戸外で、トッジボールをしたり遊具に挑戦したりしていました。
      1月13日(祝) 成人の日には、中野町地区社会福祉協議会が主催する「3世代餅つき大会」があり、元気な中ノ町っ子の踊りや歌を、
      13:00~ 披露します。場所は、中野町自治会館です。
      皆さん、ぜひ中ノ町っ子っこに会いに来てください。待っています。
       
    • お茶会がありました

      2020年1月9日
         中ノ町幼稚園の隣りには、「松林寺」というお寺があります。毎年、年長児は、新春お茶会体験をさせてもらっています。
          今年も、1月9日(木)の今日、初めての体験に胸を躍らせて、年長児が出掛けていきました。
         
        まずは、挨拶の仕方を教えてもらいました。
        お菓子の取り方では、自分の隣りに座っている人に、「お先に」と声を掛けてからもらうことやお茶をいただく時には、お茶碗の正面を避けて口をつけることを知りました。
        茶道における動作は、相手を思いやることが組み込まれていることを学んだ子供たちでした。
        たてたお茶を、初めて口にした子供たちもいました。
        「おいしい!」という子もいれば、「……?」という表情の子もいました。
        自分でお茶をたてる経験もさせてもらいました。
        「何でもやってみよう!」そこが中ノ町幼稚園児のいいところ。
        「お彼岸には、お寺でお茶会をしているから、また、おいでね。」との言葉。
        日本の文化に触れることが少なくなってきている現代に、このような経験をさせてもらえる中ノ町幼稚園児って、幸せだなあと思いました。
         
      • 1月7日(火) 今日から、3学期。
        子供たちが、元気よく登園してきました。
        冬休みの楽しかったことや頑張ったことを、言葉で伝え合いました。
         
        そして、今日、頑張ってきたごほうびとして、人形劇を見せてもらいました。。
        紙風船の方々による「ブレーメンの音楽隊」と「くりとぐら」の2本
        真剣に見ている子供たち。
        見終わった後には、人形たちが子供たちの前に出てきてくれ、握手会。
        更に、年中・年少組さんには、手袋や靴下を使っての人形作りを教えてもらいました。
        子供たちは、楽しいものやきれいなもの、おもしろいものに出会うと、自分たちの遊びに取り入れていきます。
        体験や感動が、子供たちの「やってみたい」「おもしろそう」という意欲になっていくのです。
        さあ、明日からどんな保育が展開していくかな?楽しみです。