2019年5月

  •  中ノ町幼稚園には、園内に畑があり、年間を通して野菜を育てています。                                               
     2月、夢をはぐくむ園づくり推進事業のひとつとして、ジャガイモを植えました。形の違いに気づくように、メークイーンと男爵の2種類を用意しました。
     5月23日(木) 幼稚園の畑で、ジャガイモ堀りをしました。中野町シニアクラブの方々にお見えいただき、掘り方を教えてもらいました。
     先日の大雨で、畑も水浸しになり、心配していましたが、掘り始めると、「あった!!」「大きい」「先生見て!! これ丸い」等の声が響きわたっていました。
     いろいろな大きさ・形のものを発見していました。比べる力も、このような活動の中で培われていきます。
    掘ったジャガイモは、大きさ・形別にタライへ入れ、自分たちで台所に運びました。
     早速、蒸かしてもらい、みんなで食べました。ホクホクしていて、とてもおいしかったです。
    そして本日、年長組が、明日のカレーパーティに向けて、近くのスーパーへ買い物に行きます。
     自分たちだけでのお買い物。品物を探し、レジでお金を払います。
     また明日は、年少組が、自分たちで人参を洗います。年中組は、ジャガイモや玉ねぎの皮むきをします。年長組が、コックさんに変身し、包丁で野菜を切ります。
     どの学年の子供たちも、自分たちでできることは自分たちで行い、カレーをいただきます。一人一人が「できた」「自分たちでやった」が心に残るようにしていきたいと思います。
     
  • ダンゴムシ大好き

    2019年5月17日
       5月13日(月) 生き物教室がありました。早速子供たちは、ダンゴムシへの興味を高め、遊びに取り入れていきました。
      今日は、その様子をお知らせします。
       
       年中4歳児の様子です。
      生き物教室の時のようにロープを張っておくと、その上にダンゴムシを乗せました。落ちそうで落ちないダンゴムシの動きに釘づけとなった子供たち。
       そのうちに、カップをロープにくっつけ始めました。自分たちで、遊びを変化させていく姿、いいですね。
       また、ダンゴムシが作れるような材料を出しておくと、お面にしたりそれを使って遊び始めたりしました。
      「かくれんぼしよう!」いいよ。「1・2・3・4・・・・・」友達とダンゴムシのかくれんぼごっこをして遊んでいました。
       
       子供たちは、自分たちが感じたり気づいたりすると、言葉や絵の中で、あるいは動きで等、表していきます。一人一人の気づきや表現が違い、「よく気づいたね。」「素敵な表現だね」と褒めたくなります。子供玄関に、子供たちの絵画を展示しました。また、ご覧ください。
    •  先週は、10連休が終わり、いつもの幼稚園生活が戻ってきました。
      子供たちにとって、楽しい幼稚園となるよう、園行事もたくさん組み入れていきました。
      どんな一週間だったのか、ご紹介します。

       
       5月7日(火) 年中・年長さん対象で、運動教室が行われました。
      ジュビロ磐田の先生にお越しいただき、今回は、集団遊びを教えてもらいました。
      ルールを守ったり体を思い切り動かしたりして、楽しく遊ぶことができました。
       5月8日(水)には、幼稚園の畑で、タマネギとりをしました。今年は天候に恵まれ、大きなタマネギが、なんと100個も収穫できました。
      みんなで、10個のかたまりを作っていきながら数えました。
       また、重さも調べたり比較したりしました。大きなのもは、1個1.6Kgもあり、500mlのペットボトルのお茶3本分であることに驚いていました。
       
       
      一人2個ずつ持ち帰りました。「カレーにして食べたよ!」「おばあちゃんの家にも分けてあげたよ」との報告もありました。
      今月末には、園でもカレーを作って食べます。楽しみにしていてください。
       5月9日(木)には、未就園児サークルがありました。幼稚園前のお友達が、たくさん遊びに来てくれました。16日(木)には、入園相談会があります。中ノ町幼稚園のことを知りたい方は、ぜひ、足を運んでください。
       また、この日、お話会もありました。ちいさなおなべの会の方が、園にお見えくださり、素話をしてくれました、絵本や紙芝居とは違い、絵がない分、語り手の方の言葉や表情からイメージを膨らめ、聴いていました。

       本日5月13日(月)は、年中・年長児を対象とした、生き物教室 「ダンゴムシを探せ」がありました、
       講師は、浜松市環境学習指導者 寺田 智成 さん。


       

       園庭でダンゴムシを探したり、捕まえたものをロープの上に乗せ動きを観察したりしました。
      オス・メスによって体の模様が違うことを知ったり、食べるものを本で見たりと、ダンゴムシに対する興味が高まった中ノ町っ子でした。
       また、ちょうどこの時期、赤ちゃんを抱えているダンゴムシに出会うことができます。今日も、何匹かいて、小さな命に感動していました。