交通教室

2016年4月26日
    浜松東署から交通指導員さんと地域の安全協会の方が来てくださり、交通教室を行いました。















    真剣に話を聞き、質問にも積極的に答えていた子供たちでした。


    園庭に道路を書き、道に車が停車しているという設定での訓練を行いました。













    道路に停めてある車を、危なくないようによけて通るということは、子供たちにとってイメージしずらかったようで、車が停まっていても平気で道路の中程まで出て通ってしまう姿がありました。
    確かに、難しいかもしれません。
    でも、実際の道路ではよく見かける光景ではありますね。
    今日はその停車している車の影から自転車が出てくることもあるから気をつけるということを年長児には知らせていきました。
    道路を通る時、どのようなことが危険なのか、実際に道路を通りながらお家の方がその都度しっかり伝えてほしいと思います。

    年少組も親子で交通教室を行いました。














    集団登降園のための年少保護者の方の旗振り指導もありました。
    真剣に取り組んでくださり、ありがとうございます。


    大切な命を交通事故で奪われることのないよう、今伝えられることをしっかりと子供たちに伝えていきましょう。